プルーストさんもお気に入り、マドレーヌさんが作った「マドレーヌ」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140828finabshe

 

 

卵:バター:砂糖:小麦  1:1:1:1

東京ミッドタウンにあるディーン&デルーカ
で買った「マドレーヌ」です。

 

原材料名は
卵、バター、砂糖、小麦粉、
アーモンドプードル、はちみつ、香料、膨張剤。

 

「マドレーヌ」の材料は、おおざっぱに言ってしまうと
原材料名の最初の4つ「卵」「バター」「砂糖」「小麦粉」が
同量で、それにベーキングパウダー等を加えたものです。

 

それにレモンの表皮をすりおろしたり、バニラエッセンスや
ブランデーを加えたり、アレンジとしてチョコチップ等を
入れることもありますね。

 

今日のディーン&デルーカの「マドレーヌ」は
基本的な「マドレーヌ」です。

 

 

121022hosi2

 

 

 

マドレーヌさんが作ったお菓子

マドレーヌいうフランスの女性の名前がついている理由は
この焼き菓子を最初に作ったのが、マドレーヌという
名前の女性だったからといわれています。

 

ただし「マドレーヌ」を考案したといわれている
マドレーヌさんは一人ではなく、何人かいるよう。

 

ということは焼き菓子の「マドレーヌ」の発祥については
はっきりとしたことはわからないということです。

 

 

141209rosenthalmagicfluteteacup

 

 

 

マドレーヌ・ポルミエ説

1755年、フランスのロレーヌ公・スタニスラスのために
マドレーヌ・ポルミエが作ったといわれている説があります。

 

マドレーヌ・ボルミエはスタニスラスの館で
召使いとして働いていました。

 

ところが、その館のパティシエと料理長が喧嘩をして(!)
出て行ってしまったために、彼女が急遽、作った
お菓子が「マドレーヌ」だったというわけ。

 

彼女は台所にあった材料を、ホタテガイの貝殻で焼きました。
このお菓子は、彼女がおばあちゃんから教えてもらったもの。

 

マドレーヌ・ボルミエは、フランスのコメルシー出身の
女性ですが、コメルシーでは、お菓子の「メドレーヌ」が
現在でも名物として売られているそうです。

 

 

commercy           の位置がコメルシー(Commercy)

 

 

 

マドレーヌ・シナモン、他

次は、マドレーヌ・シナモン説です。
こちらは1661年といいますので、ロレーヌの「マドレーヌ」
発祥説より約100年ほど前のことになりますね。

 

枢機卿のポール・ドゥ・グロンディが、お抱え料理人の
マドレーヌ・シナモンに作らせたお菓子が「マドレーヌ」。

 

この他には、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ
への巡礼のために、マドレーヌという女性が
作ったという説もあるようです。

 

「マドレーヌ」は丸い形のものもありますが、なんといっても
やはりホタテガイのかたちが特徴的でかわいいです。

 

今日の記事を書いて初めて知りましたが、本物のホタテガイを
使って「マドレーヌ」を焼いたのですね。
びっくり!

 

 

140828finabshe

 

 

 

「マドレーヌ」といえば『失われた時を求めて』

そしてもう一つ、「マドレーヌ」といって忘れてならないのは
マルセル・プルーストの『失われた時を求めて
(A la Recherche du Temps Perdu)』という超々長編小説。

 

紅茶に浸したマドレーヌをスプーンで口元に運んだ主人公の脳裏に
鮮やかに浮かんだ幼い頃の思い出、そこから物語は始まります。

 

たしかにものと場所は異なっても
このような経験は、誰にでもあることでしょう。

 

 

130823rosenthalteapot

 

 

 

キンモクセイが連れて行ってくれる幼い日

例えば私は、キンモクセイの香りを嗅ぐと、小学生のある日、
放課後に野原に友だちと行ったことを思い出します。

 

その日が特別な日だったわけでも、特に嬉しいとか悲しいとかの
思い出に残る感情が伴っているわけでもありません。

 

一緒に行った友だちが誰だったかすら覚えていないというのに
キンモクセイの香りは、いつも決まって「その時」に私を運ぶのです。

 

 

130430tokyomidtownkinmokusei       キンモクセイの花(東京ミッドタウン)

 

 

 

大脳新皮質にダイレクトに

それは、キンモクセイの花を見たから「あの時」を思い出した
というのではなく、キンモクセイがあるを知らなかった
としても同様の結果をもたらします。

 

嗅覚は他の視覚や聴覚等と違い、香りを嗅いだ時に鼻の粘膜から
脳に直接に働きかけるので、そのような現象が起こるのだそうです。

 

嗅覚以外の嗅覚以外の感覚からの情報は、まず「大脳新皮質」
いき、その後に「大脳辺縁系」に届きますが、

 

嗅覚だけはその情報が「大脳新皮質」を通さずに
直接「大脳辺縁系」に送られます。

 

 

kyukaku          (イラスト/「健康管理情報」

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
嗅覚以外 → 「大脳新皮質」「大脳辺縁系」
嗅覚   → 「大脳辺縁系」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

このイラストでは「大脳辺縁系」を「古い脳」と表記してありますが
大脳辺縁系は喜怒哀楽の情動の表出や、食欲等の本能、睡眠や夢
などに関連し原始的な部分を司っているものです。

 

「大脳新皮質」の「新しい脳」の意味は進化的に新しい部分の意味。
大脳新皮質は、合理的、分析的な考えや創造性、意欲、長期的な記憶、
言語機能を司るものですので、下等生物より高等生物の方が大きいよう。

 

 

140828fenanshe

 

 

 

「プルースト効果」

『失われた時を求めて』では「マドレーヌ」の香りが過去の記憶を引き
起こしますが、このような心理現象を「プルースト効果」と呼びます。

 

ところで「マドレーヌ」で有名な(って、逆ですが!)
20世紀を代表するフランスの作家、マルセル・プルーストの
『失われた時を求めて』を私は数十年前に読んだ記憶があります。

 

 

rosenthamagicflute140602teacup

 

 

ちなみにマルセル・プルーストの名前ですが
ヴァランタン=ルイ=ジョルジュ=ウジェーヌ=マルセル・プルースト
(フランス語では、 Valentin Louis Georges Eugène Marcel Proust)
という長いものだそうです。

 

私は長い名前のプルーストさんが書いた長い小説『失われた時を求めて』
を読んだことは読んだのですが、残念ながらあまり覚えていなくて……。
覚えていることは、ただ、ただ長い!、という情けない感想のみです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください