クレームブリュレ「ザ・ガーデン」六本木 国際文化会館 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160409cremebrelee2

 

 

眺めの良い「ザ・ガーデン」

前回、御紹介した六本木(麻布十番)にある「国際文化会館」には
レストラン「SAKURA」とティーラウンジ「ザ・ガーデン」があります。

 

庭園の池に釣おろしたように池に張り出している、釣殿風の
レストラン「SAKURA」はこの写真の右側に写っている建物です。

 

 

160409kokusaibunkakaikan2   右側が城山三郎がお気に入りだったレストラン「SAKURA」

 

 

一方、ティーラウンジ「ザ・ガーデン」の方は「国際文化会館」の
入口を入って左側、レストラン「SAKURA」の反対側にあり
庭園の全体を見渡せるすばらしいロケーション。

 

どのお席からでも良い景色が眺められますが
建物の外にはテラス席もあり、こちらは「国際文化会館」の
入口からは真正面の位置にあたり最高の眺めです。

 

次の写真で右側に見えているテーブルがそのテラス席。
この日は少々風もあったので私は室内の席にしましたが
テラス席を楽しんでいる人もいましたよ。

 

 

160409cremebrulee      右に見えるのは「ザ・ガーデン」のテラス席

 

 

ちなみにテラス席を写した写真( ↑ )は、私の席から
右側をみたもので、正面を見た写真がこちら( ↓ )です。

 

 

160409cremebrele2      三方向、美しい庭園が見える「ザ・ガーデン」

 

 

ねっ?、どちらを見ても美しいお庭が見えるでしょ。
庭園に囲まれた贅沢な空間のティーラウンジ「ザ・ガーデン」。

 

 

 

「春の雪」桜の花びらの華麗な舞姿

その日は少々風の強かったのですが、風が巻き起こりますと
桜の花びらが一斉に左の方に流されるように飛んで行きました。

 

上下ではなく右から左へ流れるような、時には左上に吹き上がる
こともある桜の舞は一瞬ではなく数秒は続いていたように思います。

 

前の席が空いていたこともありますが
あまりの美しさに私は思わず窓辺にかけよってしまったほど。

 

 

140510sakura

 

 

以前、私は和泉式部の大好きな歌
「花さそう春の嵐は秋風の 身にしむよりもあわれなりけり」
を御紹介したことがありました。

 

ですが、今日の風に誘われて舞っている桜の花びらは
それとも少し異なってただただ美しく、ため息をつくばかり。

 

吉田兼好の『徒然草』の有名な一文、
「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは」ではありませんが、

 

今日はもう桜を見るには少々遅いかもと思って
来てみたのですが、もしかしたら「花の盛り」よりも
もっと美しいものを見ることができたのかもしれません。

 

 

 

「クリームブリュレ」は間違いよ

さてさて桜に見とれていないで注文ですが、何にしましょうか。
今回私が訪れたのはティータイムの時間でしたので「ザ・ガーデン」
おすすめのデザート「クレームブリュレ」をお願いしてみました。

 

「クームブリュレ」の「レ」を「リ」、「クームブリュレ」
と書いてあるものも多いのですが、正しくは「クレームブリュレ」です。
「クリーム」は英語で、「クレーム」はフランス語。

 

「クレーム」に続く「ブリュレ」がフランス語の
「焦がす」の意味ですので、「クレーム」と発音して
「クレームブリュレ」が正しいでしょう。

 

 

140510purin        こちらは「サンデーブランチ」のプリン

 

 

 

プリンより数段、濃厚な味わい

ということで「クレームブリュレ( Crème brûlée)」は
フランス語で「焦がしたクリーム」。
その名の通り、表面のお砂糖がカタカタとして焦げていますね。

 

「クレームブリュレ」は見た目も、また味もプリンに
似ていますがプリンよりかなり濃厚です。

 

 

160409cremebrelee2     「クレームブリュレ」ザ・ガーデン「国際文化会館」

 

 

プリンは、牛乳に卵にお砂糖やバニラなどを加えて作りますが
「クレームブリュレ」の材料は、牛乳ではなくクリーム、
卵(全卵)ではなく卵黄のみを使用しています。

 

それらの材料をオーブンに入れて焼くところまではプリンと同じですが
「クレームブリュレ」は出来上がって冷やした後、表面にグラニュー糖、
粉糖をふりバーナー(orオーブンの上火)でカラメル色に焦がします。

 

 

 

アメリも好きな「クレームブリュレ」割り

ですから「クレームブリュレ」の表面を「かたい」と表現して
しまうとちょっと違うのですが、それでも少しパリッとしています。
ここに最初のスプーンを入れるのが、また楽しい!

 

などと思っていましたらそういう人、いるのだそうです。
私は見たことがないのですが、映画「アメリ」の主人公のアメリさん。
彼女のマイブームは「クレームブリュレ」の表面を割ることなのだとか。

 

 

130222kaisaji

 

 

割るとそこから幸せの一歩が始まる予感がするということですが
む〜ん、そんなに文学的ではなく即物的な私は
おいしさの予感でしょうか?、まあ、おいしさも幸せですが。

 

 

 

ザ・ガーデンおすすめの「クレームブリュレ」

「国際文化会館」オススメのデザートだけあって
こちらの「クレームブリュレ」はとっても美味でした。

 

私はこの分量でしたら(少ないでしょ?)自慢では
ありませんが(?)、軽く一気にいってしまえる量。

 

ではあるのですが今回、「クレームブリュレ」を
一口スプーンで口にしたとたん、

 

 

130222supun

 

 

「うわ〜っ、ちょっと、ちょっと待って!
少し味わう時間が欲しい」
と舌が言っているような気さえするほどの深い味わい。

 

私にしては久しぶりに、時間をかけていただいた
デザートだったのでございます。
また、食べたい……。

 




スポンサードリンク



コメントを残す