麻布に大使館が多い理由

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160602thenewsanno

 

 

大使館の多い街

前々回に「ドイツ大使館」「フランス大使館」「ヨーロッパハウス」
を御紹介しましたが、これらは全て南麻布4丁目にある建物です。

 

東京には全部で120以上の大使館がありますが、そのうち半数の
68カ国の大使館は港区にあり、南麻布一帯には40以上もあるとか。
当然、外国人居住者も多く住民の10パーセント近くを占めています。

 

特に麻布台、元麻布、六本木などは20パーセントを超えるそうで
国籍は多い順に、アメリカ、中国、オーストラリア、イギリス、
フィリピンとなっています。

 

ということから「ナショナル麻布スーパーマーケット」
「日進ワールドデリカテッセン」の需要があるというわけですね。

 

 

160602nationalazabu   ナショナル麻布スーパーマーケット(南麻布4丁目5ー2)

 

 

 

麻布近辺の大使館

そこで、麻布周辺の大使館マップを作ってみました。
地図の左から右上に向かっている線が「首都高速3号渋谷線」で
ほぼ中央に上から下へ走る線は「首都高速都心環状線」です。
地図を大体、四区分して地図の上下に大使館名を書いて
みたのですが、とても見づらいですね、ごめんなさい。

 

 

 ◉ガーナ大使館
 ◉エクアドル大使館
 ◉ギリシャ大使館               スペイン大使館
 ◉ラオス大使館              スウェーデン大使館
 ◉ルーマニア大使館           サウジアラビア大使館
 ◉ウクライナ大使館             ナイジェリア大館 
 ◉リトアニア共和国大使館           オランダ大使館
 ◉サンマリノ大使館         カザフスタン共和国大使館
 ◉中華人民共和国大使館領事部        ロシア連邦大使館
 ◉フィリピンフィリピン共和国大使館      フィジー大使館
 ◉シンガポール大使館          アフガニスタン大使館
 ◉オーストリア大使館          キューバ共和国大使館

taisikanmap
 ◉スイス大使館                  チリ大使館
 ◉ノルウェー王国大使館         オーストラリア大使館
 ◉中華人民共和国大使館商務部         イタリア大使館
 ◉カタール大使館              ハンガリー大使館
 ◉スロバキア共和国大使館
 ◉マダガスカル共和国大使館
 ◉アルゼンチン大使館
 ◉韓国大使館
 ◉ドイツ連邦共和国大使館
 ◉中華人民共和国大使館別館
 ◉パキスタン・イスラム共和国大使館
 ◉フィンランド大使館
 ◉フランス大使館
 ◉イランイスラム共和国大使館

 

 

いや〜、労多くして益少なしとなってしまったのが悲しいです。
何となく「色付きのポチポチが全部大使館なんだな〜」
「いっぱいあるな〜」と思って頂けたら嬉しいです。

 

 

160602europahouse   駐日欧州連合代表部・ヨーロッパハウス(南麻布4丁目6-28)

 

 

 

大使館以外の外国関連施設

今数えてみましたら、ちょうど40ですね。
ただ、書き落としたものもありますし、中華人民共和国大使館
などは1つではなく複数ありました。

 

大使館マップには載っていませんが、ヨーロッパハウスと呼ばれる
駐日欧州連合代表部(南麻布4丁目6-28)も南麻布にはありますし、
アルジェリア民主人民共和国大使館大使公邸(港区南麻布4丁目6-15)
もアルジェリアの雰囲気を漂わせながら建っていたりします。

 

アルジェリア大使館は港区ではなく、目黒区の三田にあるのですが
大使公邸が南麻布にあり、フィンランド大使館と道路を挟んだ向かい側、
パキスタン・イスラム共和国大使館のお隣にあたる場所にあります。

 

 

160712algeria    アルジェリア人民共和国大使館大使公邸(南麻布4丁目6-15)

 

 

 

日本の法律は適応されないニュー山王ホテル

マップの左下角の部分はフランス大使館(南麻布4丁目6-28)です。
マップには載っていませんが、その左側には「ニュー山王ホテル
(THE  NEW  SANNO)」(南麻布4丁目12)があります。

 

 

taisikanmap        このあたりが「ニュー山王ホテル」

 

 

この場所は日本初のテレビジョン放送機を制作していたアンリツ株式会社
(当時は安立電気)の本社があったところです(現在は神奈川県厚木)。

 

今は、在日アメリカ海軍が管轄している宿泊施設で、他の米軍施設と同様
施設内では日本法は適応されず、米連邦法と管轄する部隊の本部がある
州の法律が適応され、原則として民間人は立ち入ることは出来ない場所。

 

軍関係者の招待で入った方によりますと、入るにはI.D.が必要で、英語と
米ドルが使われますがレストランは驚くほどリーズナブルだったとか。
外見に比べて中はとってもきれいで「完全にアメリカ」とのことでした。

 

 

160602thenewsanno   日本の中の「アメリカ」ニュー山王ホテル(南麻布4丁目12)

 

 

 

1859年、麻布に赤羽説遇所ができる

港区に大使館や関連施設が多い理由としては、幕末に日本に来た外国人
の滞在施設として、港区の大きな寺院が使われたことがあげられます。

 

1859年7月7日(安政6年6月8日)、元麻布の善福寺(元麻布1丁目6-21)
にアメリカ公使館が置かれたのをはじめとして、由緒ある寺社に
各国の使節団の宿泊所が作られるようになります。

 

ほぼ時を同じくして、現在は飯倉公園となっている場所に外国人の
宿泊施設である赤羽接遇所(東麻布1丁目21-8)も完成しました。

 

 

160524iigurakoen   現在は飯倉公園となっている赤羽接遇所(東麻布1丁目21-8)

 

 

 

1859年、麻布にアメリカ公使館ができる

アメリカの初代駐日領事であったタウンゼント・ハリスは
1856年8月21日(安政3年7月21日)に通訳のヒュースケンと
ともに下田に入港し、下田の玉泉寺に領事館を構えます。

 

1858(安政5)年、日米修好通商条約が締結され
初代駐日公使となったハリスは、1859年7月7日
(安政6年6月8日)下田の玉泉寺から江戸に移りました。

 

1862年5月10日(文久2年2年4月12日)に日本を去るまで、ハリスは
最初のアメリカ公使館となった元麻布の善福寺で過しています。
「外務省 ハリス信任状」

 

 

140416hinokityouseisuitei

 

 

 

幕末期-——大名家は提供者がない

アメリカ以外でも、イギリス、プロシア、ポルトガル、
オランダ、スイス等の外交代表団の宿泊所や
公使館にもこの辺りのお寺が用いられました。

 

なぜお寺なのかといえば、当時日本で広い場所といえば
神社仏閣に大名屋敷位しかなかったからです。

 

ですが大名屋敷は攘夷の風潮が盛んなこともあって提供者がなく
また神社も同様に避けられ、結局、寺院にということに。

 

 

140416hinokityoukouen

 

 

 

明治維新後——大名屋敷の跡地を利用

そして明治になりますと、麻布や赤坂に多くできた大名屋敷の
跡地を、明治政府は大使館として活用するようになったのです。

 

日本に滞在することになった各国の人々にとっても
港区は母国と行き来をする横浜に近くて好都合でした。

 

また政府としても、大使館がまとまっているほうが
警備上や監視の面でも都合が良かったともいわれています。

 

 

141005hinokityokoen

 

 

現在、大使館は高台に建っているものも多いのですが
これは欧米人が日本特有の湿気を避けるため、日当りがよく
眺めの良い山手の高台を好んだからということ。

 

それに対して当時の日本人は、水の便が良くない高台ではなく
低い土地を好む傾向があった、というのもおもしろいですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す