モンタボープレーヌ(新発売の「満月型のミニクロワッサン」)「モンタボー麻布十番本店」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160324montthabor

 

 

満月型のミニクロワッサン

今日も、前回と同じモンタボー麻布十番本店のパン
「モンタボープレーヌ」を御紹介しましょう。
ちょっとコロコロとした形をしていますが、ミニクロワッサンです。

 

「モンタボー(Mont-Thabor)東京麻布十番本店」
〒106-0045 東京都港区麻布十番2丁目3−3 Tel.03-3455-7298
営業時間 8:30〜21:00  年中無休 1月1日休み)

 

前回のサフジュは、クロワッサンのような形をしていましたが
そうではなくて、今日の「モンタボープレーヌ」は丸々として
いますがクロワッサンということなのですね、ややこしいですが。

 

大きさは普通のクロワッサンの半分ほどの長さでしょうか。
今月の初め、2016年3月1日に発売されたばかりのニューフェースです。

 

 

 

クロワッサン・オ・ブール

以前「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」では
「フランスではバターを使うか否かによってクロワッサンの形が違う」
と書いたことがありましたね。

 

バターを使ってあるクロワッサンは
「クロワッサン・オ・ブール(croissant au beurre)」といい
こんな風に両端がまっすぐの菱形をしています。

 

 

12 10 5 kurowasan「クロワッサン・オ・ブール」まっすぐ(菱形)のクロワッサン
(ドミニク・サブロン麻布十番店)

 

 

「クロワッサン・オ・ブール」の「ブール( beurre)」とは
バターの意味ですので、バターで作ったクロワッサン、そのまんま。

 

 

160329kurowassan「クロワッサン・オ・ブール」三日月形のクロワッサン
(成城石井)

 

 

 

クロワッサン・オルディネール

一方、バター以外の油脂で作ったものは
「クロワッサン・オルディネール(croissant ordinaire))」といい
両端が曲がった、いわゆる三日月形をしています。

 

「クロワッサン・オルディネール」の「オルディネール(ordinaire)」
というのは日常の、普通のという意味だそう。

 

ということは、フランスではバター以外の油脂で作られた
クロワッサンが一般的ということなのでしょうか。

 

 

 

「モンタボープレーヌ」はどちらでしょう?

今日のモンタボー麻布十番本店の「モンタボープレーヌ」は
四角っぽいといいますか、コロコロ丸いといいましょうか。

 

クロワッサンとはフランス語で三日月を意味する言葉でしたね。
「『三日月』『半月』『満月』を英語で言うと」

 

この「モンタボープレーヌ(Mont – Thabor  Pleine  lune)」は
「満たす(Pleine)」や「満月((Pleine  Lune)」という言葉から
「モンタボープレーヌ」と名づけられましたようです。

 

 

141008geshhoku4

 

 

それではこのミニクロワッサンは、
「クロワッサン・オ・ブール(バター使用)」なのか
「クロワッサン・オルディネール(バター以外の油脂使用)」か
といいますと……。

 

こちらもまた、前回のサフジュと同様
「スイス産発酵バターとマーガリンを折り込ん」であるそうです。

 

ということは、バターのみではないので
「クロワッサン・オルディネール」でしょうか。

 

 

 

モンタボープレーヌは4種類

このお皿の上には4種類の「モンタボープレーヌ」がのっています。
一番手前にある、プレーンが1つ、その後ろにあるショコラが2つ。
一番後ろの2つがシリアル、そしてブドウの右上の1つがスイート。

 

 

160324montthabor

 

 

プレーン(一番手前の1つ) 79キロカロリー
スイス産発酵バター入りマーガリンが折り込んであります。

 

ショコラ(真ん中に2つ並んだチョコレート色) 75キロカロリー
ビターなカカオが特徴。

 

シリアル(一番奥に2つ並んだ) 80キロカロリー
穀物が入っています。

 

スイート(ブドウの右上の1つ) 87キロカロリー
ほのかにオレンジが香ります。

 

 

 

塩、小麦粉へのこだわり(油脂は?)

モンタボーのサイトには、素材へのこだわりとして塩と小麦について
書かれていますがそれによりますと、お塩はきれいな海水として
有名な長崎五島灘の海水からできた、ミネラル分豊富な塩を使用し、

 

小麦粉は、国内産やフランス産の数種類の最高級厳選小麦
を吟味して使用しているとのことでした。

 

「モンタボープレーヌ」も「サフジュ」と同様、「スイス産発酵バター
入りマーガリン」を使用しているとのことですが、素材のこだわりの
欄にはバターやその他の油脂の記載はありませんでした。

 

 

komekodaizuko

 

 

「サフジュ」と「モンタボープレーヌ」以外のパンも調べてみた
のですが、バターやその他の油脂、マーガリンに関する記述は
見つからないようです。(2016年3月30日現在)

 

私が「サフジュ」に感じた味の意外感、期待と違っていた
理由は、この油脂に関する部分が大きいような気もします。

 

私はバターが特に好きというわけではないのですが
マーガリンの風味がかなり苦手なので、残念ながら
モンタボーの味は向いてないのかもしれませんね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.