「総本家 更科堀井」麻布十番 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160919sarasinahoriisoba

 

 

創業227年「総本店  更科堀井」

「エッグシェル  kaori」という卵の殻のように薄いぐい飲みのお店
はせがわ酒店(G)の通りを、麻布十番駅とは反対の六本木ヒルズの
方に少し行ったところにあるのが「総本家更科堀井(H)」です。

 

「総本家  更科堀井」
 港区元麻布3丁目11-4  03-3403-3401
 営業時間:11:30〜20:30   年中無休)

 

「総本家  更科堀井」については、少し前に「麻布にある3つの更科そば
『総本家  更科堀井』『永坂更科布屋太兵衛』『麻布永坂更科本店』」

書きましたので簡単な御紹介にしましょう。

 

 

azabu          「総本家  更科堀井」(H)

 

 

 

1875(明治8)年 「布屋」→「堀井」

二の橋の近くにあった飯野藩保科家上屋敷に逗留していた信州出身の
布屋太兵衛の打つ蕎麦が美味しいと評判になり、藩主のすすめにより
1789(寛政元)年、麻布永坂に「信州更科蕎麦処  布屋太兵衛」を開店。

 

1941(昭和16)年、戦時下の金融恐慌などのあおりをうけ一度は休業を
余儀なくされたものの1984(昭和59)年に復活し現在に至っています。

 

現在の「総本家  更科堀井」の当主は、9代目の堀井良教さん。
「布屋」が「堀井」に変わったのは、1875(明治8)年の名字必称
の令により、屋号「布屋」を「堀井」に改めたことによります。

 

こちらの本店の他に立川伊勢丹内に支店があるそうです。
私は大学が立川にありましたので伊勢丹には随分行きましたが
その当時(大昔)はなかったのですが、いつ出来たのでしょう?

 

 

sarasisnahorii明治10年頃の「永坂更科布屋太兵衛」
現在の「総本家  更科堀井」

 

 

 

脚気によいお蕎麦は江戸で人気に

そんな私のことはどうでもいいのですが、「総本家  更科堀井」
が創業された江戸時代、お蕎麦は今に劣らず人気の食べ物で
江戸市中には3,4百軒ものお蕎麦屋さんがあったそう。

 

ビタミンB1の不足で起こる脚気(かっけ)は、白米を主食にすること
が出来た階層の人に多い症状で、「江戸患い」とも呼ばれる病気でした。
そこで脚気に効くというお蕎麦が食べられるようになったのです。

 

男性の多かった江戸では、すぐに食べることの出来るお蕎麦は
今でいうとファーストフードのような感じだったかもしれませんね。
しかも美味しくて栄養があるとなったら流行らないわけがありません。

 

 

160713gozensoba

 

 

 

白いお蕎麦「さらしな」

当時のお蕎麦はどこでも、そば粉100パーセントで
打っていましたので、お店の味の特徴といえば蕎麦つゆ。

 

どのお店でも同じような蕎麦という中で「総本家  更科堀井」
の前身「信州更科蕎麦処  永坂更科布屋太兵衛」は
そばの実の芯の粉で打つ、白い蕎麦「さらしな」を編み出します。

 

素麺と見紛うような白さと、やさしい舌触りの「さらしな」は
そばの実の芯(胚乳)が割れたものを細かくふるった
さらしな粉と小麦粉で作られたお蕎麦です。

 

 

sarasinahoriisakisai        秋菜(あきさい)「総本家  更科堀井」

 

 

 

「色変わりそば」

当時は江戸城や大名屋敷にも出入りを許されて、御前に供する名誉も
賜る一方、そば好きの江戸っ子達にも親しまれていたお店でした。

 

お蕎麦を目籠に詰めたお土産が大人気となり、同様のものがあちら
こちらで売り出され、各地に「更科」が増えていったといいます。

 

また、さらしなそばに旬の素材を打ち込んで、四季折々の味を
作り出した「色変わりそば」も忘れてはならないもの。

 

9月22日から10月9日は「菊切」、10月10日から31日までは「くこ切」
と「総本家  更科堀井」のサイトにありますが、あのお薬のような
「クコ(枸杞)」がどのようなお蕎麦に変身するのでしょう?

 

 

blog_import_515365eaa68d4        お薬チックな「クコ(枸杞)」

 

 

 

江戸時代から来た人?

先月の末に「総本家  更科堀井」へ行ったときのこと。
強い雨が降りしきるわけではないのですが
一日中はっきりしないお天気の夕暮れ時でした。

 

そのような日でも「更科堀井」はお客さんがたくさん。
私はお店で蕎麦を頂かずに持ち帰ることが多いのですが、その日も
そうお願いして、注文のおそばが出来るのを待っていました。

 

お店には、普通のテーブル席の他に、中央にはお花が飾られた大きな
丸いテーブルがあり、それを取り囲む形でお客さんが座ります。
それぞれ一人ずつと思われるお客さんの間の空席に私はつきました。

 

二人とも男性で外国の人。
「総本家  更科堀井」には外国のお客さんも多いためでしょう
英語で書かれた「お蕎麦の食べ方ガイド」のようなものがあります。

 

 

160919sobatabekata         英語で書かれた「お蕎麦の食べ方」

 

 

二人ともスマホを片手にお蕎麦を食べていました。
驚いたのはその雰囲気です。

 

板についているといいますか、何とも自然体で
江戸の人ではないかと見紛うばかりのお蕎麦の召し上がり方。

 

「箸の使い方が上手ですね」などとは冗談にも言えないほどの
箸さばきで、その仕草は日本人よりも様になっていたほど。

 

これは絶対、昨日今日、お蕎麦を食べたというビギナーではありません。
まあ外国人といっても日本で生まれた方もいらっしゃるので、そうなると
子どもの頃から「更科堀井」に通っていたということもありえますが。

 

 

160919sarasinahoriisoba          もりそば「総本家  更科堀井」

 

 

右側の男性は温かいお蕎麦で、左はそうでないお蕎麦。
見ない振りを装いつつも、両方の視界に入る彼等を
見ているうちに私のお蕎麦ができあがってきました。

 

最初から最後まで、極々普通の蕎麦好きの江戸っ子が
薄い鼠色になりつつある雨催いの夕暮れ時、いつものように
おそばを食べているといった風情の何と様になっていたことか!

 

いうまでもなく、彼等は私より数十倍もお蕎麦が似合っていたのです。
驚きが心の中で飛び跳ねている私には、行きと違って
何とはなしに嬉しい雨の帰り道となりました。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.