加賀千代女は江戸に来ていなかった! 赤羽橋の朝顔の謎

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160602suidoukyokuminato

 

 

「アサガオォー!」

前回、ドイツ大使館居候ネコさんのお話をアップした朝、
またネコさんのツイートが目に飛び込んできました。
そこには下の「朝顔」と「ゴジラ」の写真に、こんな言葉が……。

 

 

ぐーてんもの元気ですかぁー!  アサガオォー  =^_^=
gojiraasagao

 

無粋な私は一瞬わからなかったのですが、そうか、アサガオォー、
ガオォーなのね、ごめん、すぐわからなくって。
一緒に、こんなリツイートも添えられていましたよ。

 

 

 

ドイツ語でアサガオは「豪華なツル草」

英名morning glory、ドイツ語名はPrunkwinde
(豪華なツル草?とでも訳せるかな?)
ドイツの街中では日本ほどには見かけないですが朝顔。
これ見かけると、夏!夏休み!って気がしますね〜。
皆様よい週末&夏休みを!」(kawachi_berlin‏@berlinbau

 

ドイツ語でアサガオは「Prunkwinde(プルンクヴィンデ)」と
いい女性名詞だということですが、「豪華なツル草」なんですね。
ちなみにフランス語では「volubilis(ヴォリュビリス)」、
「belle-de-jour(ベルドゥジュール)」というそう。

 

豪華なツル草といえば、先日驚いたことがありました。
まさに豪華なツル草のようなアサガオに赤羽橋のそばで
遭遇したのですが、それがこちら。

 

 

160602suidoukyokuminato       アサガオ(東京都水道局港営業所ビル)

 

 

 

アサガオの不思議1(壁面を覆うのは?)

この写真では全体の一部しか写っていませんが、東京都水道局港営業所
ビルの下から上まで、ぐわ〜っとアサガオが覆っていたのです。

 

ここは以前、御紹介した古川に架かる中の橋赤羽橋
そして久留米藩有馬家の上屋敷のあった場所。

 

地図でいいますと、緑色の大きな四角形が久留米藩有馬家の上屋敷。
その上の方に「赤羽橋」と書かれた地下鉄の駅のマークがありますが
ちょうどそのあたりが東京都水道局港営業所のビルが建っている所です。

 

 

nakanohashi     中の橋赤羽橋の中間あたりが「東京都水道局港営業所」

 

 

最初はツタの葉が壁面を覆っているのかと思ったのですが
よく見るとお花も見えるでしょ?、アサガオですよね、これ。
何カ月でこんなに壁面一帯を覆ってしまうほど成長するものなのか
わかりませんが、写真を撮ったのは6月の夕方だったと思います。

 

でも夕方まで咲いているということはアサガオではなく
ヒルガオ、あるいはユウガオなのでしょうか?

 

 

160602suidoukyokuminato        ピンク色の花もたくさん見えます

 

 

 

アサガオの不思議2(加賀千代女の井戸)

アサガオといえば、もう一つこの付近で不思議なことがあります。
先ほどの地図で緑色の部分が久留米藩有馬家の上屋敷で
現在の住所でいうと港区三田1丁目。

 

それをもっと下の方にいきますと、三田2丁目に慶応大学があり
もう少し下に4丁目8に「薬王寺」というお寺があるのですが
そこには、「加賀千代女の井戸」と呼ばれるものがあるそうです。

 

あの有名な「朝顔や  釣瓶とられて  もらい水」という
超有名な俳句が詠まれたという井戸なのですが
「加賀千代女って港区の三田で暮らしていたの?」とびっくり。

 

 

 

kaganotiyojonoido     加賀千代女が朝顔の句を詠んだ井戸??(東京都港区)

 

 

 

「起きて見つ…」も別人の句

加賀千代女は1703(元禄16)年、加賀国松任、現在の石川県白山市
八日市町に、表具師・福増屋六兵衛の娘として生まれました。

 

12歳から白山市美川町の各務支考(かがみしこう)門下の
潟屋半睡(大睡)のもとで俳人として修行をはじめます。
17歳の時には松尾芭蕉門下の支考から「あたまから不思議の名人」
と賞賛され全国に知られるようになります。

 

「起きて見つ  寝て見つ蚊帳の  広さ哉」という句からの発想なのか千代女
は18歳で金沢に嫁いだ後、夫と死別したともいわれますが、そもそも結婚
をしていない説もあったりで正確なことはわかっていないそうです。

 

ちなみに「起きて見つ  寝て見つ蚊帳の  広さ哉」は千代所の句ではなく
元禄7年に刊行された『其使』に載っている遊女・浮橋の句だそうです。
また一茶が引用したという「とんぼつり  今日はどこまで  いったやら」
も千代女の作ではないとのこと。(「千代女の里俳句館」

 

1754(宝暦4)年、52歳の時に剃髪し、1775(安永4)年に73歳で没。
生涯で1700句あまりを詠んだといわれています。

 

 

 

kaganotiyojo2003(平成15)10月3日、発行のふるさと(石川)2種連刷
『あさがおや  つるべとられて  もらい水 』の切手です。
右の文字は加賀千代女直筆の文字ということ
「あさがお」は最初「あさがお」だったそうですが
千代女35歳の時に「に」を「や」に改めたそうです

 

 

 

加賀千代女は江戸には来ていなかった!

という加賀千代女ですが、いつ江戸にでてきて、現在の港区
三田の井戸で、あの有名なアサガオの句を詠んだのでしょうか?

 

千代所の出身地である白山市の「千代女の里俳句館」では
「朝顔の句は、こちらの調べでは大坂か伊勢で詠まれたもの
だと解釈しています」と言っていらっしゃいます。

 

江戸に行ったことについては、
「それは、あり得ないでしょうね。
年表を見る限り、千代女が江戸に行くだけの時間はないですね」
とのこと。(「徒然想」)

 

……、そうだったのですね。
今のように新幹線や飛行機で日帰りということも出来ないのですし。
でもそうであるならば、なぜ三田にある井戸が
千代女の朝顔の井戸だということに、なってしまったのでしょう?

 

しかし明らかなウソを平然とついているお寺ってどうなの?
という気もしないでもありませんが。

 




スポンサードリンク



コメントを残す