炭酸せんべい(カルルス煎餅)「有馬せんべい本舗」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150924tansansenbei

 

 

カルルス煎餅=炭酸せんべい

前回「ゴーフル」をとりあげた時に、ゴーフルのもととなった
お菓子がカルルス煎餅だということを知りました。

 

カルルス煎餅とは「炭酸せんべい」のこと。
地方によっては「鉱泉せんべい」ともいうようです。

 

私は以前から「炭酸せんべい」と聞くたびに不思議な気がしていました。
私にとって炭酸とはシュワシュワシュワとなるこれ( ↓ )だからです。

 

 

120831suntryiso

 

 

これがどうして、おせんべいなの?
と単細胞かつ科学に弱い私は思っていたのです。

 

 

 

原材料の一つに温泉の炭酸泉水を使用

「炭酸せんべい」の材料の一つ、鉱泉と認定され、飲むことも可能と
認められた炭酸水が使われているから「炭酸せんべい」というのですね。

 

今日の「炭酸せんべい」の原材料を見てみますと
小麦粉、砂糖、澱粉、塩、炭酸泉、重曹となっています。

 

 

150924tansansenbei         「炭酸せんべい」有馬せんべい本舗

 

 

小麦粉等をあわせたものに温泉の炭酸泉水を加えて型を使って焼きます。
作っているのは神戸市北区有馬町の株式会社 有馬せんべい本舗。
有馬温泉の炭酸泉水を使っています。

 

 

 

誰も近寄らない「毒水」?

「炭酸せんべい」に使われている有馬温泉の炭酸泉ですが
1873(明治6)年に鉱泉と確認する以前、人々は「毒水」と
呼んで近づくこともなかったといいますから驚きです。

 

けれど、ここでまた疑問が……。
有馬温泉は日本三古湯の一つで
枕草子でも三名泉に数えられていますよね。

 

少し前にブログでとりあげた後白河法皇と建春門院が
1176(安元2)に行ったとの記録も残っていますが
毒水と呼んで近づくこともなかったということとは矛盾します。

 

その理由は、有馬温泉には泉源が4つほどあるそうで
そのうちの1つが先ほどの炭酸泉でしたが、他の3つは1300年以上
もの歴史がある日本最古の温泉として親しまれていたのです。

 

 

blog_import_5153659f60087          静岡のマスクメロンサイダー

 

 

 

炭酸泉が生んだもう一つのものは「サイダー」

しかし毒水と恐れられていた泉源も1875(明治8)年には、飲むことも
また浴用にも適する天然の炭酸水であると判定されました。

 

地元の有志により泉水が雨露を防ぎながら気泡が発生するように泉脈を
導き、絶えず湧き出るように整備されたのが1886(明治19)年のこと。

 

1901(明治34)年には炭酸水を利用して日本初のサイダーが作られ
ましたが、残念なことに製造は1926(大正15)年で終わっています。

 

 

 

水と炭酸泉水の違い

炭酸水はすぐシュワシュワが消えてしまうようにも思えるのですが
おせんべいにそのような炭酸水を使うメリットとは何なのでしょう?

 

実は「炭酸せんべい」に炭酸泉を使った場合は、水で作った
おせんべいとは全く異なる仕上がりになるのだとか。

 

炭酸泉を使わないとおせんべいが固くなり、色も焦げ茶色のような
濃い色になってしまうようで、シュワシュワの気泡は
おせんべいに成型してもきちんと働いているのですね。

 

 

effervescence_3

 

 

 

各地で様々な名前で

今回は有馬温泉の炭酸泉で作られる「炭酸せんべい」を御紹介
しましたが、もちろん他の温泉でも同様のものが作られています。

 

同じ兵庫県の豊岡市の城崎温泉、宝塚市の宝塚温泉は
「炭酸せんべい」と呼んでいますが、

 

愛媛県の道後温泉では「温泉煎餅」、
三重県の榊原温泉では「七栗せんべい」、
長崎県の雲仙温泉は「湯せんべい」、
群馬県の磯辺温泉は「磯辺せんべい」というようです。

 

 

 

カルルスとは地名のカルルスバードから

次の写真は、チェコの温泉地で売られている焼菓子
(Lázeňská oplatka)で、これが日本でカルルス煎餅と呼ばれるものです。

 

Karlsbader-Oblate         カルルスバードで売られている煎餅

 

 

これが売られていたのはチェコ・ボヘミアの西部にある
世界的に有名な温泉地カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)。

 

カルロヴィ・ヴァリのドイツ名が「Karlsbad, Carlsbad
(カルルスバード)」であることからカルルス煎餅と名づけられました。

 

カルロヴィ・ヴァリは地理的にはチェコですが
この焼き菓子を作ったのはドイツ系の人々だったそうです。

 

このカルルス煎餅がいつ日本に入ってきたのかといいますと
前回の「ゴーフル」の時に凮月堂社史にこのような記載がありました。

 

「1889(明治22)年、米津恒次郎が留学から帰国。
日本人で初めて本格的フランス料理を修め、ウエハース、マシュマロ、
サブレ、ワッフル、英国式の重厚なフルーツケーキ、カルルス煎餅
など日本になかったお菓子の最新技術を持ち帰る」

 

 

140830hugetudosabure       凮月堂ではカルルス煎餅は「ゴーフル」へ

 

 

ということは凮月堂は初めてカルルス煎餅を
日本で作ったといってもいいのでしょうか?

 

有馬温泉での「炭酸せんべい」作りの歴史を見ましても
1889年以降のようですから、東京から広まって行ったカルルス煎餅が
各地の温泉地で「炭酸せんべい」になっていったのかもしれませんね。

 

なお、「炭酸せんべい」の材料である小麦粉小麦粉、砂糖は
当時は高級品扱いであったことや、消化に良いということもあり
日本にいる外国人向けや、病人や赤ちゃんに用いられたようですよ。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください