「たとう紙」の読み方は「たとうし」「たとうがみ」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150527thipotteacuphuji

 

 

いまさらですが「たとう紙」の読み方

さてさて今日は前回お話しした「たとう紙」の読み方についてです。
「たとう紙」は漢字で書きますと「畳紙」となります。

 

懐紙のことも「たとう紙」といいますので、畳む紙の意味するところは
「着物等を畳んでしまう紙(たとう紙)」あるいは
「既に畳んである紙(懐紙)」などの紙を指す言葉ですね。

 

「たとう紙」の読み方は、「たとうし」「たたみがみ」
というのだと、私は数十年間思ってきました。
「紙」をつけずに、単に「たとう」ということの方が多かったですが。

 

ところが今回ネットで見ましたら「たとうがみ」という読み方しか
出てこなくて、「たとうし」の方は見つからないのです……。

 

 

150622tatougami

 

 

 

全て「たとうがみ」と書いてあります

「Wikipedia」では、
「畳紙(たたみがみ)」もしくは「帖紙(たたみがみ)」は、
結髪の道具や衣類などを包むための紙である。
単にたとう、タトウなどとも呼ばれる」

 

「コトバク」
「畳紙(たとうがみ)『帖紙』とも書き、
また『たたみがみ』『たとう』ともいう」

 

「goo辞書」
「『たとうーがみ(たたうー)
『たたみがみ』の音変化」

 

「weblio辞書」
「たたみがみ【畳紙】 → たとうがみ(畳紙)」。

 

 

130215sakura

 

 

 

「たとうし」も正解

ねっ?
ぜ〜んぶ「たとう紙」の読み方に関しては
「たとうし」は記載されていなくて、「たとうがみ」のみ。

 

そうだったの?、「たとうがみ」だったの?……
ウン十年間、私は間違って「たとうし」と言っていたのでしょうか?
不安がよぎります。

 

少々、焦りながら調べていきますと、和服関係の用語、教室等の
サイトでは「たとうし」という言い方も出てきました、ホッ。

 

 

150114hisihanabiramoti

 

 

 

ネットは「和風言葉」に弱い?

しかし事態(?)は上記にあげたようなことになっていますので
「たとう紙」という言葉の読み方をネットで調べた人の多くは
「たとうがみ」のみが正しいと思ってしまうのではないでしょうか。

 

「Wikipedia」「コトバク」「goo辞書」「weblio辞書」、
そろいも揃って全部が「たとうがみ」しか書いてないのですからね。
大きなお世話ながら、これはちょっとまずいのではないかと老婆心も。

 

ということはですよ、ってこれは全く私の勝手な想像に過ぎませんが
ネットは「和風言葉」に弱いということなのでしょうか?

 




スポンサードリンク



コメントを残す