アメリカで「ビスケット」と呼ぶのは、日本の「スコーン」のこと スコーン「NYCB」 → 2017年9月4日 閉店

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150421sukon

 

 

スコットランド生まれのスコーン

スコーン(scone)はスコットランドで生まれたパンです。
中世オランダ語の「schoonbrood(スコーンブロート)」から
きている名前だそうで、意味は「白いパン」。

 

粗挽きの大麦粉を使って作った「バノック(bannock)」
というお菓子がもととなってできたそうです。

 

冒頭の写真は、赤坂サカスのある赤坂通にある
「NYCB(ニューヨークシティベーカリー)」の「スコーン」。
(赤坂6丁目4−20 03-3503-3456)

 

その他には……
「成城石井」アークヒルズ店「チョコとくるみのスコーン」
(赤坂1丁目12-32 森アークヒルズ1階 03-5575-2010)や

 

130325seijouisiissukon

 

 

東京ミッドタウン「ディーン&デルーカ」「メイプルスコーン」
(赤坂9丁目7-4 東京ミッドタウン地下1階 03-5413-3580)を
紹介しましたね。

 

130307mepurusukon

 

 

 

アメリカではビスケット

と、赤坂で手に入れたスコーンを御覧いただきましたが
それでは、この写真に写っているものは何だと思いますか?

 

kfc

 

そばにある紙コップに「KFC」とあるのでおわかりのように
これはケンタッキーフライドチキンのモーニングセットだそう。
右のスコーンのようなものは「ビスケット」という名前です。

 

アメリカでは、日本でスコーンと呼ぶものをビスケットといいます。
もっとも北米では、スコーンというようですが。

 

北米のスコーンは、チョコレートやドライフルーツ入りのものが
普通ということですので、今日の「成城石井」や
「ディーン&デルーカ」のようなスコーンですね。

 

 

130325seijouisiino

 

 

 

スコーンの日本、英国、アメリカでの呼び方

アメリカではスコーンをビスケットと呼んでいるのならば
日本人がビスケットと呼んでいるものは何というのでしょうか?

 

これは以前、御紹介しましたが(「クッキーという言葉を
日本で
初めて使ったのは泉屋」)、アメリカでは日本人が
ビスケット+クッキーと呼んでいるお菓子は全てクッキーだそう。

 

アメリカに渡ってきたオランダ人が「クオキエ」という
お菓子を作って売ったものが大人気となり
アメリカ全土に広まったということでした。

 

クッキーの語源は
オランダ語の「クオキエ(koekjeまたは略式のkoekie)」。
意味は、小さなお菓子。

 

まとめてみますと、こんな感じでしょうか。

 

 

日本で      クッキー・ビスケットと呼ぶもの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イギリス     ビスケット
アメリカ     クッキー140202lotusup400

☆日本でのクッキーとビスケット
の違いについては  →  こちら

 

 

 

日本で      スコーンと呼ぶもの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イギリス     スコーン
アメリカ     ビスケット150421sukonnycb

 

 

 

追記:2017年10月30日

「NYCB」は、残念ながら2017年9月4日閉店してしまいました。

 




スポンサードリンク



コメントを残す