「東京ガーデンテラス紀尾井町」7月オープン

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150717akapuriato

 

 

「東京ガーデンテラス紀尾井町」

前回の「春帆楼」東京店へ行く時に、赤坂エクセルホテル東急
「ゴディバ」の前でお友達と待ち合わせをしました。

 

上の写真は赤坂見附の交差点から撮ったものですが、右の端に
夕日を受けて淡いオレンジ色に見えるのが赤坂エクセルホテル東急。

 

一番左側とそのお隣の建設途中のビルがある場所は
赤坂プリンスホテルのあった場所です。

 

 

blog_import_51536828683c9   2012年8月 解体作業に入っている赤坂プリンスホテル(右)

 

 

赤プリ跡地のタウンネーミングが
「東京ガーデンテラス紀尾井町」に決定したのは昨年の4月。
(〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1-2 )

 

そしてこの地に出来るホテルの名前を
「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」
と発表されたのが3日前、2016年1月21日のことでした。

 

 

121127tugidon2012年11月 赤坂プリンスホテル(左)
プルデンシャルタワー(中) 赤坂Bizタワー(右)

 

 

 

 

ツインタワー

冒頭の写真に写っている赤プリ跡地に建設途中の
ツインタワーの完成図がこちらです。

 

 

akasakaprince         (画像/「西武プロパティーズ」)

 

 

左がホテル・オフィス棟で、右が住宅棟で
地下2階、地上21階の高さ90メートル。
ホテル・オフィス棟は地下2階地上36階で高さは180メートル。

 

これは東京都、都市計画審議会が2011年7月に従来の容積率を変更して
建物の高さの上限が140メートルから180メートルに増えたため。

 

1階から4階までが商業施設、5階から29階までがオフィス、
そして30階から最上階の36階までがホテル。

 

写真や図を御覧になってもおわかりのように
ワンフロワーは1000坪を越すという大きさですが、その24の
オフィスフロワーのうち20にヤフーが入る予定だということ。

 

現在、ヤフーオフィスは東京ミッドタウンのタワーに
ありますが、5月から順次、引っ越し作業に入るそうです。

 

 

logo           東京ガーデンテラスのロゴ

 

 

 

ロゴがあらわす3つのエレメント

東京ガーデンテラス紀尾井町のサイトにはこのロゴについて
「家紋を感じさせるデザイン」と記してありますが
私が最初に思ったのはクローバーでした。

 

上の緑色が——豊かな自然を象徴する緑の葉、
左のが———文化や人々が交差し、赤く熟した様を、
右のが———お堀の水面(みなも)と、積み重なった歴史を
表現しているのだそうです。(「東京ガーデンテラス紀尾井町」

 

 

kioizakaup「紀州徳川家」「尾張徳川家」「彦根井伊家」
の屋敷付近の江戸時代の地図

 

また、2月前このブログで「紀尾井坂」をとりあげましたが
「紀尾井町」の名のもとともなった「紀伊徳川家」「尾張徳川家」
「彦根井伊家」の屋敷がこの地にあった歴史も象徴しているとか。

 

 

 

ホテルがいっぱい

冒頭の写真をもう一度御覧いただきましょう。
この写真を撮ったのは2カ月ほど前でしたので
今はもうすこし建ち上がっています。

 

 

150717akapuriato

2015年11月 左から「東京ガーデンテラスオフィス・ホテル棟」
同「住宅棟」、「都道府県会館」、「赤坂エクセルホテル東急」

 

 

上の写真の左の方を撮ってみたのがこちら。

 

 

150717akapuriatoti2015年11月 左から「ホテル・ニューオータニ」
「ニューオータニガーデンコート」
「東京ガーデンテラス オフィス・ホテル棟」

 

 

この写真では、先ほど左に写っていた「東京ガーデンテラスの
オフィス・ホテル棟」が右にきています。

 

左は「ホテル・ニューオータニ」と「ニューオータニガーデンコート」。
写真を撮っているときは気づきませんでしたが、こうしてみると
写真に写っているほとんどの建物がホテルなのですね。

 

 

 

「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」7月27日オープン

私は建設関係のことは疎いので、これは常識なのかも
しれませんが面白いと思ったことがあります。

 

オフィス・ホテル棟を施行するのは鹿島・鉄建・熊谷建設協同企業体で
住宅棟は、西武・大林・前田健説協同企業体ということ。

 

このような大きなタワーというのは、いくつもの建設会社で
造るものなのだということを初めて知りました。

 

なお設計・管理は日建設計が担当し、外装デザインは米国の設計事務所
コーン・ペダーセン・フォックス・アソシエーツ(KPF)。

 

 

130210minitomato敷いてあるのはプリンスホテルのテーブルナプキン
プリンスホテルのマーク(2007年まで使用)がついています

 

 

 

既存のプリンスホテルではないホテル

当然のことながら、出来上がったホテルに関しては
株式会社プリンスホテルが運営をします。

 

ですが「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」は
プリンスホテルの既存ブランドである「ザ・プリンス」
「グランドプリンスホテル」「プリンスホテル」、

 

のどれにも属さないホテルであり、
プリンスホテルの最上級ホテルと位置づけられています。

 

 

1302akasakapurinsuhoteruzansho   2013年2月 解体中のかなり小さくなった赤坂プリンスホテル

 

 

う〜ん、私にはちょっとわかりませんが、そういえば
名前に「ギャラリー」がついたりして、やたらに長いですものね。

 

ということで当然ながら、宿泊料金も最上級だそうです。
1泊、6万円〜59万円だということですので
残念ながら私には縁がないかなぁ。

 

 

141126akapuriato  2014年11月 「東京ガーデンテラス オフィス・ホテル棟」(中央)

 

 

 

赤プリは知らない

東京ガーデンテラスの建設中のタワーを見ながら
お友達とその裏側にあたる「春帆楼」東京店へと
歩いて行ったのですが、その時に私が彼女に言いました。

 

「ここ赤プリがあったところなの。
少し前に壊して、今建て替えているのだけど。
赤プリ知ってるでしょ?」と。

 

すると予想もしないことに彼女は「ううん」と首を横に振ったのです。

 

 

1505yoage2015年3月 左のクレーンが乗っている建物が
「東京ガーデンテラス オフィス・ホテル棟」

 

 

 

そんなにも長い年月が……

その時は、一瞬「えっ?」と驚いたものの、そうなんだ
と流していたのですが、後になって気づきました。

 

赤プリの新館は、1982年11月に竣工し
1983年3月7日から営業を開始しています。
そして2011年3月31日に営業終了し、その後解体。

 

彼女が外国へ留学するために日本を発った時には
赤プリの新館は完成していたのかもしれませんが、少なくとも
華やかな赤プリ全盛期には彼女はもう日本にいなかったのだと。

 

日本で暮らしていた年月よりもはるかに長い年月を
彼女は海外で過ごしていたのです。

 

そして当然のことながら、それと同じ長い時間は私の上にも
通り過ぎて行ったはずです、というよりは過ぎていきました。

 

 

150923yugata   2015年9月 「東京ガーデンテラス オフィス・ホテル棟」

 

 

 

♬  太郎はたちまちおじいさん  ♪

なにか急に浦島太郎が玉手箱を開けた時のような
雰囲気に包まれた私は、しばし感慨に耽りました。

 

『浦島太郎』の玉手箱って、そういう意味なのかなぁ。
私は子どもの時から納得できなかったのですが。

 

だって浦島太郎はカメを助けて、そのお礼に竜宮城に
招かれただけなのに、帰ってきて何故あのような仕打ちを
受けなければならないのかが理解できなくてね。

 

320x320_rect_4375112

 

 

じゃあ、あのお話はいじめられているカメは助けないように
しましょうということなのかといえば、勿論そうではなく、

 

私自身充分わかっていたはずの時間の長さがわかっていなかった
という事実と不思議さ、人間の愚かさのお話なのもしれないですね。

 

実は彼女と赤プリの話をしている時、彼女は建設中の
東京ガーデンテラスのツインタワーよりも興味を示している
建物がありましたが、長くなってしまいましたのでそちらは次回に。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

CAPTCHA