「目の見えない友だちを助ける犬」「子猫を育む犬」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

inu       (写真/「THE HUFFINGTON POST」

 

 

今回は「他者を守るイヌ」

前回は「戦争中に供出させられたネコの話」
「そんなことになるのは絶対にいやだとおっしゃるタマの飼い主さん」
そして「室生犀星と一緒に火鉢の火にあたるネコ」のお話でした。

 

今日は、自分より弱いものを全力で守るイヌたちのお話です。
まず最初はこの2匹の犬たちですが、これは
6月17日に、BBCなどで報じられました。

 

 

inu

 

 

左の白い色の犬は、グレンという名前の
ジャック・ラッセル・テリア。
何事もないように元気に歩いていますが、グレンは盲目です。

 

お隣の茶色の犬はタッフォードシャー・ブル・テリアのバス。
バズが目の見えないグレンをサポートして歩いているのです。

 

 

 

2匹とも捨て犬……(涙)+(怒!)

2匹はイギリスのハートプールで捨てられていた犬でした。
彼らを救助した動物愛護センター「ストレイ・エイド」によりますと
グレンは10歳、バズは9歳位だろうということです。

 

グレンが歩く時には、いつもバズが先導します。
グレンとバスは2匹ともオスですが、バズはいつもグレンの世話を焼き
グレンがそばにいるかをしょっちゅう確認しているそう。

 

2匹が離されると、「すぐに鳴き始めます」とのこと。
「ストレイ・エイド」センターのスタッフ、ダイアン・ハンフリー
さんは、「2匹は長い間一緒にいたようだ」と言っています。

 

ですが、なぜこんなに仲が良いのかについては
「確かなことはわからない」。

 

 

gurentobazu           寝るときも一緒(写真/同上)

 

 

よくじゃれ合って遊んでいるという2匹を一緒に引き取ってくれる
飼い主を「ストレイ・エイド」では探しているということでしたが
もう2匹の飼い主さんは見つかったのでしょうか?

 

「ストレイ・エイド」のグレンとバスのページはこちらです。

 

 

 

こちらはアメリカ

さて次に御紹介するのはアメリカはサウスカロライナ州での出来事。
土手の茂みでイヌの叫び声が聞こえる
との通報電話が、保護施設にきました。

 

保護施設の職員が様子を見に行きますと
そこにいたのは、傷ついた小さなシーズー犬の雑種。

 

ですが、どうも様子がおかしかったのでよく見てみますと……,
そのシーズー犬は、生後5週間の子ネコを守っていたのです。

 

 

inutokoneko              (写真/「らばQ」

 

 

 

「大変なショックを受けた」

「2匹を見つけたときは大変なショックを受けた」
と語るのは保護施設の職員であるスミスさん。

 

どのようないきさつでシーズー犬が子ネコを
保護するようになったのかはわかりません。

 

ですが、自力では生きていけない小さな子ネコを
シーズー犬が助け、育てようとしていたことは確かです。

 

 

inutokoneko              (写真/同上)

 

 

この2匹も、最初のイギリスのイヌ達と同じように
片時も離れることはないのだそう。

 

そしてこちらもイギリスの2匹同様、一緒に飼ってくれる里親を
探し始めますと、幸いなことに2匹の存在を知った人々が殺到し
既に2匹は一緒に引き取られたということです。
本当によかったですね。

 




スポンサードリンク



One thought on “「目の見えない友だちを助ける犬」「子猫を育む犬」

コメントを残す