フランチャコルタ 「人と飲物、そして文化」ドイツ文化会館 1 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150528rosewine

 

 

「人と飲物、そして文化」

ここのところ「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」は
ココアやコーヒーといった飲物の話題が続いています。

 

(「ポリフェノールを赤ワインより多く含むココア」
「インスタントココア(swiss miss)」
「おいしいインスタント・コーヒーの淹れ方」
「インスタント・コーヒーを発明したのは日本人だった!?」

 

だからというわけでもありませんが、22日の土曜日に赤坂の
ドイツ文化会館での飲物に関するイベントに行って参りました。
(東京都港区赤坂7-5-56 tel.03-3584-3201)

 

「人と飲物、そして文化(The Art of Drinking)」というタイトルで
ドイツ及び、周辺の国の飲物が楽しめるドリンクマーケットが
ドイツ文化会館内はもちろん、入口にも設えてありびっくり。

 

 

blog_import_51535fad92f20

 

 

このドイツ文化会館の写真で、一団低くなっている部分に
たくさんのテーブルや椅子がセットされ、ビールやフランクフルト
のお店が出ていて、私がついた時にはもう人がいっぱいでした。

 

 

 

ドイツ文化会館のホスピタリティー

飲物に関しての基調講演やシンポジウム、歌やフラメンコなどの
パフォーマンスと盛りだくさんのプログラム。

 

しかも会場に入れない人のために、あらゆるところに椅子が用意され
会場での様子を映し出すTVと、同時通訳が聞けるスピーカーが
セットされていた心配りには驚くほどでした。

 

飲物やパフォーマンスの楽しさはもちろんのことでしたが
今回私は、ドイツ文化会館のこの心遣いに感動。

 

一年前にも映画(「フィンスターワールド」)を見に行きましたが
訪れる人を温かくもてなす心をドイツ文化会館ではいつも感じます。

 

 

 

フランチャコルタのスパークリングワイン

それでは早速、最初のワインの御紹介をしましょう。
このポスターの右下、イタリアが緑色で描かれていますが
そこに添えられている写真のワインを頂きました。

 

 

theartofdrinking

 

 

「コンタディ・カスタルディ(Contadi Castaldi)」という
ワイナリーの発泡酒。

 

イタリアのロンバルディア州、フランチャコルタ地区で
作られる発泡性ワインだけが「フランチャコルタ」と
名のることができるそうです。

 

今回、頂いたのは「フランチャコルタ ロゼ ヴィンテージ」。
瓶内で40カ月熟成をしただけあって、以前飲んだ安価な
スプマンテより、かなり穏やかなまろやかさを感じました。

 

この写真の一番左側の瓶です。

 

 

150528wine

 

 

 

シャンパーニュより厳しい醸造規定

瓶内二次発酵というのは、あの有名なシャンパーニュと同じですが
フランチャコルタの方がジャンパーニュより醸造規定は厳しいそう。

 

そのかいあって現在では上質なスパークリングワインの産地として
世界で知られるようになってきているようです。

 

基調講演が始まる前、そろそろあたりが暗くなり始めた時に
フランチャコルタのワインを持ってお庭でとった写真がこちら。

 

 

150528rosewine

 

 

もう一度、飲んでみたいほどのおいしいスパークリングワインでしたよ。

 




スポンサードリンク



コメントを残す