エッグシェル(酒器)「はせがわ酒店」麻布十番店

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160929kaori

 

 

酒屋さん初登場

今日は「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」には珍しく酒器の
御紹介と、ブログ始まって以来の初めての酒屋さんの登場です。

 

冒頭の写真で、器の底の部分から光が透けて見えるでしょうか?
本当に薄い仕上がりの酒器で「エッグシェル  kaori」と
いう名前の通り、卵の殻のような薄さと脆さ。

 

「エッグシェル  kaori」を購入したのは、前回の麻布十番駅からも
すぐの場所にあるお菓子屋さん群のそばの「はせがわ酒店」。

 

 

azabu       (G)が「はせがわ酒店」麻布十番店

 

 

(C)が「麻布かりんと」で(F)が「豆源」でしたが
「豆源」のはす向かいにあるのが「はせがわ酒店(G)」です。

 

「はせがわ酒店」
106-0045 港区麻布十番2-2-3 03-5439-9498
営業時間:11:00〜20:00  無休)

 

麻布十番店以外の「はせがわ酒店」は、近いところでは表参道ヒルズ店、
その他には東京駅GranSta店、パレスホテル東京店、東京スカイツリー
タウン・ソラマチ店、亀戸店、二子玉川店があるようです。

 

 

160929kaori     エッグシェル  kaori 「はせがわ酒店   麻布十番店」

 

 

 

はかない命

この「エッグシェル  kaori」の写真は、何とか薄さを感じて
いただきたいと思い、あえて寝かせて撮りましたが、もちろん
これ以外に立ち姿も撮ったのですがボケていてボツ。

 

もう一度取り直そうと思っていたのですが、何ということでしょう!
いかにも私らしいといえばそれまでですが、写真を取り直すまでもなく
「エッグシェル  kaori」はすでに割ってしまって、もうないのです。

 

いくら卵の殻のように薄く、デリケートではかなげな魅力の酒器
とはいえ、いくら何でも割るのが早過ぎだろうと自分を叱りました。
ということで立ち姿は、はせがわ酒店のサイトからお借りしたもの。

 

 

eggshellkaori「エッグシェル  kaori」(写真/「はせがわ酒店」)

 

 

 

芳醇な香りを楽しむには「kaori」が最適

「エッグシェル」には「kaori」以外にも、片口やタンブラーに
かなり大きなビールを入れるものなどいくつもの種類があります。

 

「エッグシェル kaori」と同じような酒器に、の口が開いたタイプ
「 エッグシェルkiwami」というものがありますが、これは口が開いて
いることにより、日本酒をダイレクトに味わえるのだそうです。

 

「エッグシェル  kaori」は口がすぼまった卵型をしていて
日本酒の芳醇な香りを楽しむのに最適だとか。

 

 

eggshellkiwami     「エッグシェル  kiwami」(写真「はせがわ酒店」)

 

 

 

磁器(有田焼)

「エッグシェル  kaori」のあまりの薄さに、私はガラス器かと
思ってしまいましたが、これはガラスではなく有田焼の磁器。

 

江戸時代から明治にかけて作られていた輸出向けの食器の中でも
特に技術的に優れた、卵の殻のような薄さでありながらも丈夫な
「卵殻手」は、西欧人から「エッグシェル」と絶賛を博しました。

 

この「エッグシェル  kaori」は、2001年、有田焼の窯元
「やま平窯」の山本博文が自社ブランド「Y’s home style」を
立ち上げて食器やキッチンウェアを作っている中の一つです。

 

 

130421naniwayataiyaki           こちらも有田焼(古伊万里)

 

 

 

2013年、九州山口陶磁展で最高賞受賞

「やま平窯」は、有田焼窯元の「山庄窯」の二男として生まれた
山本平作が昭和20年代に起こした「山平窯」から始まり、
1972年に先代の山本正浩から「やま平窯」になり現在に至ります。

 

やま平窯の「エッグシェル  kaori」は2013年、第110回九州山口陶磁展
において、最高賞である経済産業大臣賞を受賞しました。

 

九州山口陶磁展は1954年より、日本の陶器発祥の地、佐賀県有田町に
日本全国の当時既製品を一堂に集めて観賞し、技術の交流、向上等
伝統工芸の継承と産業的発展を期待して開かれているものです。

 

 

blog_import_515361755c8ab   古伊万里「染め付け鶴型皿」の写し (今出来・現代のもの)

 

 

 

独特の柔らかさ

ということなどは全く知らずに手にしたのですが「エッグシェル  kaori」
には薄さという物珍しさだけはない魅力がありました。

 

「有田焼の白さを感じて頂きたく、形状はシンプルに。
表面は繭のイメージを施しています」との説明通りに
ガラスの冷たさとは違った、まろやかな手触りと柔らかさ。

 

今度こそ割らないように心して、もう一度
手に入れたいと思う食器でした。

 

 

161002urusisakazuki            漆器のさかずき

 

 

 

器の材質、形態によって味が変わる?

日本酒は酒器の形態によって、先ほどの口の広い「kiwami」と
すぼまっている「kaori」の違いで味わいが変わるということでしたが
それだけではなく、また材質によっても同様の変化があるのだそうです。

 

「エッグシェル  kaori」はああ見えて磁器でしたが、陶器、
漆器、ガラスとそれぞれ味わいが異なるのだとか。

 

磁器  —— すっきり
陶器  —— まろやか
漆器  —— 温かい
ガラス —— クリア

 

 

 

形の違いによっても異なる味わい

それだけではなく、同じ素材であっても、口の開き方、直線曲線
によっても違うということなのですが、本当でしょうか。

 

 

eggshellkiwami       直線的なものは「すっきり」した味わいに

 

 

「エッグシェル  kiwami」のように直線的なもの(□)は「すっきり」
「エッグシェル  kaori」のように曲線的なもの(U)は「まろやか」、
また、底が尖っているような形のもの(▽)は「シャープ」なのだそう。

 

 

eggshellkaori        曲線的なものは「まろやか」な味わい

 

 

ということなのですが、素材とそれぞれの形の味の違いを
極めちゃったらすごいですが、まあそこまで
いかなくても、ちょっとした実験も楽しいかもしれませんね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.