光沢剤? ストロベリーチョコレートCUBIE「明治製菓」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160324meijicubie

 

 

お皿の上にあるのが1袋分

何の気なしに麻布の「まいばすけっと」で手にした
明治の「ストロベリーチョコレートCUBIE」。
1袋に28グラム入リで、この写真で1袋全部です。

 

1袋、28グラムで166キロカロリーで、その他には
たんぱく質 1,6グラム、 脂質 11.3グラム、
炭水化物 14.6グラム、  ナトリウム 16ミリグラム。

 

原材料名は
砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス。乳糖、ココアバター、いちご
パウダー、クリーミングパウダー、脱脂粉乳、還元水あめ、りんご
パウダー、乳化剤、トレハロース、香料、光沢剤、酸味料、紅麹色素。

 

 

160324cubie       明治「ストロベリーチョコレートCUBIE」

 

 

袋に「折りたたんで持ちやすい」ということと
「手につきにくい コーティングタイプ」と書いてありました。

 

「手につきにくい」はまあいいですが
「折りたたんで持ちやすい」にはちょっと笑ってしまいました。
見ればわかりますよね、ぐふふ。

 

 

 

光沢剤って?

さてさて、ここまでは笑っていたのですが原材料名の中に
あった「光沢剤」という文字がちょっと気になりました。
これって、何ですねん?

 

 

160324meijicubie       ストロベリーチョコレートCUBIE「明治」

 

 

写真でもストロベリーチョコレートCUBIEが、ツヤツヤぴかぴか
しているのがおわかりだと思いますが、実際の手触りも普通の
チョコレートとは違ってワックスがけをしたキューブみたいでした。

 

確かにこのツヤピカのワックスのようなものがあるので
袋の中でチョコレート同士がくっついてしまうこともなく
手で持った時に熱で溶けてしまうことがないのでしょう。

 

 

 

光沢剤は食品添加物の一種

そういえばフルーツには光沢剤はよく使われていますね。
光沢剤という言葉自体に、ちょっとインパクトあり過ぎの
感がしますが、要はつや出しということ。

 

 

140415siranui450              デコポン

 

 

光沢剤は食品添加物の一種で、湿気等から食品を保護したり、反対に
食品から水分の蒸発を防ぐ役目を果たすために、食品の表面に皮膜を
作って保護し光沢を与える目的で使用されるものだということです。

 

オレンジのような柑橘類やリンゴなどにも光沢剤が使われて
いますが、今まで私は見栄えのために使用されていると思って
いたのですが、水分の蒸発を防ぐ役割も担っていたのですね。

 

光沢剤を原料の違いから分類しますとおおまかに次の4つになります。
1 植物性、2 動物性、3 鉱物性のワックス、4 樹脂類

 

 

141125hujiakibae        リンゴ 左が「秋映え」 右が「フジ」

 

 

 

光沢剤の種類

1 植物性 カルナウバロウなど
カルナウバヤシという木の葉の葉柄から抽出する固形ワックス
で、淡黄色から淡褐色をした植物性のロウです。

 

カルナウバロウは植物性のワックスの中でも融点が高く
夏の暑い時期でも軟化しないのが特徴。

 

口紅のような化粧品、脱毛用のワックス、
またサプリメントの錠剤を成形するのにも使われています。

 

 

shuyounohanatohati       リンゴ(秋陽)の花の蜜を吸っているハチ

 

 

 

2 動物性 ミツロウ(蜜蝋)など
蜜蝋はビーズワックス(Beeswax)ともいい、化粧品を自分で
手作りしている人にはおなじみのものですね。
ミツバチ(働き蜂)の巣の材料を精製したもの。

 

働き蜂の鑞分泌腺から分泌された時点では透明ですが
巣を作り使用している過程で花粉やプロポリス、幼虫の繭、
排泄物等が付着して黄色っぽくなります。

 

化粧品、ロウソク、あるいは整形外科手術などで切除した
骨の断面に詰めるというように医療にも使われています。

 

その他には、ガム、クレヨン、接着剤、
リトグラフ、ろうけつ染めにも利用されます。

 

 

blog_import_515365d179651         このナスにも使われているのかな?

 

 

 

3 鉱物性のワックス マイクロクリスタンワックスなど
石油由来のワックスを使うようになったのは19世紀後半からと
歴史は浅いものの、今では最も多く使われているワックスです。

 

石油の精製から生まれる炭化水素で、ワセリンの仲間。
結合剤、増量剤、乳化安定剤として化粧品に使われています。

 

石油由来のワックスは安定供給が可能な上、品質も一定して
純度が優れているため、医療品はほぼ100パーセントが
石油系のワックスを使用しています。

 

 

shellacラックカイガラムシ由来の光沢剤「シェラック」

 

 

 

4 樹脂類 シェラックなど
シェラック(:shellac)とは、ラックカイガラムシ(Laccifer lacca)
や、それに近い種類のカイガラムシの体全体を覆っている
樹脂状の物質を精製したもので、セラックともいいます。

 

カイガラムシは植物の汁を吸って生きている、吸汁性害虫
ですが、吸った植物の汁には糖が多く含まれているので
その過剰摂取を避けるために糖を排出しています。

 

これを「甘露」といい、これに排泄物が混じりあった
ものをカイガラムシは体にコーティングしているのです。
「虫体被覆物(ちゅうたいひふくぶつ)」というそうです。

 

体表に鑞のようなコーティングがあるために、カイガラムシ
には薬剤が効きにくく、駆除が厄介だともいわれています。

 

 

kaigaramushiカイガラムシのついた葉っぱ(イラスト/「ペタDeco工房」

 

 

 

世界中どこにでもいる虫

これを知って、ふ〜ん、世の中には体に鎧のような膜をつけている
虫がいるなんておもしろいなあ、こんなに珍しい虫を知ることが
できるのもブログをやっていたおかげ、などと思ったのですが。

 

このカイガラムシ、ちっとも珍しい虫ではないようです。
世界中に分布していて、植物がある所なら必ずいる
というほどありふれた虫なのだとか。

 

カイガラムシについての情報を読んでいる時、排出物の「甘露」
が植物の葉につくとべとべとして云々、という所で気づきました。
昔、家にあった2メートル近い観葉植物の鉢植えにもいたのかも……。

 

葉の部分がべとべとして不思議だなぁと思っていましたが。
もしかしたらうちにもいたのかもしれませんね、カイガラムシ。

 

 

76fadb7edf2aa097aaa2d04d8097b755        シェラックが塗装されているヴァイオリン

 

 

などとカイガラムシに寄り道をしてしまいましたが
カイガラムシの中のラックカイガラムシの体を覆っている物質を
精製したものが光沢剤として使われているわけです。

 

医薬品の錠剤やフルーツの表面のワックスとして、
またチョコレートボールや天津甘栗などの食品にも使用しています。

 

おもしろいところでは、ヴァイオリンやチェロ
などの弦楽器もシェラックで塗装しているのだとか。

 

なおラッカー塗装などとよく聞きますが
これはラックカイガラムシからきている言葉だそうです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す