クコ(枸杞) 「クコ茶」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「ゴジベリー」?

先日、お友達が来てくれたときにいくつかのドライフルーツを
お皿に並べると、彼女がクコの実を手にして
「これゴジベリーでしょ?」と聞くのです。

 

「ゴジベリー」なる言葉を知らなかった私はその時、
「日本ではクコだけど……」と何とも間が抜けた返事をしたのですが。

 

彼女はこのゴジベリー(クコ)と一緒にナッツ等をグラインダー
で小さくしてお料理に使っているということでした。
うん、それはいかにも体によさそう。

 

 

      クコ(枸杞)・ゴジベリー( GOJI  BERRIES)

 

 

 

こう見えて「ナス科」

「ゴジベリー(GOJI  BERRIES)」という名の「クコ」は
今やスーパーフードとして人気の食品なのだとか。
私は「クコ」がそんな有名人だとはつゆ知らず
たまたまついでに購入しただけなのですが。

 

ちっちゃいけど大きな効果を誇るクコは、漢字で書くと「枸杞」、
ちょっと意外なことにナス科の植物です。
学名は「Lycium chinense」。

 

学名の「Lycium(リシウム)」というのは、中央アジアのLyciaという
土地に生えていた棘の多い木、「lycion」の名前に由来しています。
夏から秋にかけて美しい紫色の花が咲いた後に、赤い実がなります。

 

 

          クコの実(左)とクコの花(右)

 

 

 

根も葉も、実も

中国では果実を「枸杞子(くこし)」と読んで
枸杞酒や薬膳料理の材料として使われていますが
クコという植物の活躍はそれだけではありません。

 

葉は「枸杞葉(くこよう)」と呼ばれる漢方薬になり、
根皮は「地骨皮(じこっぴ)」という解熱や強壮薬に使われます。
私とクコの出会いは小学生の頃、母がクコの葉を煎じていたことが最初。

 

クコは中国と日本では「沼美久須利(ぬみくすり)」と
呼ばれて古くから栽培されていた植物です。
枝にトゲがあることから、生垣にも利用されていました。

 

 

    元は薬膳料理だった「杏仁豆腐」に使われている「クコ」

 

 

 

クコの「副作用」と「避けた方がいい人」

子どもの頃は腎臓病の改善のために母の煎じるクコの葉の何とも言い難い
香りがキッチンに充満していた経験から「おばあちゃんの漢方薬」の
イメージのあったクコが、現在はなんとヨーロッパのセレブ御用達とは。

 

地味な高校生と思っていた隣のお姉さんが、いつの間にやらパリコレで
ランウェイを颯爽と歩むスーパーモデルになっていた位の驚きですが
クコの薬効を御紹介する前に、副作用と摂取しない方がいい人のことを。

 

副作用としては、生理が早くなってしまう生理作用の促進があります。
また人工中絶薬の作用として知られる「ベタイン」を含んでいますので
妊娠している方や、授乳中の方は控えた方がよささそうです。

 

 

     アラボンヌーの「ゼリー杏仁」の真ん中にもクコが

 

 

 

クレオパトラと楊貴妃も毎日摂取

産地によって含まれる成分は多少異なるようですが、基本的に
クコの実には100種類以上のビタミンやミネラルが含まれています。

 

様々な薬効の中でも多くの女性に支持される美容面の効果
といえば、肌の美白効果、保湿効果、コラーゲンの生成等の
アンチエイジング効果があげられるでしょう。

 

世界三大美女(出た!)のうちの、クレオパトラと楊貴妃が
(今回は小野小町はお休み)毎日クコの実を食べていたといいます。

 

と御常連の三大美女のお話ですが、巷でいわれる三代美女も食べていた
という食品を集めてみたら、彼女らは美容のために毎日、どれほどの
食品を摂取していたのやらと他人事ながら心配になるほど。

 

 

 

 

 

美肌効果(美白、保湿、コラーゲン生成)

そんな昔にクコが肌によいということを知っていたのもすごいことですが
現在では、クコの実エキスが紫外線ダメージによる色素沈着の程度を
軽くするという実験結果を資生堂リサーチセンターが発表しています。

 

クコの実エキスは、ビタミンCの2倍の美白効果があり、シミの予防や
あるいはすでにできてしまったシミの回復にと効果を発揮するそうです。
またクコには、オレンジの約500倍ものビタミンCも含まれているとか。

 

先ほど、妊娠中、授乳中は避けた方がよいという「ベタイン」ですが
プラス面としては、保湿効果、血液浄化作用、肝機能活性作用も
ありますので、肝臓の働きを助け糖尿病にもよい作用が期待できます。

 

クコにはヒドロキシプロリンというコラーゲンの生成を促す成分も
含まれ、同時にコラゲナーゼ活性を阻害する働きも持っています。
ということは、コラーゼン生成だけではなく、コラーゲンを壊すことを
防いでくれる働きもしますので、これは願ったり叶ったりといえますね。

 

その上、クコに多く含まれている、βカロテンは抗酸化作用があり、
コラゲナーゼが活性酸素を阻害し、シワやたるみなどの進行を遅らせ、
ゼアキサンチンは、体内で発生した過酸化物を無害な物質にします。

 

 

          クコの実は紅茶にも合いますよ

 

 

 

「不死の実」

美容効果に比べてちょっとテンションは落ち気味ですが
目にもよく、クコの実は「飲む目薬」とも言われています。
中医学で「枸杞子(くこし)」は、滋養強壮、目の疲れを取る漢方です。

 

ゼアキサンチンという、目の網膜中心部に含まれる成分を有効に摂取でき
網膜を守ってくれるため、眼精疲労、白内障、緑内障の予防によいよう。
これ実は、私はかなり期待したいです。

 

ビタミン Pは冷え性やむくみ、血行不良による肩こりに効き、
ルチンが毛細血管を丈夫にし、ベタインが血行をよくして高血圧も予防。
疲れた神経を興奮させるアルカロイドには疲労回復作用も期待できます。

 

その他には、乾燥性の「カラ咳」にも効果があり、
うずくような腰やひざの痛みにも効果を発揮するといわれています。
また精子を増加させる効果もあり、少ない男性の治療にも使われるとか。

 

というようにクコの実の効果は満載ですが、それ故に
クコの実は「不死の実」ともいわれているそうです。
すごいですね、「不死」ですって!

 

 

          クコ入り茶1 紅茶に入れる

 

 

 

1日の摂取量は3〜5グラム

でも効果がすごいからといって、とり過ぎはやはり禁物。
1日に大さじ1杯、20粒前後がよいようです。

 

摂り方は私の友人のように他のものと混ぜてグラインダーで細かくする
のも消化によさそうですが、うちにはグラインダーがありませんので
そのままサラダやスープにと入れています。

 

クコのみをそのままいただくとレーズンに似ているともいわれます。
現在、私はレーズンが苦手なのですがクコの実は全然平気でした。
というより美味しかったので、そのままというのも充分ありですよ。

 

 

          クコ入り茶2 緑茶に入れる

 

 

 

クコ茶(クコの葉を煎じるお茶)

それ以外ではお茶にするという方法もありますね。
私の母がしていたように葉っぱを煎じて、クコに薬効を期待するお茶と、
もっと気軽にハーブティー感覚で様々なお茶にクコを入れるものと。

 

クコの葉を煎じるクコ茶の作り方
1リットルの水に大さじ2〜3杯ほどの乾燥したクコの葉を入れて
火にかけ、沸騰後は10分程度とろ火にすれば出来上がります。

 

また煎じずに、急須に入れ熱湯を注いで出すこともできます。
この場合も、クコの葉の量は大さじ1〜2杯でお好みで。

 

 

    クコ入り茶3 お湯に入れる(あるいは水から煮出す)

 

 

 

クコ茶(クコの実を入れたお茶)

今回、写真に撮ってみたクコ入り茶は、
1  紅茶、2  お湯、3  緑茶、の3種類ですが、コーヒーのような強いもの
以外でしたら、中国茶やハーブティーに加えてみてもいいですね。

 

クコをあまり多くは入れないようにして、今回はそれぞれ10粒ずつに。
私は、ほとんどお湯という感じはつまらないので
クコの実をお水から煮出してみました。

 

カップに直接、クコの実を入れてお湯を注ぐ方法もあるようですが
実は柔らかくはなりますが、お茶としては薄く味気ない気もします。
煮出しても、結構薄めでしたから。

 

もっとも産地や購入したお店によって違うと思います
ので、色々試してみると楽しいかもしれません。

 




スポンサードリンク



コメントを残す