「アラボンヌー」タルトフリュイ

「あぷりのお茶会 赤阪・麻布・六本木」へようこそ!

 

150923tarteauxfruits

 

 

ドコモショップとカフェベネの間の道を入ると

赤坂サカスの長方形の敷地の長い方に沿うような
かたちで、平行に通っているのは円通寺通り。
その円通寺通りは一ツ木通りから始まっています。

 

一ツ木通りのドコモショップ赤坂店と、カフェベネの間の通りを
入るとすぐの場所にあるのが、おいしいケーキや焼き菓子のお店
「パティスリー アラボンヌー  Patisserie a la bonne heure」。

 

「アラボンヌー」
東京都港区赤坂4丁目3−13  03-3583-7665)

 

 

arabonnu「a」がアラボンヌー 
「・・・」は円通寺通り 「___ は円通寺坂

 

 

 

白に赤がかわいい

赤坂サカスにごく近いオフィス街でもありながらも
円通寺通りをそのまま進んで行くと、そこは静かな住宅街。

 

「アラボンヌー」は、そんな場所にふさわしい佇まいのお店です。
白を基調に赤をアクセントにした木の温もりが感じられる
お店の前には、優しい雰囲気のグリーンが並べられています。

 

この赤い色は「アラボンヌー」のお菓子を
入れてくれるパッケージの色でもあります。

 

 

150923arabonnu       円通寺通りに面した「アラボンヌー」のお店

 

 

超近代的な計算され尽くした美しいモダンなショップ
というよりは、ひとつひとつ、丁寧にお菓子を
作り上げている、人の息づかいが感じられるお店ですね。

 

 

 

「よい時を!」

お店の名前の「アラボンヌー( a la bonne heure)」とは
フランス語で「よい時を」という意味。

 

表参道のケーキショップ「キルフェボン」(〒107-0062
東京都港区南青山3-18-5 03-5414-7741)で修行を積んだ
オーナー夫妻とその御家族で営んでいるお店です。

 

ちなみに青山の「キルフェボン(qu’il fait bon)」
という店名はフランス語で「なんていい陽気なんだろう!」
という意味だそう。

 

「アラボンヌー(よい時を)」と
キルフェボン(なんてよい陽気なんだろう!)」
何となく相通じるようなネーミングですね。

 

 

150923tarteauxfruits        「タルトフリュイ」アラボンヌー

 

 

 

水曜日の100円シュークリーム

「アラボンヌー」では毎週水曜日にシュークリームが
100円(税込みで108円)でお目見えすることでも有名です。

 

この写真のローゼンタール〈魔笛〉のお皿はちょっと大きめなので
シュークリームが小さく見えてしまうのですが、小振りながらも
きっちり、しっかりとした味わいのシュークリーム。

 

水曜日の100円シュークリームがいつから始まったか
は知らないのですが、かなり前からのようです。

 

 

blog_import_5153606d2cd9d

「100円シュークリーム」アラボンヌー

 

 

お客さんに「アラボンヌー」を知ってもらいたい
という思いを込めた宣伝として始めましたが

 

最初の頃は、100円シュークリームだけを買いにくるお客さんも
いて採算がとれず、お店としてはなかなか大変だったよう。

 

私たち買う側としては、そのような時期を乗り越えて
今までよくぞ続けてくれましたと感謝をしたいですね。

 

 

150924zeriannin          「ゼリー杏仁」アラボンヌー

 

 

 

4月15日、新宿店オープン

「アラボンヌー」のお店の名が多くの人に広まった今でも
水曜日の100円シュークリームを続けてくれているのは
お店の側からの感謝の気持ちでもあるのでしょうか。

 

そんな「アラボンヌー」ですが、来月の4月15日に
新宿新南口「NEWoMan SHINJUKU」に新店舗をオープン。
地道な努力が着々と美を結んでいるということですね。

 

「以前、チーズケーキを御紹介した『しろたえ
どなたかへの手みやげやプレゼントとして買うケーキ、
『アラボンヌー』は自分のために買うケーキ」

 

そんなこともいわれますが、これからは新宿店も増え
もっと多くの人のお気に入りのケーキになることでしょう。

 

 

150811cheesecakesirotae          「チーズケーキ」しろたえ

 

 

 

「アラボンヌー」といえばタルトフリュイ

「アラボンヌー」のショーウインドウには、いつも季節の
フルーツを使った美しいケーキが15種類ほど並んでいます。

 

フルーツタルトがお得意の「キルフェボン」出身のオーナー
だけあって、「アラボンヌー」といえばなんといっても
やはり「タルトフリュイ」がおすすめでしょうか。

 

季節によって使う果物は変わるようですが、10種類の季節の
フルーツが乗せてあるタルトフリュイは「アラボンヌー」の人気商品。

 

イチゴ、キウイ、マンゴー、パイナップル、オレンジ、
グレープフルーツ、ブルーベリーetc.がパイ生地の上に
ところせましと犇めいているのも楽しい。

 

 

150924tarteauxfruits         「タルトフリュイ」アラボンヌー

 

 

タルトフリュイのパイ生地には、「フィナンシェ」の時に
登場した発酵バターを使用しているそうです。

 

「アラボンヌー」のケーキや焼き菓子は、北海道産の生クリーム、
卵等、吟味された良質の素材を使って、ショーウインドウの
後にあたるお部屋で丁寧に手作りされています。

 

特に私が好きなのは桃のショートケーキ。
写真がなくて申し訳ないのですが
見た目も柔らかな美しさで、お味も最高の一品です。

 

 

150923thiramisu          「ティラミス」アラボンヌ

 

 

写真がない理由は、住んでいるマンションの理事会の後
メンバーの3人で白熱した会議の続きをしていたから。

 

少々頭に血が上っている私たちのテーブルに運ばれて来たのを
見た瞬間、桃のショートの清らかさがまぶしくて
何か自分が悪い人間のような気がしちゃって……。

 

ということで、「アラボンヌー」にはテーブルが2つ
(以前は3つだったとか)置いてあってイートインコーナー
もありますので、お店で頂くこともできますよ。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください