節分の大豆とピーナッツ、恵方巻

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

立春の前の日が「節分」

明日、2月3日は節分、豆まきの日ですね。
といっても2月3日が節分というのは、1985年から2024年までの
ことで毎年、2月3日が節分というわけでもなさそうです。

 

1984年までは4年に一度のうるう年に2月4日だったり、2025年からは
うるう年の翌年は2月2日になったりと、何やら複雑なよう。

 

要は立春の前の日が節分で、その頃はかなり寒い時期、
邪気を払う、というのは病につけ入られないよう健康に充分
注意して暮らしましょう、ということなのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

大豆以外にピーナッツをまく所も

節分の行事といえば豆まきです。
豆まきに使われるお豆は、大豆だとばかり思っていたのですが
ところによってはピーナッツをまくところもあるのだそうです。

 

その発祥は北海道だとか。
雪の中でまいた後に、殻つきのピーナッツだと拾って
食べることができるから、というのがその理由だそうです。

 

そういわれてみれば、確かに合理的ではありますね。
節分の豆まきが、大豆からピーナッツに変わっていった時期は
全国落花生協会によりますと、昭和30年代からだということです。

 

豆まきではなくチョコレートまき?!

また北海道では、ピーナッツ以外にチョコレート
などのお菓子をまくこともあるということです。

 

その理由はわかりませんが、雪の中でもとけないからなのでしょうか?
こうなると、もう何でもいいという気がしないでもありませんが。

 

北海道以外でピーナッツをまくのは、やはり雪の多い東北、
ぐっと離れて鹿児島、宮崎もピーナッツ派だそうですが
こちらはピーナッツの産地に近いからという理由です。

 

 

 

 

 

年齢プラス1の豆を食べる

こうしてまいた豆を、年の数より1つだけ多く食べると病気にならない
などといい、小学生の頃はアッというまに食べ終えてしまったもの
でしたが、今では食べ終えることが困難なほど数が増えてしまい……。

 

ところで北海道などのように大豆の代わりにピーナッツをまいた場合
この計算は殻つきで数えるのか、殻をむいて数えるのか気になるところ。
ピーナッツって一つの殻に3つくらい普通に入っていますからね。

 

私は当然、殻を外して数えるのだろうと思っていたのですが
正解は何と、殻つきで数えるのだそうです。
となるとすごいですよね、ピーナッツの数、特に50歳以上の人は。

 

 

 

 

 

恵方巻も登場

節分といえば大豆であろうとピーナッツであろうと、とにかく豆
というのが定番だと思っていましたが、最近は恵方巻きも
随分、耳にするようになりましたね。

 

恵方巻を節分に食べるという説については、江戸時代の終わり頃に
大阪の商人たちが商売繁盛と厄除けを願って始まった等、諸説ある
そうですが、起源、発祥共に信憑性も定かではないといいます。

 

恵方巻きという言葉と風習は、1998(平成10年)にセブンイレブンが
「丸かぶり寿司  恵方巻」という名前で売り出したもので、それ以前は
「丸かぶり寿司」「節分の巻きずし」「幸運巻寿司」等の名前でした。

 

まいた後に年の数より1つ多い豆を食べるというシンプルさとは異なり
恵方巻の方は、食べ方に決まったお作法があるようです。

 

太巻きを一人につき一本用意しますが、福が切れないように、と包丁で
切ることはせず、そのまま恵方に向かって、黙々と食べ終えるのだそう。
話をすると福が逃げるので口をきいてはいけないとか、
目を閉じて食べる、笑いながら食べる等々、いろいろです。

 

 

          こちらは「まるかじり大福」

 

 

 

花街の芸者遊び

1970(昭和45)年に発行された篠田統の『すしの本』では
「節分と巻きずし」について次のような記述があります。

 

「本日巻きずしありという広告を見たが(中略)、おもに花街で行われ、
新こうこうが漬かる時期なので、その香の物を芯に巻いたノリ巻きを、
切らずに全(まる)のまま、恵方のほうへ向いて食べる由。
老浪華人の塩路吉兆老も今日まで知らなんだ。(中略)
もちろん、私も初耳だ。普通の町家ではあまりやらないようだ。」

 

ということから、一般家庭というよりは花街で
芸者遊びの一つとして行われていたことがわかります。

 

 

 

 

 

神社でも

1973(昭和48)年には、大阪海苔問屋協同組合が「幸運巻きずし」の
キャンペーンを展開し、節分イベントに巻きずし早食い競争を始めます。
1983(昭和58)年に大阪府と兵庫県のファミリーマートでも販売を開始。

 

恵方巻は、関西から九州、岐阜、浜松等、次第に範囲が広がってゆき
1980年代の終わりには、川崎の神社が恵方巻を取り入れると、それ以降
節分祭に太巻きを食べる行事を神社が始めるようになりました。

 

神事を執り行った後に宮司が、太巻きを配って太鼓の合図と共に
全員で今年の恵方を向いて太巻き寿司を丸かぶりするのだとか!!

 

 

 

 

 

春、夏、秋の恵方巻の販売

その後、ダイエー、ジャスコなどが恵方巻の宣伝活動を行うようになり
2007(平成19)年の日本全体での販売本数は、約3000万本となりました。
翌2008年2月2日と2月3日の2日間だけで、セブンイレブンは388万本、
コンビニ大手3社では700万本が売れるほどになります。

 

これに気をよくしたのでしょか、節分が年に4回あることに
着目し、それぞれの恵方巻を売り出すことを考えました。
季節をわける「節分」は、春夏秋冬それぞれありますからね。

 

明日の「立春」以外に「立夏」、「立秋」、「立冬」があります。
2010(平成22)年からは、11月の「秋の恵方巻」を売り出すようになり
2011(平成23)年からは、8月の「夏の恵方巻」も販売を開始しました。

 

5月の「春の恵方巻」については、同時期に端午の節句があることから
少々ためらっていたようですが、夏と秋の恵方巻が行われるように
なるにつれて、徐々に販売を開始する傾向にあるということです。

 

 

 

 

 

恵方巻の急速な広まり

2002(平成14)年の時点では、恵方巻を知っている人は53パーセントと
約半数でしたが、わずか4年後の2006(平成18)年には92.5パーセントに
なり、すでにほとんどの人に知られているのがわかります。
                       (ミツカン酢調査)

 

また、2011(平成23)年の、首都圏、名古屋、阪神圏を対象に、節分行事
に何をしたかという調査を行いました。(博報堂生活総合研究所調査)

 

それによりますと、「豆まきをした」が44パーセントに留まっている
のに対して、「恵方巻を食べた」は48パーセントという答え。
この調査に関する限りは、恵方巻を食べる方が豆まきよりも多いのです。

 

 

 

 

 

コンビニのバイトに課せられるノルマ

しかも昨年くらいから、コンビニのバイトが恵方巻の販売に関して
厳しいノルマが課せられ、達成できないと買い取らなくてはならない
などという、ちょっと信じがたい話もツイッターで流れてきています。

 

先ほどの、莫大ともいえるコンビニの恵方巻販売数は、このような
バイトの犠牲の上で達成されている数字なのかもしれないと思うと
単に感心したり、面白がってもいられない気もしてきます。

 

恵方巻の丸かじりは、花街のちょっと変わったお遊びということでしたら
面白い趣向の一つとしてわからなくもありません。(何か非日常なことを
しているような気がするので、といっても本当は知らないのですが!)

 

ですが節分に太巻き寿司を頂くのならば、一本丸ごとを
黙々と押し込むように食べるのではなく、ゆっくり
味わって美味しく頂く方が断然、楽しいと思いますね。

 

 

 

 

口もきかずに、一本全部を詰め込むようにして食べないと
福が逃げちゃうというのなら、そんな福の神とは縁を切って
もっと話のわかる福の神と仲良くなりましょう!

 

ちなみに明日の「立春」以降、2017年のそれぞれの節分の日付は
立夏ー5月5日(金)、立秋ー8月7日(火)、立冬ー11月7日(火)
となっています。

 

明日が立春の節分だというのに、もう次の立冬のお話とは、
鬼に笑われてしまうでしょうか?

 

 

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  2017年2月2日夜 追記

  恵方巻に関するツイートがいくつも流れてきています。
  そのうちの2つだけご紹介します。

 

 「るけみん@lukemin4948
*  さっき NW9でもやってました。
  本部から目標を出されて数百本単位で仕入れ、
  バイトでも1人で100本くらいノルマがつくそうです。」

 

 「るな@@rooe888runa
  企業が幸せになるイベントが多すぎですよね。」

 




スポンサードリンク



コメントを残す