創業明治28年の「相模屋」 くず餅

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150622kuzumochi

 

 

「相模屋」創業は明治28年

前回は、入れ替わりが激しい場所で、めでたくもそろそろ丸5年を
迎えるというパン屋さん「NYCB(ニューヨークシティベーカリ)」
を御紹介しました。

 

そのNYCB(ニューヨークシティベーカリー)から
赤坂サカス沿いに歩いて、5分もかからない場所にあるのが
今日、紹介する赤坂の老舗「相模屋」

 

ニューヨークシティベーカリーは今年の10月でまる5年を迎えると
いうことでしたが、こちらの「相模屋」はなんと今年で120周年です。
(東京都港区赤坂3-14-8 Tel. 03-3583-6298 Fax 03-3584-1636)

 

 

140824dominikusaburon        「ドミニク・サブロン」赤坂サカス

 

 

 

赤坂サカスの真ん前にある「相模屋」

創業は明治28年、西暦でいいますと1895年。
お店のある場所は一ツ木通りをはさんだ赤坂サカス向かい側。
以前、御紹介した「ドミニクサブロン」の斜め前あたりです。

 

お店の構えは、ちょっと地味めではありますが、同時に
百年以上もこの地にどっしりと根づいている力強さも感じます。

 

この「相模屋」は、いわゆる和菓子やさんというのではなく
寒天の製造を主とし、あんみつの材料の製造・販売・おろしの専門店。

 

もちろん一般のお客さんも買うことができますし
オンライショップもありますよ。

 

 

150622kuzumiti

 

 

 

寒天

商品としては、メインのあんみつの他にところてん、
水ようかん、豆かん、そして今日の写真のくず餅。
もちろん、あんみつや今日のくず餅に必要なものも扱っています。

 

あんみつに入っているピンク色や薄緑色、あるいは白の求肥、
茹でた赤エンドウ豆、白蜜に黒蜜、きな粉にこし餡、
小倉あんというように。

 

今日御紹介のくず餅ですが、気温の高くなる時期は
お休みするということですので、残念ながら
7月中旬から9月中頃までは買うことができません。

 

今年は7月11日(土)までの販売でしたので
あと2カ月ほど経ったら、また会えますね。
本物のくず餅を、是非お試しくださいませ。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください