シェリー酒 「人と飲物…」ドイツ文化会館 4

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150528sherishu

 

 

スペインのシェリー酒

ドイツ文化会館でのイベント「人と飲物、そして文化
(The Art of Drinking)」の御紹介も今日で4日目。

 

まだまだお話ししたいことはあるのですが
今日で終わりにしましょうね。

 

ということで(?)最後はシェリー酒です。
シェリー酒は本来、食前酒だそうですがまあ固いことは抜きで。

 

スペイン産ということだけで名前は覚えていなかったのですが
調べてみましたら「マンサニージャ・ラ・ヒターナ」
というシェリー酒のようです。

 

 

 

シェリー酒に空気を含ませる

シェリー酒をオーダーするとスペインのユニオンリカーズの
アルフォンソ・マルティンさんがグラスに注いでくれるのですが
その注ぎ方が美しいのです!

 

ベネシアンドールというお酒の注ぎ方の技法の一つだそう。
ですがこのベネシアンドールは見た目が面白いだけではありません。

 

シェリー酒を空気に触れさせて味をまろやかにする
という意味をもち、ベネシアンドールをしたものと
しないものでは、はっきりと味の差があるといいます。

 

 

38432_I_El arte de beberアルフォンス・マルティンさんのベネシアンドール
(写真/「tokio.servantes.es」)

 

 

 

華麗な技、ベネシアンドール

上の写真ではわかりにくいのですが、アルフォンス・マルティンさんが
右手に持っている長い柄杓のようなもの(写真では先の部分が
切れてしまっています)にシェリー酒が入っています。

 

グラスのそばに柄杓を持っていき、シェリー酒を注ぐや否や
一瞬にして、柄杓を上の方に持ち上げます(持ち上げた後がこの写真)。

 

最後にはグラスと柄杓の間はかなりの距離になっていますが
シェリー酒は1滴もこぼれることなくグラスに収まっているというわけ。

 

しかもドイツ文化会館では、シェリー酒を注ぐグラスが
この写真のような直径が5㎝以上はあろうというものではなく
もっと小さな物でしたので、難易度はかなり高かったはずです。

 

 

150528sherishu

 

 

 

シェリー酒は白ワイン

私はいままでシェリー酒を飲んだ記憶がないのですが
たとえあったとしても1,2回というほど馴染みのないお酒です。

 

当日のシンポジウムで初めて知ったのですが
シェリー酒って白ワインのことなのですね。

 

白ワインに高アルコール度の蒸留酒を加えた強化ワインを
樽につめ、樽の木の風味が加わった白ワインのことを
シェリー酒というのだそう。

 

 


theartofdrinking左下のオレンジがスペイン
写真はベネシアンドールをするアルフォンス・マルティンさん

 

 

 

スペインの一部でのみ造られているシェリー酒

またシェリー酒は、世界のどこでも造っているというわけではなく
スペイン南部、アンダルシア地方カディス県のヘレスという町の
周辺の三角地帯とその周辺に限られているようです。

 

アルコールを加えてあるということですので
当然のことながら、普通の白ワインよりアルコール度は高め。

 

白ワインが、12度〜15度であるのに対して
シェリー酒は、15度〜22度位ということです。

 

 

150528preetzelnoiesu

 

 

 

今回も「ノイエス」のプレッツェルのサービス

私は、今回のイベントに参加できるかわからなかったため
事前に申し込みはしていませんでした。

 

申し込みをしていない人は、ホールではなくその他の場所で
基調講演やシンポジウムを聞くことになります。

 

私は図書館のそばでゆったりと聞いていますと、ドイツ文化会館の
方がいつものようにプレッツェルをサービスして下さいました。

 

ドイツ文化会館に併設されているカフェレストラン
「ノイエス」のおいしいプレッツェル。
楽しい、おいしい一時をありがとうございました!

 




スポンサードリンク



コメントを残す