「私には役不足」と言うと「私はもっと力がある!」の意味に

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150527thipotteacuphuji

 

 

「役不足」

先日、もうなくなってしまったホテルオークラのオーキッドルーム
でのアフタヌーンティーを御紹介したことがありました。

 

アフタヌーンティーを一緒に楽しむ約束をしていたお友達を
オーキッドルームのそばのソファーで待っている時のこと。
隣りに座っている女の人が電話で少々興奮気味に話しています。

 

彼女は、頼まれた仕事を受けるつもりで依頼者に会いましたが
結局、その仕事は彼女にはまかされなかったようでした。

 

彼女はそれを別の人にこう訴えていたのです。
「私では役不足ということなのでしょうか?!」と。
不満げに少々の怒りをこめて表現していました。

 

 

150615miyonoharutoraya

 

 

 

「役  >  人」or「役  <  人」?

彼女は本来の「役不足」という意味とは反対の使い方をしていました。
「役不足」という言葉の意味は
「力量に比べて、役目が不相応に軽いこと」をいいます。

 

役と人の力の関係は「役  <  人」となります。
つまり「役をふられた人の力の方が大きい」、ということは
「役の方がその人の力に比べて小さ過ぎる」ということでもあります。

 

あれほど能力のある人に、たったあれだけの役ではもったいない、
役に不足があるという感じですね。

 

ところが、冒頭に紹介した人は「役不足」を「役  >  人」と
捉えて、「私では役不足ということなのでしょうか?!」と
抗議をしているわけです。

 

 

150528teapothuji

 

 

 

「力不足」と混乱?

最近、意識してみていたのですが、話し言葉、文章ともに
本来とは反対の意味で使っている彼女のような人がほとんどでした。

 

それもそのはず、「goo辞書」によりますと「役不足」を
本来の意味である「役  <  人」と使っている人は41.6パーセントに過ぎず
間違った解釈の「役  >  人」として使う人が51.0パーセントもいるとか。

 

なぜこのように反対に思ってしまう人が多いのかということについては
「役不足」と似ている「力不足」という言葉と混乱している
のではないかという説もあるようです。

 

冒頭の女性の言った
「私では『役不足』なのですか?!」という言葉を
「私では『力不足』なのですか?!」と置き換えると頷けますね。

 

言葉は生き物ですので、時とともに進化か退化かは
わかりませんが、変化していくことは事実です。

 

本来の「役不足」は「力量に比べて、役目が不相応に軽いこと」が
正しい意味ですが、現時点でさえ誤用が半分を過ぎているようです。
もしかしたら、将来は逆の意味になってしまうかもしれませんね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す