オーストラリアのエミューってどんな鳥?

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

オーストラリアの国獣であり国章

カンガルーとエミューはオーストラリアの国獣でもあり
また国章にもなっている動物です。

 

オーストラリアといえば何となく、カンガルーとコアラ
が思い浮かびますが、コアラは非公式だそう。

 

ダチョウ目のエミューは、ダチョウに次ぎ世界で2番目に背の高い鳥。
ダチョウは、体高さ2.5メートル、体重は120キロになりますが
エミューは体高1.5〜2.0メートル、体重は40〜60キロ位だそうです。

 

ダチョウもエミューもともに走る鳥、走鳥類といわれ
走るスピードは早いものの、飛べない鳥でもあります。
オーストラリアのお隣のニュージーランドにいるキーウィもそうですね。

 

 

           オーストラリアのエミュー

 

 

 

「Australia」と「Ostrich」

ダチョウは漢字では「駝鳥」と書きますが、ダチョウの皮(革)を
使ったバッグやお財布などを「オーストリッチ」といいますので
オーストラリアの鳥のような気がしてしまいますがアフリカ大陸の鳥。

 

(「皮(Skin)」はそのままでは腐ってしまう原皮の状態をいい、
「革(Leather)」はそれをなめして加工したものを指します)

 

ダチョウは皮はもちろん、肉の需要も近年増えてきたためにヨーロッパ、
北米、中国、イスラエル、オーストラリアでも飼育されていますので
現在はダチョウもオーストラリアにはいることになりますが。

 

「オーストリッチ」と「オーストラリア」という日本語表記が
少々、似ているため混乱しがちですが、ダチョウの
オーストリッチは「Ostrich」で、オーストラリアは「Australia」。

 

 

            指が3本のエミューの足跡

 

 

 

エミューとダチョウの違い

エミューは足の指が3本あるのに対してダチョウは2本しかありません。
飛べないけれど早く走ることができる鳥、として有名なのに
足の指が2本しかないとは不思議、安定感がないような気もしますが。

 

またダチョウは飛べませんが羽は残っています。
一方、エミューの方はほとんど退化してしまっているそう。

 

羽毛自体の形態も異なっていて、エミューは鳥類では唯一、2本が対
になっているのに対して、ダチョウは1本1本が分かれています。

 

 

左側からロリキート、マガモ、エミュー、ダチョウの卵
(写真/「富士花鳥園 公式ブログ」)

 

 

ともに大きな卵として有名ですが、ダチョウの卵は1.5キロ以上
もあり(ニワトリの卵は約50グラム)、色はクリーム系の白。
殻の厚さは2ミリ程度で人が乗っても割れないとか!

 

上の写真のエミューの卵は縦が14センチ、横は9センチ、
重さは600グラムほどですが、深い緑色が特徴的ですね。
味はニワトリの卵より淡白であっさりしているといいます。

 

ダチョウの卵はもっとあっさりというか水っぽく、薄い味だそう。
また火を通しても白身の部分は半透明のままで、エッグアートに
使用するにはよさそうですが、食べるのはちょっとかもしれませんね。

 

 

オーストラリアの国章にもカンガルー
と共に描かれているエミュー

 

 

          エミュー        ダチョウ
_________________________________

指の本数        3本          2本

 羽        ほとんど退化      残っている

羽毛の形態      1本1本別々    1本が対になっている

卵の色        深緑        クリーム系の白

 

 

 

エミューはイクメンだった!

エミューはメスがオスより少し大きい鳥ですが、「エミュー(Emu)」
という名の語源はポルトガル語の「Ema(大きい鳥)」からきています。

 

飛べない鳥なので、外敵に襲われた時はジグザグに走って
時速50キロにも達するスピードで逃げますが、
逃げるだけではなく足で攻撃することもあるそう。

 

繁殖期は南半球で11月〜4月(北半球では5〜6月)で
このような濃い緑色の卵を5〜20個産みます。

 

 

     右から2番目がエミューの卵、右端はダチョウの卵

 

 

この卵を温めるのはオスのみだそうで、なんと8〜10週間の間
卵を温めヒナを孵しますが、その間は食べることはおろか飲むことも
一切しないため、体重は約半分ほどに減ってしまうといいます。

 

孵化後、2〜3カ月はオスが外敵からヒナを守りますが、メスも飼育に
参加することもあり、最高2年ほどヒナたちはオスと暮らすそうです。

 

 

 

エミュー(Emu)戦争

ダチョウ目、ヒクイドリ科、エミュー属の
エミューは現在、1種がのこるのみです。
同種あるいは近縁種がいましたが絶滅してしまいました。

 

なかでも1932年に行われたエミューの大量殺戮は有名です。
オーストリア西オーストリア州キャンピオン地区でエミューによる
農作物の被害が大きかったため、有害野生動物管理作戦が行われました。

 

これには機関銃で武装した兵士が動員されて、「エミュー戦争
(The Emu War)」「エミュー大戦争(The  Great  Emu  War)」
と呼ばれた歴史に残るものでした。

 

 

           オーストラリア大使館

 

 

 

軍隊が出動

1932年11月2日〜8日までで、2500発の弾薬が発射され
それにより死亡したエミューは50〜500頭といわれていますが
地元メディアの「わずか数頭のみ」と否定的な報道もあります。

 

一度、撤収した後、上院において国務大臣はエミューの農業に
与える脅威を力説し、再び軍隊がエミューに立ち向かい
1932年11月13日〜12月2日まで、毎週100頭が銃殺されたと報告。

 

12月10日の報告では、9860発の弾薬で986頭のエミューを殺害、即死では
なかったものの負傷した2500頭のエミューが死亡したとされていますが
この戦争はあまりに馬鹿げ、国費の浪費であるとの声もあがりました。

 

 

 

 

 

1種以外は絶滅、数も激減

とはいうものの地元の農家からは、1934年、1943年、1948年の
3回にわたって、同じような軍事支援の要請が出されてました。
これらはいずれも政府が却下し、代わりに報奨金制度を導入。

 

軍事支援よりこちらの方が効果があったようで、1934年の
6カ月の間に、57,034件の報奨があったとの記録も残っています。

 

これらに対して「希少種エミューの根絶」に反対をする人もいました。
オーストラリアの鳥類学者、ドミニク・サーベンティは
「エミューを大量殺戮しようとする試み」と批判しています。

 

農家の被害は甚大だったのは確かで、何らかの対策は必要だったと
思われますが、現在エミューは1種を残して他の種は絶滅、
全体数も激減ということもまた事実です。

 

 

     現在は1種のみになり、全体数も激減したエミュー

 

 

 

日本でも飼育が始まる

機関銃で武装した兵士の手強い敵であったエミューですが
草や花、昆虫を食べるおだやかで人懐っこい動物だといいます。

 

何万年もの間、過酷な環境のもと生き延びてきたエミューは
寒暖の差にも強く、砂漠地帯でも生息できる丈夫な生き物で飼育
しやすく、日本でも北海道でエミュー飼育が始められているようです。

 

肉は高タンパクで低カロリー、豚肉の4倍もの鉄分も含みます。
羽はもちろんのこと、皮や骨、内蔵まで商品となるそうですが
中でも有名なのはエミューオイルですね。

 

 

 

 

 

人気のエミューオイル

オイルはエミューの脂肪からとれますが、オーストラリアのアボリジニは
傷や火傷、関節炎、筋肉痛、打撲、虫さされなどの炎症鎮痛として
また皮膚炎などの万能薬として長年、使ってきたということです。

 

1980年代にはオーストラリア政府の支援により、エミューオイルの
研究分析・臨床検査が公式に進められて、TGA(豪州治療医薬品局)
の定める「医薬品」として認められました。

 

動物性でありながら植物性脂肪を構成する不飽和脂肪酸を
多く含んでいて、べたつきのないさわやかな使用感が魅力。

 

肌への浸透が高い「オレイン酸(オメガ9系)」
潤いを保つ「リノール酸(オメガ6系)」
抗炎症作用「α-リノレン酸(オメガ3系)」

 

これら3つをバランスよく、人の皮膚の成分に
近い割合で含んでいるのが特徴です。

 

エミュー戦争に遭遇してしまった不幸な経験を持つ生き物
イクメンエミューは、人間に役立ってくれる動物だったのですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す