江戸切絵図に「松平家」が多いのはなぜ?

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

higonokami1857

 

 

江戸の町は「松平」だらけ!

江戸切絵図を見ていると屋敷の名前に「松平」が多いことに驚きます。
冒頭の切絵図では「松平肥後守」、「松平主殿頭」、「松平隠岐守」、
「松平時之助」というように。

 

左下の「三の橋」、真ん中の「二の橋」、上の「一の橋」、そして
今度は流れを右に変えて中央が「中の橋」、右端が「赤羽橋」という
ように古川に囲まれた場所にある8つの屋敷のうち4つが「松平姓」!

 

松平を名乗る屋敷がなぜ多いのか、という
理由については、大きく分けて3つあります。

 

 

tokugawaaoi           「徳川葵(三つ葉葵)」

 

 

 

① 徳川を名乗らない家康の子孫は松平

家康の子孫で徳川を名乗らない家が、松平を名乗っています。
徳川を名乗ることができるのは、徳川の嫡流の
「尾張」、「紀伊」、「水戸」の御三家だけです。

 

それ以外は、家康の子孫であっても徳川を名乗ることできません。
また御三家でも、その分家となると徳川ではなく松平です。

 

 

140222siraume370

 

 

家康の次男である秀康を始祖とする家も、松平を名乗っていますが
所領が越前であったことから「越前松平家」といわれます。

 

前々回にお話をした保科正之も、2代将軍・秀忠の子ですので
松平姓を許され、3代藩主・正容からは松平を名乗っていますが
こちらは会津藩主だったことから「会津松平家」です。

 

家康の娘・亀姫の夫も「奥平松平家」となり、
家康の異父弟・康元、勝俊、定勝も「久松松平家」となっています。
その中で城主大名として幕末まで続いたのは、末弟・定勝のみ。

 

下の江戸切絵図で、左下の「松平肥後守」下屋敷の表門側の
道を挟んだ、右上の「  ■   松平隠岐守(伊予国松山藩)」と
上から下へ書いてあるのがこの「久松松平家」のお屋敷です。

 

 

higonokami1857                     ↑ 「松平隠岐守」

 

 

 

② 家康が将軍になる前からの親類も松平姓

次は、家康が江戸幕府の征夷大将軍となる以前から松平を名乗って
いた、家康の親類たちの子孫も、当然のことながら松平姓です。

 

家康は三河国加茂郡松平郷の松平家の9代目ということですが
記録に残る限りでは、松平を名乗っていたのは3代・松平信光から。

 

先祖を松平信光までさかのぼると、徳川家康と共通の祖となる松平家を
「十八松平」といいますが、この十八はかならずしも正確な数ではなく
「松」という字を分解した「十」「八」「公」からきているそうです。

 

 

140420matu

 

 

 

十八松平(十四松平とも)

「竹谷(たけのや)松平家」「形原(かたのはら)松平家」
「滝脇(たきわき)松平家」「藤井(ふじい)松平家」

 

「大給(おぎゆう)松平家」は、譜代大名4家と旗本を数多く
出した家ですが、十八松平家の全てが大名とは限らないようです。

 

「大草(おおくさ)松平家」は旗本でしたが嗣子がいないため断絶。
「五井(ごい)松平家」は幕末まで続いていますが旗本でした。

 

「福釜(ふかま)松平家」も同様に、大名には取り立てられず
旗本どまりで、松平一族の中では優遇されなかった家だということ。

 

「東条(とうじょう)松平家」は嗣子がないため1607(慶長12)年
に断絶していますが、家康が尾張徳川家を創設したことにより
領地と家臣の大半が尾張藩に引き継がれました。

 

 

150718hitotugimanjushougetu

 

 

 

「長沢(ながさわ)松平家」は跡継ぎがなかったために
家康の六男・忠輝が養子に入り、11代となりましたが
異母兄にあたる徳川2代将軍・秀忠によって改易、家名は断絶。

 

忠輝の血筋は残っていたのですが、幕府はなかなか家と認めません。
1719(享保4)年になって、ようやく長沢松平家と承認し
1834(天保5)年に十人扶持と禄が下されました。

 

この長沢松平家の18代・忠敏(主税助)は、幕末期の
新撰組の前身である浪士組の取締役となった人です。

 

 

150717hitotugimanjushougetu

 

 

「能美(のみ)松平家」の14代・松平親貴は、戊辰戦争が勃発
すると旧幕府側から離反して、新政府側に寝返りましたが
このように見ていきますと、松平家も様々ですね。

 

「桜井(さくらい)松平家」は改易したものの、後に復活。
桜井松平家の江戸屋敷は、東京府芝区三田2丁目(現、港区三田2丁目)に
あったということです。

 

次の切絵図では、上の真ん中の「黒田甲斐守」の屋敷の下あたり
になるはずなのですが、そこに記載されているのはお寺で
お屋敷は見当たらないのですが……。

 

 

higonokami1857           桜井松平家が行方不明?

 

 

切絵図の作られた後に、桜井松平家のお屋敷が出来たのでしょうか?
とにかく切絵図を上下左右に四分割した左上あたりに桜井松平家の屋敷
があったということです。(わかり次第、追記でお知らせします)

 

桜井邸は第二次世界大戦の震災を逃れ、戦後に香川県に売却。
そしてその場所は現在「東京さぬき倶楽部」となり
敷地内には、当時の土蔵や木造建築が残っています。

 

6年ほど前になりますが、家のリフォームのために1週間ほど家を
空けた時、「東京さぬき倶楽部」に4、5泊お世話になりました。
リーズナブルでとても快適だった記憶があります。

 

 

160411toriizaka     「鳥居坂」麻布十番から六本木方面にのぼる坂

 

 

「深溝(ふこうず/ふこうぞ)松平家」の4代・家忠は
1600(慶長5)年の関ヶ原の戦いの前哨戦といわれる「伏見城の戦い」
の際、守将・鳥居元忠の副将格として伏見城で籠城玉砕しています。

 

このブログで少し前に鳥居坂をとりあげた時に登場した
鳥居家の鳥居元忠と運命を共にした人だったということですね。

 

 

160411toriizakaue        鳥居元忠のお屋敷があった「鳥居坂」

 

 

 

③ 報賞、名誉として与えられた松平姓

御褒美、名誉として有力な大名に松平姓を与えています。
江戸城内での格式は将軍家一門に匹敵する大名であるという称号でした。

 

豊臣秀吉も同様だったようで、徳川2代将軍・秀忠は秀吉存命中に
「豊臣秀忠」の名で官位の辞令がおりているということです。

 

松平姓を許されたとはいえ名乗ることができるのは当主と、将軍家への
披露、叙位任官の済んだ嫡男のみが公的な場で名乗るのみです。
他の場面や、当主と嫡男以外の一族は、本姓を名乗っています。

 

 

hyugazakasendaizaka     (・・・)で囲った「松平陸奥守」は仙台藩伊達家

 

 

 

松平姓を許された譜代大名

「戸田松平家」「松井松平家」「大河内松平家」
「本状松平家(後に廃絶)」「柳沢松平家」「菅沼松平家」

 

松平姓を与えられた外様大名

「前田氏」「伊達氏」「島津氏」「毛利氏」「黒田氏」
「浅野氏」「鍋島氏」「池田氏」「蜂須賀氏」「山内氏」

 

そこで最後に、松平姓を与えられた側は、どのように思っていたのか
ということですが、実はちょっと微妙なところもあったそうですよ。

 

「松平より、うちの方が格が上だものね」と
思った家もあったとか、なかったとか……。

 




スポンサードリンク



コメントを残す