ルーブルの光・白「虎屋」東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

150428louvertoraya

 

 

「ルーブル美術館展」を記念してのお菓子

前回はサントリー美術館での「若冲と蕪村展」で求めた
おせんべいを御紹介しましたが、今日は「ルーブル美術館展」
関連のお菓子を御覧いただきましょう。

 

東京ミッドタウンの近くにある国立新美術館では、現在
「ルーブル美術館展 日常を描く 風俗画に見るヨーロッパ絵画の神髄」
が開催されています。
(国立新美術館 港区六本木7−22−2 03-5777-8600)

 

そこで東京ミッドタウンのいくつかのお店が
この展覧会に因んだお菓子を発表しました。

 

 

150428louvretoraya

 

 

 

「虎屋」の『ルーブルの光・白』

その一つが今日の写真のお菓子。
名前は『ルーブルの光・白』、作ったのは「虎屋」。

 

「白」とあるのは、もう一種類赤いものがあるからでして
そちらの名前は『ルーブルの光・紅』。
フランスのボルドーワインを使った琥珀羹(こはくかん)です。

 

『ルーブルの光・白』を口にした時に、想像していた単に甘いお菓子
ではなく外見同様、お洒落な味が広がったことに驚きました。

 

いかにもワインという味はしませんが、ワインが『ルーブルの光・白』
の味を数段引き上げていることは間違いありません。

 

そしていうまでもなく『ルーブルの光・白』は
ルーブル美術館のピラミッドから着想を得たお菓子です。
とらやパリ店が2005年に25周年を迎えたことを記念して誕生したもの。

 

 

piramiddo           ルーブル美術館のピラミッド

 

 

 

シンプルだから美しい

ピラミッドを模したお菓子を作ったのは「虎屋」と
「リッツカールトン デリ&カフェ」の2つ。

 

「リッツカールトン デリ&カフェ」の方は白いチーズケーキ
のようで、これはこれで素敵なのですが、私は琥珀羹の「虎屋」の
『ルーブルの光・白』に惹かれました。

 

別にこのようなものは似ていた方がいいというものでもありませんが
私は透明なものに生来弱い、という超個人的な理由からの選択です。
そして「紅」の方ではなく透明な『ルーブルの光・白』。

 

 

形が違っている?

こちらの『ルーブルの光・白』の写真を御覧になって、

 

 

150428torayalouvre

 

 

今日、最初につけた写真の『ルーブルの光・白』(  ↓  )と見比べると
ピラミッドの形がちょっと違うように見えませんか?

 

 

150428louvertoraya

 

 

オークの葉っぱと一緒に写っている『ルーブルの光・白』は
実は買ってきてから一日置いてしまったもの。

 

何となくお天気がすぐれず思うように撮れなかったため、翌日再挑戦
してみたのですが、御覧の通り前日と同じどんよりしたお天気。

 

時間をおいてしまったせいで、ちょっと寒天がゆるくなった感じで
ピラミッドのキリッとした四角錐が、富士山のような
裾広がり風になってしまったのは残念なかぎり。

 

ガラスや金属の醸し出すシャープな感じが薄れてしまい
虎屋には申しわけありませぬ、こんな写真をブログに載せてしまって。

 

 

150427torayalouvre

 

 

 

「ジャン=ポール・エヴァン」の『ピラミッド』

そういえば、今回の「ルーブル美術館展」を記念したお菓子では
ないのですが、東京ミッドタウンの「ジャン=ポール・エヴァン」には
定番ケーキの中に『ピラミッド』という名前を持つものがあります。

 

 

blog_import_5153649e53246

 

 

こちらはルーブル美術館のピラミッドではなく
エジプトにある本家(?)のピラミッドのことかもしれませんね。

 

なお虎屋を始め、「ルーブル美術館展」を記念して発表した
お菓子は、期間限定の発売となります。

 

国立新美術館での「ルーブル美術館展」の開催は
6月1日までですので、そのあたりまででしょうか。

 

今日は長くなってしまいましたので、お菓子ではない
本物のルーブル美術館のピラミッドについては
明日ね〜!(「『ピラミッド』と『逆ピラミッド』ルーブル美術館」

 

 

150427torayaruburu

 




スポンサードリンク



コメントを残す