凮月堂「ゴーフル」の誕生 Wikipediaの2つの発祥説への疑問 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140830hugetudosabure

 

 

ゴーフルはどの「凮月堂」で作られたのか?

凮月堂といえばゴーフルというほど「ゴーフル」は看板商品ですね。
フランス語で「蜂の巣」を意味する「ゴーフル(Gaifres)」と名づけ
られたのは、蜂の巣のような形がついた鉄板に挟んで焼いたからだそう。

 

それではこのゴーフルは、前回お話ししたいくつかの「凮月堂」
の うち、どの「凮月堂」が作り出したものなのでしょうか?

 

調べてみますと一つの「凮月堂」がつくったものではなく、凮月堂一門
で研究、開発し昭和の初期から発売したお菓子ということのようでした。

 

「凮月堂」はのれん分けをしたお店が、新年に凮月堂総本店に
一堂に会する行事もあり、一門が協力して「凮月堂」をもりたてて
いたようですのでゴーフルもそのように作られたのでしょう。

 

 

hugetudorogo

 

 

 

Wikipediaの「関東説」と「関西説」

ところがWikipediaでは、ゴーフルの誕生に際しては関東でできた
という説と、関西説の2つがあると併記されています(2016年5月)。

 

確かに現在の凮月堂のサイトを見ますと
そのように思えなくもないのですが。

 

ですがそれぞれの凮月堂のサイト、及び過去にネットに記載されていた
「風月堂社史」を見ますとWikipedia で関西説と呼んでいるものも
やはり関東説の中に含まれ、一つであるようにも思えるのです。

 

 

140830sabure         「ミニゴーフル」神戸凮月堂

 

 

 

3つの凮月堂のサイトでの表記

ここで現在の3つの凮月堂のサイトのゴーフルに
関しての記載を簡単にまとめてみましょう。

 

上野凮月堂(「ゴーフル誕生秘話」)——Wiki.の東京説
カルルス煎餅をもとにゴーフルをつくりだしたことが
当時の工場長の事細かな数十枚に及ぶ手記に残されています。

 

そこには昭和の初め頃は、凮月堂一門で新商品の研究開発をし
昭和4年10月にはゴーフルが販売されたとの記述が見えます。

 

東京凮月堂(「凮月堂の歴史 沿革」
昭和2年、1927年 米津凮月堂がゴーフルを考案、販売を開始。

 

神戸凮月堂(「ゴーフル物語」)——Wiki.の関西説
大正15年(1926)頃にお客様がフランスから持ち帰った焼き菓子をもと
に研究し、昭和2年、1927年から発売にこぎつけたと記載されています。

 

 

160503hugetudooguramatya        「小倉抹茶ケーキ」東京凮月堂

 

 

 

ゴーフルの誕生秘話(上野凮月堂

上でまとめたものを少々詳しく見てみましょう。
まずは上野凮月堂、そして神戸凮月堂の順。
東京凮月堂に関しては、上述の記載のみですので省略します。

 

ゴーフルの誕生以前の明治期に、凮月堂一門では炭酸せんべいの
原型ともいう「カルルス煎餅」を販売していました。

 

カルルス煎餅を焼いていた煎餅担当の人が、見本用に何十もの
煎餅を焼いては届け、焼いては届けを繰り返しましたが
当時の責任者の米津恒次郎のOKはなかなか出ません。

 

日清製粉と日本製粉の粉の全製品を取り寄せて、次々と焼いた後、
色の黒い、麦を主体にしたそば、うどん用の中力粉で作ってみました。

 

するとそれは口溶けも、歯触りもよいということで合格。
そのおせんべいにクリームを挟んだゴーフルがここに誕生したのです。

 

 

150924tansansenbei    ゴーフルのもととなったカルルス煎餅(炭酸せんべい)

 

 

 

ゴーフルの前身「カルルス煎餅」

ゴーフルのもととなったカルルス煎餅ですが
これを凮月堂で作るようになった経緯は次のようなものです。

 

明治20(1887)年、医科大学学長だった三宅秀がヨーロッパから
持ち帰ったカルルス煎餅をもとにして、米津松造が試作をしました。

 

カルルス煎餅の試作品を口にした三宅秀は
「ヨーロッパの本物にも劣らぬ程の上出来」と賞賛したということです。

 

(なお米津松造は、凮月堂の初ののれんわけをされた「米津凮月堂」
の店主であり、神戸凮月堂は米津凮月堂からのれんわけをされたお店。
またゴーフルの誕生に関わった米津恒次郎は松造の次男です)

 

 

*          1905年 上野凮月堂
*                  |
凮月堂総本店————————————————————1950年代休業
    |
    |(のれんわけ)
   1872年 米津凮月堂 → 東京凮月堂(経営破綻により)——
          |
          |(のれんわけ)
        神戸凮月堂、長野凮月堂、甲府凮月堂——————
*        1897年

 

 

 

ゴーフル物語(神戸凮月堂)

この上野凮月堂のカルルス煎餅が出来た話とほとんど同じような話が
現在の神戸凮月堂のサイトに「ゴーフルの物語」として載っています。
要約しますと次のようになります。

 

「大正15年、1926年頃にヨーロッパから持ち帰ったフランスの
焼き菓子を持参したお客様の『日本でもつくってみてはどうか』という
言葉からゴーフル開発が始まり、発売されたのは昭和2年、1927年」

 

 

140830hugetudo         「ミニゴーフル」神戸凮月堂

 

 

 

東京凮月堂と神戸凮月堂は同時期に発売

先ほど記載した上野凮月堂のサイトの「ゴーフル誕生秘話」で
ダメ出しをしていた米津恒次郎は、当時は一門で一緒に開発していた
とはいえ米津凮月堂(後の東京凮月堂)の所属です。

 

試行錯誤してゴーフルを完成させ販売したのは昭和4年10月と
上野凮月堂のサイトには書いてありますが、一方、東京凮月堂
(当時は米津凮月堂)の方は昭和2年と記載されています。

 

つまり神戸凮月堂と 東京凮月堂(米津凮月堂)は
同じ時期に発売した、とそれぞれのサイトに書かれているのです。

 

 

rosenthamagicflute140602teacup

 

 

 

ゴーフルが出来る前後

 

1887(明治20)年  米津松造がカルルス煎餅を試作

 

1889(明治22)年  米津松造の二男、恒次郎が留学から帰国
          日本人で初めて本格的フランス料理を修め、
          ウエハース、マシュマロ、サブレ、ワッフル、
          英国式の重厚なフルーツケーキ、カルルス煎餅
          など日本になかったお菓子の最新技術を持ち帰る

 

1927(昭和2)年    東京凮月堂(米津凮月堂)ゴーフル発売
          神戸凮月堂      〃

 

(上野凮月堂のサイトでは)
1929(昭和4)年   凮月堂一門、ゴーフルを販売

 

 

140830hugetudosabure         「ミニゴーフル」神戸凮月堂

 

 

 

_

ゴーフルの発祥地は1つ、2つ?

前回、凮月堂という店名は松平定信から賜ったということを書きました。
これは上野凮月堂、東京凮月堂、神戸凮月堂の
全てのサイトにそれぞれ記載されていることです。

 

それと同じように各サイトが、同じゴーフル誕生の話を
別の角度から載せているのではないでしょうか?

 

確かにゴーフル誕生直前の1923(大正12)年には関東大震災があり
凮月堂総本店及び米津凮月堂(東京凮月堂)は罹災しましたので
神戸凮月堂がゴーフルの開発に力を入れられたのかもしれません。

 

ですがそれを秘密にしたので、凮月堂総本店をはじめとする
米津凮月堂(東京凮月堂)、上野凮月堂の関東勢が力を併せて別に
ゴーフルを作り出しとということは少々考えづらい気もします。

 

この凮月堂の、のれんわけ図を見てもおわかりのように
神戸凮月堂は、総本店ののれんわけをした米津凮月堂から
またのれん分けをしてもらったお店。

 

 

*          1905年 上野凮月堂
*                  |
凮月堂総本店————————————————————1950年代休業
    |
    |(のれんわけ)
   1872年 米津凮月堂 → 東京凮月堂(経営破綻により)——
          |
          |(のれんわけ)
        神戸凮月堂、長野凮月堂、甲府凮月堂——————
*        1897年

 

 

関東大震災で総本店と米津凮月堂のお店が倒壊した災難の後に
自分たちで開発したゴーフルの製法を秘密にする、
などということはあり得ないでしょう。

 

しかも、発売時期が神戸凮月堂と米津凮月堂(東京凮月堂)が
同じである事から考えても不自然です。

 

ゴーフルの誕生は一つであるように思えるのですが
皆さんはどのように思われるでしょうか?

 

なお、Wikipedia  にはこのような記載もありました。
「戦前、凮月堂一門は互いに協力して商品の開発や、製造、販売を
行っており、ゴーフルは凮月堂一門に共有されていたが、戦後
ゴーフルの類似品が氾濫した為、神戸凮月堂が商標を出願した」と。

 

1952(昭和27)年、特許庁に「ゴーフルの商標と意匠の登録」を出願、
1953(昭和28)年、商標の権利を取得

 

 

140411rosenthalmagicfluteteapot

 

 

 

各凮月堂でのゴーフルの呼び方

上野凮月堂  「ゴーフル(Gaufres)」
      小さいもの「プチゴーフル(Petites  Gaufres)」

 

東京凮月堂  「ゴーフル(Gaiefres)」
      小さいもの「ゴーフレット(Gaufrettes)」

 

神戸凮月堂  「ゴーフル(Gaufres)」
      小さいもの「プティーゴーフル(Petites  Gaufres)」
        〃  「ミニゴーフル(Mini  Gaufres)」

 

 

121022hue

 

 

 

私と「凮月堂」のゴーフル

と今日は、随分長い記事になってしまってごめんなさい。
ここまで読んで下さった方がいらしたら、ありがとうございます!
長くなりついでといっては何ですが、私のゴーフルの思い出をちょっと。

 

大昔の学生時代、合宿で沖縄の久米島に行ったことがありました。
大学でファゴットを教えていらっしゃるM田先生一門の合宿でした。

 

中には私のようにM田先生の弟子でもなくファゴットもできない数名が
紛れ込んでいましたが、M田ファミリーは優しく受け入れてくれました。

 

M田先生はいつものようにお菓子と、奥様が作られたお料理を持ってきて
下さったのですが、そのお菓子が上野凮月堂のゴーフルだったのです。

 

M田先生は上野、池袋と国立にある大学の教授をしていらしたの
上野凮月堂で買われたのでしょうか。
もちろん、奥様が用意されたのかもしれません。

 

ですが何故か私には、合宿中もその他の時もそうであったように
弟子たちの誰よりも気を遣い動いていらしたM田先生が
自ら上野の凮月堂で買われたような気がしてならないのです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください