認知症の予防効果が期待される「クルクミン」 クルクミン1

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

141125jikaseisosejiirikarepan

 

 

「紀ノ国屋」のカレーはオレンジ色に近い?

赤坂サカスの赤坂Bizタワーにある紀ノ国屋アントレで買った
「自家製ソーセージ入りカレーパン」。

 

普通のカレーパンとはちょっと形が違っていて
お腹にあいた2つ穴からカレーが見えています。

 

カレーの色は黄色というよりは
ちょっとオレンジ色がかって見えますね。

 

 

141125kinokuniyakarepan

 

 

 

カレーの黄色はクルクミンの色

カレーの色というのは、主にスパイスのウコン(ターメリック、
学名Curcuma longa)の色素成分であるクルクミンの色です。

 

クルクミン(Curcumin)という名前は、アラビア語の
「黄色」を意味する「クルクム(kurkum)に由来するそう。

 

クルクミンを含んでいるウコンの学名の
「クルクマ(Curcuma)の由来も同様です。

 

 

141209rosenthalmatekioak

 

 

 

インドの人には認知症が少ない

ウコンの中でも、特に秋ウコンにクルクミンは多く含まれている
そうですが、クルクミンは植物性の天然色素として、たくあん、
漬け物、栗やリンゴのシロップ漬けなどの色付けに使われています。

 

ところがこのクルクミン、黄色の色素として重宝なだけではなく
認知症にも効果を発揮するとの報告が最近されました。
(「週刊朝日」2015年5月22日号)

 

インド人には認知症の発症率が少ないといわれており
アルツハイマー症の発症率は、アメリカ人の4分の1といわれます。
その理由として考えられているのが、カレーというわけ。

 

 

141125karepan

 

 

 

アルツハイマーの予防も期待できるクルクミン

これに関する研究をしたのは、金沢大学の山田正仁教授のチーム。
10年ほど前にアメリカで同様の研究がなされたようです。

 

クルクミンはポリフェノールの一種であり、抗酸化作用や抗炎症成分の
あることは今までもよく知られていましたが、アルツハイマー病の
脳の変化にも効果があるのか否かをこの度、実験したのです。

 

試験管内でアルツハイマー病の脳の病変の状態を再現して
クルクミンがそれを阻止することができるかを調べました。

 

 

blog_import_51536581d0f1d

 

 

 

すごいね、クルクミン

するとクルクミンを加えたものは、アミロイドβータンパクが
くっついて固まってしまうのを大幅に抑えたのです。

 

「ある種のポリフェノールにはアミロイドβータンパクが集まるのを
抑えるだけでなく、すでにたくさん集まったものも分解する
作用があることもわかりました」と仰るのは山田正仁教授。

 

アルツハイマー病にしたモデルマウスにクルクミンを投与すると
オリゴマーと呼ばれるアミロイドβータンパクの
固まりが出来にくくなることもわかりました。

 

 

120904shouga

 

 

 

レビー小体型認知症にも効果を発揮

認知症(Dementia)で一番多いのはアルツハイマー型認知症、
次に多いのはレビー小体(Lewy Body)型認知症で
レビー小体型認知症は男性が女性の2倍ほど多いそうです。

 

αーシヌクレイン酸という異常タンパクが脳内にたまる
レビー小体型認知症も、アルツハイマー型認知症と同様
クルクミンの効果が期待できるとの結果もでています。

 

もちろんこれらは、試験管内やマウスでの実験ではありますが。
これから暑い夏に向かいますので、こんな効果も
期待しながら、おいしいカレーを頂きましょうか。

 




スポンサードリンク



コメントを残す