ヘーゼルナッツのロースト方法 ヘーゼルナッツ(ロースト)「フルーティヤフーズ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

 

初の「ロースト」ヘーゼルナッツ

今回、初めて「ロースト」をしたヘーゼルナッツを買いました。
以前は同じ「フルーティヤフーズ」でヘーゼルナッツの
生タイプを買ったことがありましたが、今回はローストを。

 

本当は,生を買って使うたびに自分で「ロースト」した方が酸化が
少なくて健康にはいいと思うのですが、どうも自分で上手に
「ロースト」する自信がないので、手っ取り早く買ってしまいました。

 

「ロースト」と聞きますと,まずはローストビーフや
ローストチキンなどという言葉が浮かびますが
そもそも「ロースト」ってどのような意味なのでしょうか?

 

 

ヘーゼルナッツの総生産量の75パーセントはトルコ産
日本に輸入されるヘーゼルナッツの95パーセントもトルコ産

 

 

 

「ロースト」とは?

『語源由来辞典』によりますと、「肉などをあぶり焼きにしたり、
蒸し焼きにしたりすること。また、その料理」のことで、
「ロースト」の語源・由来としては、英語の「roast,」からの外来語。

 

「あぶり焼き」を意味するゲルマン祖語の「raustjan」が
12世紀にゲルマン系のフランク語「rostir(ロスティール)」となり、
13世紀に英語に入り「roast」になりました。

 

一般的に「ローストチキン」や「ローストビーフ」など肉料理に使い。
「あぶり焼き」や「蒸し焼き」を意味するが「ローストナッツ」のように
「豆類を炒る」意味でも用いられるとのことでした。

 

 

          木になっているヘーゼルナッツ

 

 

 

生のヘーゼルナッツはちょっとクセがある

やっと最後になって,豆類のローストが登場しましたが
結局は豆(ヘーゼルナッツ)を炒ったものということですね。

 

一般的にナッツ類は、加熱によって栄養成分が失われてしまい
ますので、健康のためや美容上の効果を期待してヘーゼルナッツ
を摂る場合は、生のままの方が良いようです。

 

とはいえ、ヘーゼルナッツは生ですと少々、クセがあって
食べにくいという方もいらっしゃることでしょう。
そんな方には、自宅でのローストを是非、お勧めします。

 

 

ヘーゼルナッツの形には、1丸型( ROUNDED)、
2尖形(POINTED)、3長形(LONG)の3種類がある
これは1の丸型

 

 

 

ヘーゼルナッツのローストの方法

1 フライパン
まずは一番簡単なフライパンでローストする方法です。
弱火で、薄いキツネ色になるまでローストするだけ。

 

2 オーブン
160℃〜180℃のオーブンで10分ほどローストします。
香ばしい風味が立ち上ってくるロースト法です。
フライパンでのローストは焦げつきに注意が必要です。

 

3 ホームベーカリー
この方法は今回初めて知りましたが、ホームベーカリー
でもナッツのローストが出来るということです。

 

 

英語で「ヘーゼルナッツ(Hazelnut)」
フランス語で「ノワゼット(Noisette)」
日本語では「ハシバミ(榛)」

 

 

 

ロースト後にハチミツ漬けで保存

本当は、ヘーゼルナッツを使用するたびにローストする
というのが理想なのかもしれませんが、そうはいっても
毎回は面倒ですよね。

 

ある程度の量を一度にローストして、それを保存
しながら少しずつ使う、というのが普通のようです。

 

ただそれでも、出来るだけ酸化をおさえたいということも
あって、ローストをしたヘーゼルナッツの保存には
ハチミツ漬けをしている人がかなりいらっしゃるよう。

 

ローストしたヘーゼルナッツに限らず、ナッツ類のハチミツ漬けは
単に酸化を防ぐという意味だけではなく,おいしいということも魅力。

 

作り方は,というほど説明の必要もないほど簡単で、ローストした
ヘーゼルナッツがかぶる程度の蜂蜜を入れるだけです。

 

 

 

 

 

ヘーゼルナッツの効果

ヘーゼルナッツは、栄養価が高いといわれるナッツ類の中でも特に
生活習慣病の予防や老化防止などに効果があるナッツとして有名です。

 

老化防止に効果を発揮する抗酸化作用を持つ脂肪酸である
オレイン酸はアーモンドの1.6倍も多く含まれています。

 

そのほかには美肌効果や、腸内環境を整える効果もあり、
また骨粗しょう症の予防にも期待できるといわれています。

 

 

 

 

 

ヘーゼルナッツの栄養価
(可食部100グラムあたり)

エネルギー        684キロカロリー

タンパク質         13.6グラム

脂質           69.3グラム

炭水化物          13.9グラム

ビタミンE         28.3ミリグラム

ビタミンB2          0.28ミリグラム

カルシウム         130ミリグラム

食物繊維           7.4グラム

 

 

 

 

 

ヘーゼルナッツを効果的に食べるには

先ほどヘーゼルナッツの効果として、抗酸化作用を持つオレイン酸が
アーモンドの1.6倍も多く含むとお伝えしましたが、これを最大限に
活かすには、ヘーゼルナッツを食べるタイミングが重要なようです。

 

最もオレイン酸がよく働くといわれて炒るのは、食事の30分から
1時間半前までに食べるのがよいのだそうです。

 

なにやらお薬の服用のような感じもしますが、これが
抗酸化作用を最大限に活かせる時間帯なのだとか。
また1日の摂取目安は、約20粒ともいわれています。

 

ですが、まあこれは本当にお薬ではないのですから
これより少なくても多くてもよいのではないかと。

 

栄養効果を期待して摂るのもよいでしょうが、
私はそれ以上に味を楽しみ美味しくいただく方が
結果的には健康にもよいような気が私自身はしています。
美味しい方がいいよね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す