「日向坂(振袖坂)」と「仙台坂」を繋ぐ「二の橋」 古川の橋9

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160729ninohasi

 

 

「二の橋」の欄干は矢羽根模様?

古川の橋、今日は「二の橋」の御紹介です。
冒頭の写真の手前側が麻布十番4丁目6番 で、
「二の橋」を渡った先は三田2丁目1 番 になります。

 

港区に入った古川の橋を「天現寺橋」から辿ってきて
今日の「二の橋(  m  )」は、11番目の橋。
住所が「南麻布」から、初めて「麻布十番」になりましたね。

 

 

古川に架かる橋hurukawanikakaruhasi天現寺橋(a)・狸橋(b)・亀屋橋(c)・養老橋(d)・青山橋(e)・五の橋(f)・
白金公園橋(g)・四の橋(h)・新古川橋(i)・古川橋(j)・三の橋(k)・
南麻布一丁目公園橋(l)・二の橋(m)・小山橋(n)・一の橋(o)・
一の橋公園橋(p)・新堀橋(q)・中の橋(r)・赤羽橋(s)

 

 

現在の「二の橋」は、1998(平成10)年12月に新しく架け替え
られたもので、長さは20メートル、幅は15メートルほどの橋です。
橋の様子を書こうとして、その部分の名称がわからず……。

 

「欄干」でもないですし、「手すり」とも違うし、と検索して
みましたら、「欄干(欄杆・おばしま・手すり)」とありました。
欄干でいいのですね、あるいは手すりでもいいみたい。

 

 

160729ninohasi    ↑ 「二の橋」のこのあたり矢羽根模様に見えませんか?

 

 

 

矢羽根模様は毛利家から?

とにかく「二の橋」のその手すりの部分の模様が
矢羽根を象ったようにも見えますよね。

 

と書きながら、ふっと思いました。
江戸時代、この「二の橋」を渡った場所には徳山藩毛利日向守の
屋敷があったことから「日向橋」とも呼ばれていた橋です。

 

ということは、毛利家から「三本の矢」→  矢羽根模様ということ
なのでしょうか?、調べた限りではそのような記述は見当たりませんが。

 

 

160729ninohasi      麻布十番側から見た「二の橋」はすでに坂道

 

 

 

「日向坂(ひゅうがざか)」

上の写真でもおわかりの通りに、「二の橋」は
麻布十番(手前)から三田(橋を渡った先)へと上り坂になっています。
そしてこの「二の橋」を渡ると、そこからは「日向坂」が始まります。

 

 

160814hyugazaka     「二の橋」を渡ったところから始まる「日向坂」

 

 

「日向坂」の名前の由来としては以下のように書かれています。
「江戸時代前期南側に徳山藩毛利日向守の屋敷があった。
振り袖坂ともいった。由来は不明である。誤って日なた坂とも呼んだ」

 

「由来は不明」というのは「日向坂」の方ではなく
「振袖坂」の名の由来が不明ということですよね?

 

 

 

「日向坂」の別名「振袖坂」

「振袖坂」とはこれまた美しい名前の坂ですが、同じ名前の坂が
仙台の宮城野区榴岡(つつじがおか)にもあることを知って
『flom  仙台』)また、ふっと思いました。(よくふっと思う日です)

 

「日向坂(振袖坂)」を「二の橋」まで戻り、そのまま真っすぐ
麻布十番の方に行きますと、南麻布1丁目と元麻布1丁目の間に
「仙台坂」という坂があります。

 

 

160712sendaizaka     元麻布1丁目と南麻布1丁目の間にある「仙台坂」

 

 

名前の由来は、当然のことながら仙台藩伊達家の下屋敷があった
ことによるのですが、坂に隣接している南側一帯が仙台藩下屋敷でした。
住所は南麻布1丁目2-5で、1657(明暦3)年5月14日に拝領した屋敷です。

 

 

hyugazakasendaizaka・・・)内が「仙台藩伊達家下屋敷
その北側の(———)が「仙台坂
 ↓  )の所が「二の橋(日向橋)
———)が「日向坂(振袖坂)

 

 

 

品川区にも「仙台坂」

現在は汐留の日本テレビタワーがあるあたりにも仙台藩の屋敷が
あって、近くにある坂はやはり「仙台坂」と呼ばれていました。
そちらは品川区東大井4丁目と南品川5丁目の間にあるそうです。

 

伊達家は外様大名の伊達政宗が樹立し、明治になって廃藩置県を
迎えるまでの長い間、途切れることなく仙台を統治した大名です。

 

 

140915satumaimotakikomigohan

 

 

 

諸藩中、第3位の石高

石高は、表高62万56石4升4合で、諸藩のなかで第3位を誇ります。
実高は、支藩であった一関藩を含めて18世紀初頭には
100万石を超えていたといいます。

 

江戸の人々が食べていたお米も、仙台藩でとれたものだったそう。
また、干しアワビやフカヒレも長崎俵物として外貨も得ていたとか。

 

伊達本家は大広間詰国持大名で代々、将軍家より松平姓を許された
家でもあり、歴代藩主のほぼ全てに、陸奥守の官位が与えられています。

 

伊達家は地方知行により多くの陪臣を抱えており、直属家臣が約7千人
(江戸中期では約1万人)、陪臣を合わせますと2万数千人から
3万人(江戸中期は約3万5千人)という兵力を抱えていました。

 

 

150503hakkogenmai

 

 

 

「陪臣」とは、家来の家来

ここで「陪臣」という言葉が出てきましたが
「陪臣(ばいしん)」とは「又者(またもの)」ともいわれ
主従関係において家臣の、そのまた家臣を指す言葉です。

 

たとえば将軍の家臣といえば
大名や旗本、御家人であり「直臣(じきしん)」。
大名を除いた旗本、御家人は「直参(じきさん)」と呼びます。

 

その大名や旗本、御家人の家臣は、将軍から見れば「陪臣」となります。
「陪」は重なるの意味で、「陪臣」は家来の家来、またげらいのこと。

 

ちょっと話はそれますが前回、書きました
寺坂吉右衛門
のことを陪臣という人がいます。
寺坂が、浅野内匠頭の家臣・吉田忠左衛門の足軽だったからです。

 

確かに最初はそうでしたが後に、浅野内匠頭の足軽になっていますので
寺坂吉右衛門は浅野内匠頭の陪臣ではなく、れっきとした家臣です。

 

 

150528teapothuji

 

 

 

仙台の「振袖坂」もなだらかな坂

話を戻しまして家臣で1万人、陪臣を合わせると3万人以上という伊達家
の家臣のうち、どれほどの人が麻布の仙台藩伊達家下屋敷にいたかは
わかりませんが、かなりの数だったことは想像に難くありません。

 

そこで暮らす多くの人たちも、当然この辺りを歩いたことでしょう。
「仙台坂」の方は、長さも長く傾斜がきつい坂然とした坂(?)
ですが、「日向坂(振袖坂)」はおっとりとした短い坂。

 

次の地図でもおわかりの通り「日向坂(振袖坂)」は「仙台坂」の
半分ほどの長さですが、仙台の宮城野区榴岡(つつじがおか)に
ある「振袖坂」もなだらかで短い坂だということです。

 

 

 

hyugazakasendaizaka仙台藩伊達家下屋敷沿いにある「仙台坂」の
少し先の「二の橋」を渡ると「日向坂(振袖坂)

 

 

 

仙台の「振袖坂」の名の由来

「郷土史『仙台耳ぶくろ』三原良吉  宝文堂刊」には
「振袖坂」の名の由来としてこのように記されているそうです。

 

享保(1716〜1735)の改革で知られる第8代将軍・徳川吉宗の時代。
信仰心が厚く、参詣することを願いながらも病死した仙台の呉服屋
の娘の魂が、死後お寺に行き巡礼者に自分の振袖の片袖を託します。

 

娘の四十九日にあたる日に巡礼者は片袖を親元に届け、片袖を埋めた
塚のそばにあった坂を「振袖坂」と呼ぶようになったというお話です。

 

 

150528thicpukikkou

 

 

 

「振袖坂」命名の一考察(?)

麻布の「仙台坂」の先にあった「日向坂」は、「仙台坂」とは異なり
おだやかな坂で、まるで故郷、仙台の「振袖坂」を思わせる坂、

 

その坂を通る時に、仙台の「振袖坂」の片袖のように、今すぐここから
懐かしい故郷、仙台へ飛んで帰りたいと思っていたのかもしれません。

 

そうした人たちが「仙台坂」の少し先に位置する「日向坂」を
故郷の「振袖坂」と同じ名で呼ぶようになったのではあるまいか、
との妄想が湧いてきてしまったというわけです。

 

 

160814hyugazakaue       ここで「日向坂(振袖坂)」は終わり

 

 

 

明暦の大火、振袖火事絡みではない

最初に「振袖坂」と聞いた時に、1657(明暦3)年の江戸の
大火、振袖火事に関連する名前なのかなと思いました。
(その話を書くと長くなりますので、また今度)

 

ところが「振袖坂」の名はそれとは無関係のよう。
振袖火事絡みでしたら、坂の名の由来として残っているでしょう。
ということは振袖火事とは関係のないところから来ているのではと。

 

暑い日差しの中を歩いていて、ちょっと考え過ぎてしまったのかも。
そうそう「二の橋」の袂(たもと!)に
素敵なカフェがありましたので、行ってみましょうか。

 




スポンサードリンク



コメントを残す