ネコやイヌまでをも供出させる戦争「おれは絶対いややで」

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

nekotama

 

 

 

「氏家法雄 ‏@ujikenorio」6月7日のツイートから

「昭和17年の夏、役場から突然『猫を供出せよ』とのお達し…
『アッツ島を守っとる兵隊さんのコートの裏毛になるんじゃ』。
『女の気持ち:私の猫』『毎日新聞』2012年8月3日付。
煙草吸いにリビング横切ったらタマが起きた。おれは絶対いややで。」

 

この文に冒頭のネコの写真と、「女の気持ち:私の猫」
という毎日新聞の記事が添えられていました。
毎日新聞の記事は以下のものです。

 

 

130617gekkabijin

 

 

「 私の猫

昭和17(1942)年の夏、岡山に住んでいた。
役場から突然『猫を供出せよ』とのお達しがあった。
うちの飼い猫は、私が物心ついた頃から我が家にいた。
名前はタマという。

 

学校から帰り、『タマ』と呼ぶと、『ニヤッ』と答えるだけで、
いつもかまどのそばで丸くなり寝ている老いた猫だった。

 

「猫をどねーするん?」。
役場の人に尋ねると、
『アッツ島を守っとる兵隊さんのコートの裏毛になるんじゃ。
アッツ島は寒うてのう。零下40度にもなるんじゃ。
お国の役に立つんじゃ、めでたい』と言った。
そして次の日の昼までに役場に連れてくるように指示して、帰った。

 

私は母に言った。
『山に隠そうや。お墓の裏なら、誰にも見つからんで……』。
しかし、母は首を横に振った。
『そねーなことをして見つかったら大事じゃ。
憲兵に連れて行かれる。軍のお達しじゃ、聞かないけん』
と言い返してきた。

 

私は泣きながら、近所の神社へ走った。
神社には大きな杉が6、7本あり、南側は川だった。
そこはどこからも見えないので、大声で泣いた。

 

『タマは殺されるんじゃ。
毛皮にされるんじゃ。可哀そうじゃ』。
升で量りたいほど涙が出た。
顔が腫れていた。

 

夕方、家に帰ると、タマはもういなくなっていた。
私のいない間に父が連れて行ったようだった。

 

アッツ島で日本軍は玉砕している。
私の猫はどうなったのだろう。
夏休みの時期になると思い出す。  大阪府八尾市 主婦 79歳」

 

 

140420honzan

 

 

 

ネコもイヌも

私は以前、歯医者さんで同様の話を聞いたことがあります。
こちらはネコではなくイヌで「ミラー」という名のシェパード。

 

この話をしてくれた歯医者さんの父親も歯科医でしたので
診察に使う、口の中に入れて歯を見る鏡(ミラー)から
名前をつけたということでした。

 

当時、私の歯医者さんはまだ5歳になったかならないかという年頃。
毎日新聞に投稿していた女性より少し年下でしたが、彼女と同じように
今でもミラーのことが心に大きな傷として残っているようです。

 

私は憤りや悲しみはもちろんのこと、初めて聞いた時には
このようなことがあるとは思ってもいなかったもので呆然としました。

 

戦争中はお寺の鐘さえ供出させられた等の、金属類の話に関しては
知っていたものの、イヌが連れて行かれるなんて信じがたい思い。

 

コートの裏毛のためにネコやイヌを必要としていたなんて……本当?
確かに戦争中は物資が不足するのでしょうが
そこまでして戦争なんてしなければいいやん。

 

 

140222koke470

 

 

 

「いやや」と言っているのは誰?

とここで氏家法雄さんのツイートの最後の文、
「煙草吸いにリビング横切ったらタマが起きた。おれは絶対いややで」
なのですが私は最初、誤解をしていました。

 

「おれは絶対いややで」は、氏家法雄さんの気持ちであり
言葉なのだと思われますが、私は最初、タマの言葉かと思ったのです。
タマが自分は行きたくない、と言ったのだと。

 

 

nekotama

 

 

このタマの写真は、単に可愛いというだけではなく
いかにも何かを言いたげな様子で、氏家法雄さんの
思いを汲んだタマの気持ちが写しだされているようです。

 

 

 

室生犀星と火鉢にあたるネコ

こちらの写真もやはりツイッターの
今年の2月の「かふか ‏@_kafukafuka_」さんのもの。

 

 

murousaiseineko

 

 

室生犀星とネコちゃんなのですが、このネコ、両手(?)を
ちゃんと火鉢のふちにかけて火にあたっています!

 

タマもミラーも、みんなみんな
連れて行かれるなんて「絶対にいややで!」

 

衆院憲法審査会で参考人の憲法学者全員が「違憲」と主張した
安全保障法制関連法案が7月16日、衆議院を通過しました。

 




スポンサードリンク



コメントを残す