弾正坂と同じ場所から始まっている「九郎九坂」  赤坂の坂4

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150827kuroguzaka

 

 

「弾正坂」の隣りにある坂

赤坂の坂・3回目の前回は、「弾正坂」を御紹介しました。
「弾正坂」は、元赤坂1丁目と2丁目の赤坂御用邸から
青山通りを越えて赤坂4丁目の山脇学園に至るまでの坂でした。

 

今日、御紹介する「九郎九坂」は、「弾正坂」と
同じ場所から2つに分かれている一方の坂です。

 

次の地図では、ピンク色のものが「弾正坂」で
紫色は「九郎九坂」になります。

 

 

kuroguzaka       ピンク色が「弾正坂」、紫色が「九郎九坂」

 

 

「弾正坂」は、地図でいう上、つまり北から南に向かっている坂で、
「九郎九坂」は右下、南東に向かっている坂ということになりますね。

 

 

 

短いけど少しだけ坂っぽい

「弾正坂」も「九郎九坂」もともに青山通りに通じています。
「弾正坂」の始まりの場所はこの写真。

 

 

150827danjozaka

 

 

この場所のすぐそばにあるのが、次の「九郎九坂」の標識。

 

 

150827kuroguzaka   「弾正坂」と分かれている地点の「九郎九坂」(地図では上)

 

 

「九郎九坂」は、この写真で坂の全てが写りきってしまう
ほどの短さで、写真の突き当たりの青山通りで坂は終わり。
その場所で撮ったものが次の写真です。

 

上の写真は地図でいいますと、上から撮った写真で
次の写真が、下から撮った写真。

 

 

150827kurogusaka   上の写真の突き当たり、青山通りから撮った「九郎九坂」

 

 

この写真の右側のビルは「赤坂センタービル」、
その向こうは「住友不動産元赤坂ビル」です。

 

「九郎九坂」の長さは、「弾正坂」の半分もありません。
地図でも一目瞭然ですよね。

 

 

kuroguzaka       ピンク色が「弾正坂」、紫色が「九郎九坂」

 

 

「九郎九坂」は長さこそありませんが、高低は少々あって
「弾正坂」よりは少し、坂という感じがする坂ではあります。

 

 

 

読み方は「くろぐざか」

肝心なことを忘れていました。
この坂の読み方ですが「九郎九坂」と書いて「くろぐざか」。
標識にはこのようなことが記されています。

 

「江戸時代の一ツ木町名主の秋元八郎左衛門の先祖、
九郎九が住んでいて坂名になった。
鉄砲練習場があって鉄砲坂ともいう。」

 

 

150827kuroguzakayurai

 

 

ということだそうです。

 

ではありますが、この一ツ木通りの名主、秋元八郎左衛門の御先祖様が
「九郎九坂」になったという説とは別に、私は勝手に別の妄想を
抱いているのですが、それについてはまた後ほど……。

 




スポンサードリンク



コメントを残す