ホントにももちが作ったんだよ うさぎからのメッセージ3

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

161206massage

 

 

(前回の続きです)

バンバン起こし

ももちの起こし方を、私は「バンバン起こし」と呼んでいました。
起こそうとする時に、私の胸の上を左右にバンバンと
行ったり来たりを繰り返すからです。

 

当時の私は寝相が悪いこともあり、使っていたのはセミダブルの
ベッドでしたが、それでも私の胸の上をベッドから落ちずに
行ったり来たりするのはかなり難易度が高かったはず。

 

しかも私は、起こそうとするももちから逃げようとして動きますし。
ベッドの左側にはベッドの高さとほぼ同じくらいの収納家具を
ベッドサイドテーブルとして置いてありました。

 

ももちがその上に乗っている写真が次のものです。
写真の左側がベッドで、ももちの顔の右側の丸いものはライト。
その向こうが鏡になります。

 

 

161206momochilight        ベッドサイドテーブルの上に座るももち

 

 

 

ベッドサイドテーブル

ももちが座っているテーブルの表面は、そのままですと
ツルツルして危険なので、何枚も重ねた布で包んであります。
そこに筒型の常滑焼の花瓶を置いたことがありました。

 

中には葉が全て落ちた後の枯れ木の枝が入れて
ありますが、もちろん水は入っていません。
ももちは時々、花瓶を倒して木をかじっていたようでした。

 

次の写真の中で、ももちが立っちしている右側の写真の
右端の方に小さく写っているものが、その花瓶と枯れ木です。

 

 

 

161206massagemomochi   右の写真の右端に写っているのが、花瓶に挿してある枯れ木

 

 

 

「うん!?」

ある日、目を覚ましてふっとベッドサイドのテーブルに
目をやると、このようなものが目に飛び込んできました。

 

 

151206momochimateki

 

 

一瞬、もちが作ったものとは思えませんでした。
とはいえ他には誰もいません。

 

ももちの作品(?)の左上の方に円の一部のようなものが
見えますが、これはサイトテーブルの上に開いてある
ライトの大理石で出来た台座の部分です。

 

 

161206momochilight               このライトの下の部分 ↑

 

 

私は、ももちの制作現場を見てみたかったとつくづく思いました。
とにかく写真を撮っておかなくちゃと、当時はカメラがなく
ももちを撮るために用意していたインスタントカメラで写すことに。

 

私は思わず、ももちの制作現場という言葉を使いましたが
ひょっとしたら偶然に出来たものなのでしょうか?
そうだとしたら、それはそれで一層不思議な気もしますが。

 

 

 

翌日はバージョンアップ

ところが私の驚きは、これで終わりませんでした。
その日はももちの作品をそのままにしていたのですが
翌日は、なんとバージョンアップをしていたのです。

 

今日も、写真、写真と思いインスタントカメラを手に取ると
カメラ慣れしていない私は昨日、オンにしたままだったようで
写真はもう撮れない状態になっていました。

 

証拠写真が撮れなくてがっかり……。
とはいえ、ももちが作っている動画がない以上、それをももちが
作った証拠にはならないわけですから、まあ同じかもしれませんが。

 

ただ1つ、返す返すも残念なのは、せめてその模様を
スケッチしておけばよかったということです。
今ではその模様を、私は全く覚えていないのです。

 

(次回に続きます、今回も終わらずにごめんなさい)

 




スポンサードリンク



コメントを残す