南天、万両、千両、百両、十両、一両の違い 「難を転じて福となす」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160102tokyotower

 

 

「難を転じて福となす」

新春の生花には「ナンテン」を見かけることが多いですね。
今年のお正月も御覧になったのではないでしょうか。

 

「難を転じる」という意味に通じることから
「ナンテン」はお正月によく飾られる縁起物の植物です。
英語では「A blessing in disguise 」というそう。

 

 

151212motohikawananten           本氷川坂の「ナンテン」

 

 

この「ナンテン」の写真は先日ご紹介した
本氷川坂で撮ったものです。

 

151209motohikawazaka           本氷川坂(赤坂6丁目)

 

 

 

「ナンテン」の名前は「南天燭」から

「ナンテン」は中国名で「南天燭」や「南天竹」といいます。
それを簡単にして日本で「南天」と呼ぶようになりました。

 

「南天燭(なんてんしょく)」の「燭」とは燭台の燭、ともしびと
いう意味で「ナンテン」の小さな赤い実をともしびと見立てた名前。

 

「南天を庭に植えれば火災を避けられる」ということが
江戸時代の百科事典である「和漢三才図絵(わかんさんさいずえ)」
に書いてあり、江戸時代にはどこの家にも「ナンテン」があったとか。

 

そんなどこにでもあるというイメージの
「ナンテン」ですが、欧米にはないそうです。

 

 

blog_import_5153605322b9c          お赤飯にナンテンはつきもの

 

 

 

お赤飯の「ナンテン」は飾りだけじゃない

また「ナンテン」といえば、お赤飯につきもの。
「ナンテン」が慶事に使われるようになったのは
江戸時代後期からといわれています。

 

本物の「ナンテン」がない時には、お赤飯ののし(?)のような
ものに「ナンテン」の絵をプリントしたものさえあるほど。

 

これも、お赤飯の登場するお祝いの場面で「難を転じて福となす」
ということなのかと思いきや、そればかりではないそうです。

 

 

160102sango               赤い珊瑚

 

 

「ナンテン」の葉には、ナンニジンという
成分が含まれていて殺菌効果をもつとか。

 

お赤飯が腐敗するのを防ぐ役目もするのです。
「ナンテン」はエライ!、のみならず
いつものことながら昔の人もスゴイ!、ですね。

 

 

 

ナンテン  メギ(目木)科 

緑の葉っぱに赤い実の「ナンテン」ですが、同じように縁起物の
赤い実をもつセンリョウ、マンリョウがあって一瞬戸惑います。

 

一番わかりやすい違いといえば、それぞれの実のつき方。
「ナンテン」は、1本の茎にブドウのように実がなっています。

 

高さは2mほど、高いものでは4〜5mというのもあるそうです。

 

 

151212motohikawananten            ナンテン(南天)

 

 

 

マンリョウ  ヤブコウジ(サクラソウ)科

それに対してマンリョウはといいますと、サクランボのような
形状で、実は葉っぱの下にあって、ぶら下がっています。

 

別名はタチバナコウジ。
高さは30cmから1mほどです。

 

 

manryo        マンリョウ(写真/「季節の花300」)

 

 

 

センリョウ  センリョウ科

センリョウの実のつき方は、何といったらいいのか少々
形容に困りますが、実が葉の上についているのが特徴。
これが万両との大きな違いで、万両は実が葉の下になります。

 

センリョウ(千両)のお金は葉っぱの上に差し出せても
マンリョウ(万両)となると重くて葉の下になってしまう
などともいうようですが。

 

私はお花屋さんで見るのはセンリョウが一番多いような気もします。
高さは50cmから1m。

 

 

senryo        センリョウ(写真/「季節の花300」)

 

 

 

ヒャクリョウ、ジュウリョウ、イチリョウも

とナンテン、マンリョウ、センリョウと見てきましたが
驚いたことにこの3つの植物は全て属している「科」が違うのですね。

 

そしてもう一つ驚いたことには、この3つ以外に実は
百両、十両、一両という赤い実のなる植物もあるのだそう。

 

こちらは、「唐橘(からたちばな)」という別名もつヒャクリョウ。

 

 

hyakuryo             ヒャクリョウ(百両)

 

 

次は、マンリョウと同じヤブコウジ(サクラソウ)科のジュウリョウ。
別名は「薮柑子(ヤブコウジ)」「山橘(ヤマタチバナ)」。

 

 

juryo             ジュウリョウ(十両)

 

 

そして最後は、イチリョウ。
アリオドシという別名をもっています。

 

 

839c48e42169a402aad97b0a2d08079d-300x225            イチリョウ(一両)

 

 

木の高さはナンテン、マンリョウ、センリョウの順に低くなるそう。
また、百両  >  十両  >  一両  の順だそうですので面白いです。
といいますか高さの順に名前をつけたのかもしれませんね。

 

 

 

東西「衣装比べ」

そうそう、これを書いていてむか〜し読んだ話を思い出しました。
南天の着物の話を。
江戸時代の豪商の妻達の衣装比べの話です。

 

1700年に成立した『武野燭談』に出ている話なのですが
江戸で一番とうたわれるお洒落な石川六兵衛の妻が
「衣装くらべ」の相手を求めて京へ上ります。

 

 

010_1_201311241629247a6

 

 

京には、これまたお洒落だとうわさされている
難波屋十右衛門の妻がいました。

 

「衣装比べ」の際の難波屋十右衛門の妻の衣装は
真っ赤な緋繻子に金銀糸で洛中の図を縫い取ってある豪華な小袖。

 

それに対して石川六兵衛の妻の出で立ちはといえば
黒羽二重に南天の刺繍がある、一見地味な着物でした。

 

 


             赤い珊瑚

 

 

難波屋十右衛門の妻の衣装の豪華さが人々の目をひきます。
ですが軍配は、江戸の石川六兵衛の妻にあがりました。

 

なぜなら黒の羽二重に南天の刺繍があるだけ、と見えた着物の
南天の実は、実は全て一つ一つ縫い付けられた珊瑚だったからです。

 

そんな石川六兵衛の妻はその後、贅沢が行き過ぎたとの咎で
五代将軍・徳川綱吉の怒りをかうことになります。

 

財産を没収の上、六兵衛、妻、息子ともども江戸追放、
遠島の憂き目にあったということが『御当代記』に記されて
いるのも如何にも教訓的、といえるでしょうか。

 




スポンサードリンク



コメントを残す