旬菜弁当「淡悦」東京ミッドタウン 5つの基本味

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160608tentan

 

 


東京ミッドタウン初のテラス席

前回の「カフェ  ラ・ボエム」に行く前にランチをしたのがこちら
東京ミッドタウン・ガーデンテラスの3階にある「淡悦」です。

 

「淡悦」
107-0052  港区赤坂9丁目7-4  東京ミッドタウン
ガーデンテラス3F 03-5413-8668
営業時間 平日・土 昼  11:00〜16:00 夜  17:00〜23:00
     日・祝  11:00〜22:00    定休日 なし)

 

店内はかなり広く、個室も2つあるよう。
テラス席は寒い冬や、あまりに暑い夏、雨の日など結構難しいのですが
お天気もよく爽やかなテラス日和でしたので迷わずテラス席にしました。

 

 

130312midki今回撮った写真ではないので季節がちょっと違いますが
こんな風に檜町公園が見えます(中央の白い高い建物はANAホテル)

 

 

 

「淡悦」の意味

「辛・苦・酸・甘・鹹(しおからい)」は、中国の五行思想に
基づく味の基本といわれるものですが、実はこの5つの味のあとに
6番目があるそうで、それが「淡(真味是唯淡)」なのだとか。

 

素材の持ち味を活かすための「淡味」ということの他に、お年を
召した方には淡い味付けを心がけ、若い人にはそれよりはやや濃いめ
との意味合いが「淡味」という言葉には含まれているのだそうです。

 

作る人は食べる人の気持ちを思い、食べる人は作ってくれた人を思う、
双方の心がお料理を一層美味しくし、そこに喜び「悦」が生まれる
——これがお店の名前「淡悦」の由来ということです。

 

 

160608shunsaibento    旬菜弁当・お刺身付き「淡悦」東京ミッドタウン

 

 

 

お刺身付き、天ぷら付きが選べる

こちらの「淡悦」は日本酒もおすすめなのですが
この日は少々暑かったこともあってビールにしました。

 

旬菜弁当は好みによって、これにお刺身をプラスすることや
天ぷらをつけるというように、選べるのもうれしいところ。

 

お友達はお刺身付きにしましたが、お刺身の苦手な私はなしで。
すぐに先付の生湯葉のたれかけがきて、まずはビールで乾杯です。

 

 

160608beer       旬菜弁当の先付 生湯葉のたれかけ

 

 

 

麩まんじゅう「麩」はお麩なんだよ

旬菜弁当にはこの他にお味噌汁と御飯がついてきます。
またお刺身付きにしたお友達のN子ちゃんには、デザートとして
生麩のおまんじゅうがついていました(半分もらいました!)。

 

1月に春帆楼でお食事をした後に、今はない赤坂プリの跡地で話して
いた時、赤プリを知らないと言って私を驚かせたN子ちゃんが
今回は麩まんじゅうを知らないといって私を楽しませてくれました。

 

「この麩の乾燥したものは、池の鯉にあげるあのお麩だよ」と私。
大学を出てすぐ外国へ行ったN子ちゃんは、時には外国人のような
面白いことを言って私を和ませてくれることがあるのです。

 

英語、ドイツ語、オランダ語等の中で暮らしている
N子ちゃんは今、日本語を再勉強(?)しているとか。
この写真はN子ちゃんが撮ってくれたものですが、雲がいいですね。

 

 

160608tentanN子ちゃん撮影の旬菜弁当の写真
雲もビールの泡と一緒にいただいてしまいましょう

 

 

 

二つの「辛い」

このお店の「淡悦」という名称は、五行思想の五味の次にくる
「淡」からきているとのことでしたがこの五味は、現在の味覚の
分類でいわれているものとはちょっと違うようです。

 

五行思想からのものは、次の5つ。
1 辛(からい)
2 苦(にがい)
3 酸(すっぱい)
4 甘(あまい)
5 鹹(しおからい)

 

それに対して現在、生理学的に味の成分と考えられているのはこちら。
① 甘(あまい)    砂糖、人工甘味料
② 酸味(すっぱい)  酢酸、クエン酸等から生じる水素イオン
③ 塩味(しおからい) ナトリウムイオン等、金属系陽イオン
④ 苦味(にがみ)   カフェイン、キニーネ等、アルカロイド系物質
⑤ 旨味(うまみ)   グルタミン酸ナトリウム,イノシン酸ナトリウム

 

五行思想のほうは、1と5の両方が「からい」という言葉を使用して
いますが、5「鹹(しおからい)」は、⑤「塩味」と同じく塩っぱい
ということで、もう一つの1「辛い」は芥子等のからいを指します。

 

 

140722orosiwasabi300

 

 

 

味覚受容体細胞からの信号——味覚

味覚とは、動物がもつ五感
「視覚・聴覚・嗅覚(きゅうかく)・味覚・触覚」の一つです。

 

味覚は、特定の化学物質の刺激に反応する味覚受容体(人の場合は主に
舌にある「味蕾・みらい」)の信号が、神経細胞「ニューロン」を通し
脳に送られることによって識別されるもの。

 

(舌以外には、口の奥の上面「軟口蓋」、「咽頭蓋」、「食道上部内面」
といわば喉を含めて口中で味わっているというわけですね)

 

味覚受容体が舌以外にある蝶々やハエなどの昆虫は、味覚受容体
のある前肢で食物に触れることにより味見をしているそうです。

 

またナマズは体表全域に味覚受容体細胞が分布しているということ
ですが、これはいつも何かの味を感じながら生きているということ
なのでしょうか?、ちょっと嬉しいような大変なような。

 

 

140429kiirominjinjusu

 

 

 

視覚、嗅覚、記憶等がプラス——風味

それに加えて、視覚や嗅覚、または記憶などによって
拡張された知覚心理学的な感覚としての味は「風味(flavour)」
と呼ばれいて、それを認識することを「味わう」と表現します。

 

確かに舌からの信号だけで味覚、味の全てが伝わり把握できる
ということは私自身は大いに疑問ですので、視覚、嗅覚、記憶
などが関わっているとの説明には納得です。

 

よくいわれることですが、鼻をつまんで単体の果物の果汁で作った
フルーツジュースを飲むと、何のジュースだかわからず、色や香り
などを手がかりにすることにより初めて識別が可能になるとか。

 

 

140429musasakininjinjusu

 

 

特に香りが命の松茸やコーヒーなども、香りがなかったら
全く何だかわからないのではないかとさえ思えるほどです。

 

舌にある味覚受容体が味の信号を脳に送って識別していることは
間違いのないことではありますが、それが私たちの感じる「味」の
うちの、どの程度の割合を占めているのかが気になるところ。

 

私の感覚としては、舌の味覚受容体で捉える味以外のものが「味」
のかなり大きな要素を占めているのではないかと思えるのですが。

 

 

140316jusuzairyou

 

 

先ほどの五行思想の芥子等で感じる「1  辛い」は、味覚受容体の
反応ではなく、皮膚に対する直接の刺激「体表感覚」と考えられて
いるので「辛味」は味の成分には含まれていないということです。

 

また、現在の生理学的に味の成分と考えられている「旨味」
ですが、これが加わったのは20世紀になってからのことで
それまでは、味は4基本味説が支持されていました。

 

現在でも、味覚刺激が神経に伝達されるまでの機構の全てがわかって
いるわけではないそうですので、もっと様々なことが解明されると
同時に、人体の不思議にますます驚くことになるのかもしれませんね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.