ジャンドゥーヤって? 「ミルフィユ」横浜フランセ

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150421mirufiyuyokhama

 

 

横浜フランセの「ミルフィユ」

前回、御紹介したスイスデリの「フイユオーブル」の
「フイユ」がフランス語の「葉」という意味でしたので
葉っぱつながりで、今日は「ミルフィユ」取り上げましょう。

 

最初の写真はかなり前に頂いた横浜フランセの「ミルフィユ」。
次の写真で左に見えるピンク色のものはキャラメルです。

 

パイの間にキャラメルクリームが挟んであり、外側は
ミルクチョコレートでコーティングしてあります。

 

 

150421millefeuille    ミルフィユ「キャラメルジャンドゥーヤショコラ

 

 

真ん中の白い「ミルフィユ」はジャンドゥーヤ
ヘーゼルナッツとアーモンドのクリームサンドしたものを
ホワイトチョコレートでコーティングしたものです。

 

そして左の藤色のパッケージはショコラ
ココア味のパイで、カカオ風味の豊かなチョコレートクリームを
サンドしてあり、コーティングはスイートチョコレートです。

 

上の写真では「キャラメルジャンドゥーヤショコラ」の並び順で
下の写真ですと「ジャンドゥーヤ
    ショコラ  キャラメル」になります。

 

 

150421mikkefeuillesenbikiya横浜フランセのミルフィユ「ジャンドゥーヤ
ショコラ キャラメル

 

 

 

「ジャンドゥーヤ」って何?

白いパッケージの「ジャンドゥーヤ」という名前ですが
「ジャンドゥーヤ」とは何かといいますと
イタリア語で「gianduja」や「gianduia」と書き、

 

焙煎したヘーゼルナッツやアーモンドなどのナッツ類のペーストと
チョコレートを混ぜたイタリアのチョコレートのことだそうです。

 

とききますとジャンドゥーヤという名前は知らなくても
今までどこかで絶対に口にしていたはずですよね。

 

 

amondo             アーモンドの実

 

 

 

ラグジュアリー製品協会の会員企業

ジャンドゥーヤを初めて作ったのはカファレル社(CAFFAREL)です。
1826年、ピエール・ポール・カファレルによって創業された
イタリアのチョコレート業界の老舗。

 

カファレル社はイタリアのトップブランドのみが加入できるイタリア・
ラグジュアリー製品協会(Altagamma)の会員企業でもあります。

 

他のAltagamma会員企業といいますと、フェンディ、フェラガモ、
ベルサーチ、マックスマーラ、フェラーリ、カッシーナなどで
あらあらあらというほど(?)日本でも有名な会社ばかりですね。

 

 

kakaonohana              カカオの花

 

 

 

最初にアルミホイルで包んだのも

カファレル社のチョコレートは、2006年のトリノでの冬季オリンピック
大会や、世界三大オペラ座の一つであるミラノ・スカラ座の
オフィシャルチョコレートとしても採用されています。

 

トリノ市内の名だたるカフェ、パスティッチェリーエ、
バールのほとんどのお店には、カファレル社のチョコレートを
使用したオリジナルメニューがあるといいます。

 

カファレル社のジャンドゥーヤは古くから王侯貴族に愛されてきました。
現在、私たちが普通に見るアルミホイルに包まれたチョコレート
ですが、これもカファレル社が最初に始めたことだそうですよ。

 

 

ded48efe-s               カカオの実

 

 

 

ピエモンテ州ランゲ地方のヘーゼルナッツ使用

カファレル社の創業は1826年ですが
ジャンドゥーヤができたのは1852年のことでした。

 

ナポレオン政権下、戦争によるカカオ不足を補うためカファレル社では
ヘーゼルナッツを加えて小舟のような形のチョコレートを作ります。
これがジャンドゥーヤ(ジャンドゥイオッティ)でした。

 

うん?、このような話を以前もしたような……、
と思いましたら、同じイタリアはピエモンテ州のアルバにある
フェレロの「フィレロロシェ」もそうでしたよね。

 

ただしカファレル社の「ジャンドゥーヤ」の方が100年ほど前にできて
いますので、戦争によるカカオ不足というのは同じですが別の戦争です。

 

現在も人気のジャンドゥーヤは、ピエモンテ州ランゲ地方産の最高級品の
ヘーゼルナッツを28%配合し、チョコレートの原料であるカカオ豆も
中央アメリカとアフリカ諸国の選りすぐりのものを使用しています。

 

 

140510hezerynattu             ヘーゼルナッツ

 

 

 

成形方式をとらず、乳化剤も不使用

こだわっているのは原材料だけではありません。
滑らかでとろけるような舌触りを楽しめるよう、型に入れて
チョコレートを固める方法ではなく、絞り出して形成しています。

 

以前は全て人の手で絞り出していましたが
1968年からはそれを再現できる機械を開発して導入。
しかし絞り出し方法であることは変わっていません。

 

その上、多くのチョコレートには乳化、ブルーミングを防ぐために
使われている乳化剤も、ジャンドゥーヤには使われていないそうです。

 

 

 

ブルーミング現象

ブルーミング現象というのは、急激な温度差によってチョコレートの
ココアバター成分が表面に浮き出たのちに冷えて固まると
表面が白っぽくなってしまうことをいいます。

 

 

kakaobata              ココアバター

 

 

以前、私はアーモンドチョコレートボールを数箱、一度に購入
した時に全てのチョコレートボールの表面に白っぽい円形の
模様が浮き出たようについていたことがありました。

 

これは安全面では問題はないようですが
味としてはかなり落ちてしまいます。

 

それを避けるために乳化剤が使用されるようですが
カファレル社のジャンドゥーヤには使用されていないとのこと。

 

ということですので、保存は直射日光、高温多湿を避けた
涼しい場所(15℃〜18℃)に保存した方がよさそうです。
なお、湿度は55パーセント位が理想だとか。

 

まるで人間と一緒という気もしますが
おいしいものを頂くにはそれなりの注意が必要なのでしょう。
チョコレートもデリケートに扱わなくてはね。

 

 

almond             アーモンドの花

 

 

 

昔の名前は「ジヴー」だった!

最後に「ジャンドゥーヤ」という名前の由来を。
ジャンドゥーヤは最初「ジヴー」という名前だったそうです。
ジヴーとはピエモンテの方言で残片を意味する言葉。

 

ところが1865年、トリノのカーニバルでトリノ・ピエモンテ州を
象徴するキャラクターであるジャンドゥーヤがジヴーを紹介しました。
それからジヴーはジャンドゥーヤと呼ばれるようになったそうです。

 

ジャンドゥーヤはお酒飲みの美食家で、歌劇の人気キャラクター
ということを読んで、私は「何の歌劇だろう?」と
興味をひかれて調べてみたのですが一向にわかりません。

 

 

brand01_img07         ジャンドゥーヤ(「カファレル社」)

 

 

すると、私よりははるかにオペラに詳しく教養のある方が同じように
悩まれたようで、その方の推察ですと「コンメディア・デッラルテ」
という即興演劇の一つではないかということでした。
「La mia Tasca-マスケロンのポケット-」

 

16世紀中頃にイタリア北部で作られ、現在でも上演されている
即興演劇の一形態だそうで、正確にはオベラオの前身だそう。
あ〜、すっきりして嬉しいなぁ!

 

別にわかったからといって、そのオペラなら知っている、というわけでも
ないのですが、それでも一応の答えがわかると気持ちいいものですね。
ではではお祝いに、おいしいミルフィユでも頂きましょうか。

 




スポンサードリンク



コメントを残す