バーニャカウダ「やさい家めい」本店 表参道ヒルズ

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150414banyakauda

 

 

表参道ヒルズ「やさい家めい」

今年のお正月に麻布十番の「やさい家めい」に初めて行って
ヘルシー御膳なるものを頂いてきました。

 

いろいろなものがちょこちょことあって楽しかった
ヘルシー御膳の写真がこちら。

 

 

150104yasaiyamei

 

 

この写真に写っているもの以外にも、途中で温かい蓮根の揚げ物が
あったりと、おいしく頂いたのですが、おしゃべりに夢中だったせいか
正直なところ、味に関してはあまり記憶には残っていませんでした。

 

 

 

「やさい家めい」といえばバーニャカウダ

その後、その時の記事を書いている時に「やさい家めい」
といえばバーニャカウダなのだ、という事実を発見。

 

「日本の畑伝道師」を自認するオーナーの渡邉明さんが
バーニャカウダ大好き人間なのだそうです。
「やさい家めい」のメニューにも「名物 バーニャカウダ」とあります。

 

彼は「I  love   Bagna càuda」なる曲まで作って自らのバンドで
演奏するほどだといいますから、バーニャカウダへの
思い入れはひとかたならぬものがありそうです。

 

それ以来、ここはひとつ「やさい家めい」で
バーニャカウダを食さねば、と密かに心に決めておりました。

 

 

 

表参道ヒルズ店は「やさい家めい」本家

たまたまその機会が訪れまして、今回行って参りました。
今回は麻布十番の「やさい家めい」ではなく表参道ヒルズ店。

 

「やさい家めい」は、こちらの表参道ヒルズ店が本店でもあります。
(渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館3階 tel. 03-5785-0606)

 

お昼時に行ったのでメインには次の写真のものを選びました。
名前を忘れてしまったのですが「お野菜御膳」だったでしょうか?

 

 

150414yasaiyamei

 

 

感想は、食器(左上の)が大き過ぎました〜、ってことじゃなくって。
前回のヘルシー御膳よりおいしかったです。

 

 

 

真打ち登場(本当はこちらが先にきたけど)

バーニャカウダ(Bagna càuda)とはイタリアの
ピエモンテ州を代表する冬の野菜料理なのだそう。

 

「バーニャ」はピエモンテ後で「ソース」を
「カウダ」は「温かい」を意味する言葉。

 

今回は、メインよりも前菜のバーニャカウダの方がお目当てのお料理。
ワクワクして待っていると登場しましたよ、バーニャカウダが。

 

 

150414banyakauda

 

 

バーニャカウダの盛りつけ方は
その日調達したお野菜によって変わるようですね。
他のお店のバーニャカウダの写真とかなり違っていましたから。

 

 

 

赤いお野菜がおいしかった!

今回の表参道ヒルズ店のバーニャカウダは、左の方に見える
菜花の黄色と、その隣りあたりにある赤いお野菜が
ポイントとなっているようです。

 

この赤いお野菜の名前は忘れてしまったのですが(ごめん)
見た目だけではなく味の方でも、今回のバーニャカウダの
ポイントとなっているほどおいしいものでした。

 

バーニャカウダのソースもおいしかったのですが
私は最初はどのお野菜もそのままで試し、その後ソースで頂きます。

 

新鮮さはもちろんのこと、このお野菜の持っている味が
しっかりと感じられ、さすがに契約農家から自慢のお野菜が
届けられているだけのことはあると思った次第。

 

 

140416kumoroppongihills       六本木ヒルズのいる巨大な蜘蛛「ママン」

 

 

 

この周辺に「やさい家めい」は3店舗

今、気づいたのですが「やさい家めい」は前回の麻布十番、
今日の表参道のみならず六本木ヒルズにもあるということです。
クチコミでは、お野菜ということもあり女性により人気があるよう。

 

確かに、今日のバーニャカウダはおいしく頂きました。
また今回のお野菜御膳(?)も前回のヘルシー御膳も
それなりにおいしいものではありました。

 

ですが行列ができ、なおかつこの辺りの比較的狭い地域の中で
3店舗もあるというほどの味かなぁ?、というのが正直なところです。
まあ、あくまでも私の感想ということで、どうかお許しを。

 




スポンサードリンク



コメントを残す