虎屋の5世紀 御代の春「虎屋」 

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150616toraya

 

 

創業500年

赤坂サカスにあった「マキシム・ド・パリ」や
「ドミニク・サブロン」が閉店してしまったのは残念ですが
赤坂は老舗が軒を連ねている素敵な街です。

 

先日、御紹介した「相模屋」は1895(明治28)年の
創業でしたので、今年で120周年。
「松月」が1919(大正8)年創業で、今年は96周年でした。

 

今日、御紹介するのは「虎屋」
なんと500年の歴史を誇る老舗中の老舗です。

 

(東京都港区赤坂4-9-22
TEL.03-3408-4121(代) FAX:03-3401-6694)

 

 

150616torayamiyonoharu

 

 

 

1869年、東京に進出

とはいっても京都で商う「虎屋」は東京に店舗はなく
遷都にともなって東京に進出したのは1869年の明治2年。

 

神田、丸の内等と店舗を移し、赤坂の地に「虎屋東京店」を
構えたのは東京進出から10年後の1879(明治12)年9月のことでした。
現在、「虎屋」の東京工場がある元赤坂1丁目の近くだったそうです。

 

(余談ですが、そこには
「製造所にはいかなることがあっても婦人の出入りを禁じ」
と書かれていたそうな……!)

 

 

150622torayamiyonoharu

 

 

 

1932年に現在の場所に移転

「虎屋」が現在の赤坂4丁目、当時の町名ですと
赤坂表町に移転したのは1932年、昭和7年のこと。

 

現在の店舗にお店を構えてからでも83年、
赤坂の地に来てからは136年の年月が流れているのですね。

 

ちなみに「虎屋」は東京遷都で1869(明治2)年に東京に
移る前の1714(正徳4)年にも一度、東京進出を試みています。

 

その時は、現在の港区西新橋1丁目あたりにお店を構えたようですが
思うようにいかなかったのか、半年ほどでお店を閉めました。

 

 

130815sida

 

 

 

「虎屋」が赤坂に来て136年

「虎屋」が赤坂に来てからは136年ということですが
それでは「虎屋」が出来たのはいつなのかといいますと
昔すぎて(?)正確なことはわからないそう。

 

ですが、1586(天正14)年に即位した後陽成天皇の在位中に
御所の御用をつとめていたことが、京都御所出入りの御用商人の
御用開始時期を記した文書『御出入商人中所附』からわかります。

 

中には伝説として、虎屋創業奈良時代説などもあるそうですが
残されている様々な文書の記録から、室町後期の創業から
すでに5世紀ほど経ているという数字は確かなことです。

 

 

150622torayamonaka

 

 

 

御用差し止めの通知

5世紀も続いた御所の御用をつとめる老舗の「虎屋」は
どっしりとお店を構えてゆるぎなく、順風満帆に見えます。

 

ですが実際は、様々な苦難を乗り越えての今であることが
現在の虎屋当主・黒川光博さんがお書きになった
「虎屋 和菓子と歩んだ500年」(新潮新書)には記されています。

 

江戸中期、幕府の財政再建のための享保の改革があった
8代将軍・吉宗の時代に、当時の虎屋の当主(6代)は
1727(享保12)年の日記にこんなふうに記しています。

 

「昨年一年間は御用代金を頂いていない」
(黒川光博著『虎屋 和菓子と歩んだ500年』P.146)

 

 

140222koke470

 

 

また、次の7代、8代当主の時も同様に
「実際に提出したかはわからないまでも
御所御用を辞退したい旨の願書の下書きも残されている」(『同』)

ほどの状態だったようです。

 

さらに時代は下り戦後の1946(昭和21)年に「虎屋」は
宮内庁から御用差し止めの通知を受け取ります。

 

当主の必死の嘆願書が功を奏したのでしょうか
幸いなことに継続が認められたということでしたが。

 

500年もお店を継続するということは
やはり並大抵のことではないのですね。

 

 

150615miyonoharutoraya

 

 

 

虎屋「御代の春」

今日の写真のお菓子は、虎屋の「御代の春」という最中。

 

原材料は、
砂糖、あずき、還元麦芽糖水飴、皮種(糯米)、水飴、寒天
ということで、混ざりもののないシンプルな材料が嬉しいです。

 

栄養成分は1個(30グラム)当たり
熱量 91カロリー、たんぱく質 1.3グラム、脂質 0.2グラム
炭水化物 21.2グラム、ナトリウム 0.5ミリグラム。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください