ポンチキ 「人と飲物…」ドイツ文化会館 3

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150528pontiki

 

 

ポーランドの「ポンチキ」

前回、前々回とドイツ文化会館での「人と飲物、そして文化
(The Art of Drinking)」のスパークリングワインとコーヒー
と飲物の紹介が続きましたので、今日はこちらの「ポンチキ」を。

 

一見、ドーナツに見えるでしょう?
でもこれはドーナツではなく、ポーランドの伝統的なペストリーだそう。
「ポンチキ」という名前すら、私は今回初めて知りましたが。

 

「pączki」と書くようですが「ポンチキ」とは
ポーランド語の「ポンチェック」の複数形。

 

 

theartofdrinking右下の緑色がイタリア、その上の臙脂色がオーストリア
またその上の黄色がドイツで、その右の赤がポーランド

 

 

 

「ポンチキ」=「つぼみちゃんたち」

「ポンチェック」とは、「つぼみ」を表す「ポンク」と
「〜ちゃん」というニュアンスをもつ言葉がついて「ポンチェック」。

 

「ポンチェック」で「つぼみちゃん」という意味なのですね。
それが複数というのですから「ポンチキ」は「つぼみちゃんたち」
となり、これまたなんとも可愛い名前のお菓子です。

 

 

3            こんな感じでしょうか?

 

 

 

いろいろな種類がある「ポンチキ」

中にはジャムが入っていて、それを油で揚げてあります。
私が買ったものは「薔薇」、バラのジャムでした。

 

他には、チョコレートクリームの入った「濃チョコレート」、
ドライフルーツとラム酒が香りづけに加えられている
ポーランド風「胡麻ジャム」、

 

そして特製ラズベリージャムの入った「甘酸ラズベリー」
があったようです。

 

 

140607doitu            ドイツ文化会館の中庭

 

 

 

生地に少量のアルコール入り

ドーナツに似ている「ポンチキ」ですが、ドーナツとの
違いといえば、生地にアルコールが少し入っていること。

 

生地にアルコールを入れる理由としては「ポンチキ」を
油で揚げる時に、生地に含まれるアルコール分が蒸発することにより
生地の中に油が入り込むのを防ぐためだということです。

 

ということで「ポンチキ」はアルコール入りではありますが
食べた感じではアルコールは全く感じられませんでしたよ。

 

 

150528pontiki

 

 

 

もっと小さな「ポンチキ」も

また今日のような大きさの「ポンチキ」ではなく
もっと小さいサイズの「ポンチキ」もあるようです。

 

そちらは「ポンチューシェ(pączusie)」と呼ばれて
一口サイズの「ポンチューシェ」1キロ単位で売られているそう。

 

「ポンチューシェ」とは「小さなつぼみちゃんたち」
という意味だということです。
名前がますます可愛くなってくる「ポンチキ」の御紹介でした。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.