ルリジューズ「ピエール・ガニョール」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

151220religieuse

 

 

×「ピンク色の雪だるま!」

前回の南部坂を下りて来て首都高を渡って、少しだけ溜池の方に
歩くとANAインターコンチネンタルホテル東京があります。

 

その2階の「ピエール・ガニョール パン・エ・ガトー」で
今日のケーキを見た時に、最初に思ったのは雪だるま。

 

雪だるまでピンク色はちょっと変ですが、まあこの色は
ピエール・ガニョールのシンボルカラー(?)ですしね。

 

ピエール・ガニョール パン・エ・ガトー
107-0052 港区赤坂1-12-33
ANAインターコンチネンタルホテル東京 :03-3505-1111)

 

 

141212tokyomidtownyugidaruma    2.3年前の冬に東京ミッドタウンにいた雪だるま

 

 

 

東京ミッドタウンの雪だるま(2.3年前の)

この雪だるまは、といっても本物ではありませんが、2,3年前に
東京ミッドタウンの外苑東通りに面した場所にいたのですが
写真は撮ったものの今までお蔵入りしていました。

 

それが今回思いもかけずに、アークヒルズのピエール・ガニョールの
ケーキの回に登場することになって、きっと喜んでいるでしょう。

 

外国の雪だるまって、日本と違って◯が3つなのですね。
となりますと、ピエール・ガニョールのケーキは
やっぱり雪だるまではないということになります。

 

 

pieruganyorupanegato300ANAインターコンチネンタルの
ピエール・ガニョール パン・エ・ガトー

 

 

 

フランス語のケーキの名前は覚えられない

私はピエール・ガニョールにたまにしか来ないという理由もあるのかも
しれませんが、来るたびに初めて見るケーキに出会うことが多いです。

 

ショーケースに並んでいるケーキのうち、サイトに出ているのは
ほんの一部ですので、お店の人に雪だるまの名前を教えてもらいました。

 

でも家に着く頃には忘れていました!
だってフランス語なんだもの。
写真を撮って、おいしく頂いた後にようやく調べてみますと……。

 

 

151210religieuse       ルリジューズ「ピエール・ガニョール」

 

 

 

× 「修道女のいる建物の形」

この「RELIGIEUSE(ルリジューズ、orレリジューズ)」
というケーキは雪だるまではありませんでした。

 

「RELIGIEUSE(ルリジューズ)」とは
フランス語で「修道女」を意味する言葉だとか。

 

そうか、この形は修道女たちがいる丸々とした屋根の教会の建物を
あらわしているのね、と思ったのですが、これも × でした。

 

 

151220religieuse     ピエール・ガニョールの「ルリジューズ(修道女)」

 

 

 

「修道女の姿」

二つのコロッと丸いものはシュークリーム。
二つのシュークリームの間を、白い生クリームが
しずくのような形でぐるっと一周しています。

 

生クリームは、修道女の着る服の襟やひだをあらわしているとか。
上のシュークリームが修道女の頭部を、下が体をそれぞれ模し
全体でヴェールをかぶった修道女の姿なのだそうな。

 

パリでは結構見かけるお菓子ということで
色はさまざまあり、モカの色、チョコレート色、
今日のピエール・ガニョールのピンク色の他、緑色もあるそうです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す