黒米(古代米)は日本のお米のルーツ

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160524kurogomegohan

 

 

「くろごめ」ではなく「くろまい」

最近は酵素玄米を作り始めたこともあって、遅ればせながらお米再発見
という状態ですので、今日は黒米の御紹介をさせていただきましょう。

 

私は「黒米」は「くろごめ」と読むのだと思っていたのですが
それも間違いではないものの「くろまい」の方が一般的な読み方のよう。

 

「黒米」はイネの原種といわれる古代米の一種で
「紫黒米(しこくまい)」、「紫米(むらさきまい)」ともいいます。

 

 

 

「黒米」「赤米」「緑米」

以前、このブログで紹介したことのあるファミリーマートの
こだわり工房の「黒米とクランベリーのパン」
私は初めて「黒米」という存在を知りました。

 

 

121127kurogome「黒米とクランベリーのパン」こだわり工房

 

 

御覧の通り、「黒米」が主体ではなく「黒米」も入っている
という程度ではありますが、適度なプツプツ感も美味しかったので
いつかは「黒米」を試してみようと思っていたのです。

 

今回は「黒米」をネットで購入したのですが、古代米には
赤米や緑米もあるということで、3つとも全部買ってしまおう
とも思いましたが、ここは自粛をして「黒米」のみをポチリ。

 

 

 

中国で発見された出世米

一見、ゴマと見紛うような写真ですが、これが「黒米」です。
よく見るとゴマより細長くて、当然のことながらお米の形をしています。

 

 

160524kurogome「黒米」(古代米)

 

 

「黒米」の原産地は中国の真ん中あたりにある陝西(せんせい)省
漢中(かんちゅう)地方で2000年以上前から作られていたそうです。

 

漢の時代に「黒米」を発見した張騫(ちょうけん)という人は、その後
出世をしたことから「黒米」は縁起の良い出世米といわれ、歴代の皇帝
も宮廷料理に「黒米」を使い、あの楊貴妃もお気に入りだったとか。

 

日本へも古い時代に伝来したようで、「黒米」は日本のお米の
ルーツともいわれ、中国と同様に縁起の良いお米とされています。

 

 

 

kuromaiinaho370この段階でもすでに黒い「黒米」の稲穂

 

 

 

収穫量は少ないものの逞しい生命力

日本以外ではインドネシアのバリ島、ミャンマー、タイ、
マレーシア、カンボジア、ラオス、ベトナム、フィリピン、
台湾、ネパール等でも栽培されているようです。

 

「黒米」は田んぼで1.5メートル以上の高さになりますので倒れやすく
しかも収穫量は白米と比べると同じ面積で半分ほどしかありません。

 

ではありますが強靭で吸肥力も強いため無肥料でも育ち、また
荒れ地にも強いので棚田のような環境でも生育しやすいそうです。

 

 

o0600042412315084209 雲南省元陽にある棚田

 

 

その上、干ばつや冷害にも強いといいますので
はやり古代の逞しさを感じさせるイネですね。

 

 

 

高い栄養価

「黒米」の栄養価は白米と比べると、たんぱく質、ナイアシン、
リジン、トリプトファンなどが多く含まれますが、なんといっても
ビタミン(B1、B2、E)やミネラル類が多いことが特徴です。

 

白米には含まれていない「黒米」の色を出しているポリフェノール
の一種、アントシアニンを含んでいるのは当然のことですが。

 

 

121114mursaki-1アントシアニンを含む紫いも

 

 

このアントシアニンは、活性酸素を除去する作用に優れています。
紫外線はもとより、パソコンや携帯電話を多用する現代は
目に活性酸素を発生させる光と無縁の生活は考えられません。

 

それによって引き起こされる慢性的な眼精疲労や白内障、緑内障など
の危険に晒される中で、アントシアニンは強い味方といえるでしょう。

 

また「黒米」は体内での糖質の吸収を阻害する働きがあることから
糖尿病を予防する効果もある上、肌や髪を健康に保つともいわれます。

 

 

blog_import_515365a8c8fff黒米が使われている「古代米せんべい」天乃屋

 

 

 

炊き方は白米と同じ

「黒米」の炊き方ですが、これは白米と全く同様で
水加減を多めにするといった必要もありません。
むしろ玄米のような食感を望む人は少なめの水加減の方がよいとか。

 

白米と「黒米」の割合ですが、写真のものは
白米3合に対して「黒米」大さじ1で炊いてみました。

 

白米2合に対して「黒米」大さじ1という人もいたりと
色々ですが、これはあくまでも好みでいいようですね。
私は、次回は「黒米」を多めにするつもりです。

 

 

160524kurogomegohan白米2合、黒米大さじ1で炊いた黒米御飯

 

 

見た目のイメージから、「黒米」は白米より硬いのでは?
という気もしましたが全くそのようなことはありませんでした。

 

ただお米を研いでいる時から「黒米」の色がすでに落ちてきて
ちょっと驚きましたが、御飯全体に充分色がつきました。

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “黒米(古代米)は日本のお米のルーツ

  1. しのぶさん
    黒米大好きです。知り合いから古代米という事でいただいたのですが、真っ黒な黒米だけのと、黒米と白っぽい色の同じ位の大きさの中、形の米が混ざったのと、あれは赤米だったのかなと思う様な色のお米もいただきました。知らないから、黒米だけを最初炊いてみたり、白米と半々位で炊いてみたり色んな変な事をしてしまったのですが。
    元々麦ご飯が好きで、小学生の時、麦ご飯があんなに美味しいので麦だけのご飯ってきっともっと美味しいに違いない‼️と考えて、従姉妹の家で炊いてみたら、ものすごく不味かった‼️
    玄米も美味しいですね。しのぶさんに色んな穀類をブログで紹介していただいたので試してみますね。

    • ちっぷママさん
      黒米を知っていらして、お好きとは嬉しいです!
      健康に良いものって、何となく美味しくないという
      イメージがあるのですが、黒米はおいしいですよね。
      ちっぷママさんが「黒米と白っぽい色の同じくらいの
      大きさの……」と書いていらっしゃいますが、
      それって赤米だったのでしょうか?
      私も古代米はまだビギナーで、全然詳しくないの
      ですが、黒米の「黒さ加減?」も色々あるようですよ。
      まわりが黒くて中は白いものとか、私が今回購入した
      黒米のように全部、真っ黒なものと、様々みたい。

      「小学生の時、麦ご飯があんなに美味しいので
      麦だけのご飯ってきっともっと美味しいに違いない‼️
      と考えて、従姉妹の家で炊いてみたら、
      ものすごく不味かった‼️」
      (↑)爆、爆!
      何となく「彦市とんちばなし」とか昔話にありそうな
      お話で、超おかしいです!

      麦だけの御飯って、おいしくないんだ……。
      そういえば私は麦御飯って食べたことないかも。
      最近、スーパーでこの類いのコーナーをちらっと
      見るのですが、「押し麦」というのがあって何だろう?
      と思ってました。
      でも、不思議!
      麦御飯が美味しいのに、麦だけだと美味しくないとは
      何ででしょう?
      そういえばかなり昔、「貧乏人は麦を食え」といった
      政治家がいたくらいですから、麦単体ではおいしいもの
      ではないのかもですね。
      あっ、でも前に麦味噌が好きだったことがあります。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.