「大豆」 デザイナーズフーズにも入っている大豆の国内自給率は6%

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

30パーセント以上がたんぱく質

大豆といえば「畑の肉」といわれますが
この言葉が生まれたのはドイツだということです。
一方、大豆を「大地の黄金」というのはアメリカ。

 

様々な所でこのようにいわれるのは、大豆がアミノ酸バランス
のよい良質なタンパク質を多く含んだ食品だからです。
乾燥した大豆の状態の30パーセント以上がタンパク質ということ。

 

牛肉のサーロイン(約68パーセントは水分)のタンパク質の含有量は
約21パーセントですが、同じくらいの水分(約64パーセント)を
含んでいる茹でた大豆の場合のタンパク質含有量は約16パーセントです。

 

 

              乾燥「大豆」

 

 

大豆やイネ、トウモロコシ、ゴマ、ピーナッツにタンパク質、
炭水化物、脂質、水分がどの程度の割合で含まれているかを
比べてみたのが次のものです。

 

          タンパク質  炭水化物  脂質  水分
________________________________
ダイス(ゆで)       16,0     9,7      9,0    63,5(%)
イネ(生)          6,1     77,1      0,9    15,5
トウモロコシ(生)      3,6    16,8   1,7     77,1
ゴマ(むき)           19,3      18,8    54,9      4,1
ピーナッツ(乾燥)     25,4      18,8    47,5      6,0

           (田中修「クイズ 植物入門」講談社2005)

 

 

         上の乾燥大豆を水に戻したもの

 

 

 

吸収率もバツグン

人間の筋肉や内臓などの組織を作る成分であるタンパク質は、生命の
維持に欠かせない不可欠なものであり、三大栄養素の一つでもあります。
(三大栄養素=タンパク質、脂質、炭水化物)

 

たんぱく質の英語「プロテイン(Protein)」はギリシャ語の
「 Proteus)最も大事なものの意」からきています。

 

必須アミノ酸をバランスよく含んでいる良質なタンパク質の
代表的なものは肉や卵ですが、大豆は植物性食品でありながら
肉や卵にも負けないほどの良質なタンパク質を含んでいます。

 

また、摂取したタンパク質の消化吸収においても大豆はスグレモノ。
大豆のタンパク質の消化吸収率は、納豆で91パーセント、
お豆腐で95パーセントという高吸収率。

 

つまり大豆は、良質のタンパゥ室をたくさん含み
なおかつ高吸収率というわけです。

 

 

              ショウガ

 

 

 

これらの大豆の良質なタンパク質は、
・心臓病のリスクを低減させ、
・骨を丈夫にしたり、骨粗しょう症の予防、
・更年期障害を軽減させ、
・肥満予防効果があり、ダイエット効果を高める
というような働きをします。

 

 

アメリカ合衆国政府が発表した、ガンの予防に効果があると考えられる
食品「デザイナーズフーズ」の中にも大豆は含まれています。

 

アメリカ国立ガン研究所による「デザイナーズフーズ」とは
ニンニク、キャベツ、ショウガ、ニンジン、セロリ、甘草、
パースニップ、そして大豆の全部で8つです。
(「パースニップ」については次回)

 

 

              ニンジン

 

 

 

原産地は……

パースニップに思わぬ道草をしてしまいましたが
パースニップとともにガン予防に効果がある食品ベスト8に選ばれた大豆
ですが、原産地についてははっきりしたことはわかっていないようです。

 

昔は満州、シベリア説が有力だったといいますが
次第に中国河南説も多く出てきているとか。
一般的には紀元前2000年以前から、中国のかなり広い範囲で栽培されて
いてその後、朝鮮半島や東南アジアに広まっていったといわれています。

 

 

             大豆の新芽

 

 

 

日本へは弥生時代に

日本へは、弥生時代に水稲とともに入ってきたとも
あるいはそれより少し遅れて入ったともいわれていてます。

 

縄文遺跡には、ツルマメ、リョクトウなどの小さな豆は
出土していますが、大豆のような大きな豆の出土はないそうです。

 

奈良時代に中国との交流が盛んになってからは、仏教とともに味噌、
醤油などの大豆の加工品が、その加工方法とともに伝わってきました。

 

「古事記」にも「豆」という文字が記されているそうですが、
当時は大豆は貴重なもので、一般庶民には普及していませんでした。

 

 

     大豆の「実」、左下にあるのは小さなピンク色の花

 

 

 

鎌倉時代から栽培が広がる

日本で大豆を栽培するようになったのは鎌倉時代以降で、大豆の栽培が
広まるに従い加工秘術もまた発達し、味噌、醤油、納豆、豆腐、きな粉、
おから、湯葉等、大豆の加工品が作られるようになってゆきました。

 

大豆はまた、侍や農民たちの戦(いくさ)時の
保存食としても大切なものでもありました。

 

大豆を少々早めに収穫して、エダマメとして食べるようになったのも
いつの頃からかわからないそうですが、江戸時代には夏になると
エダマメ売りの姿を町で見ることができたということです。

 

陰暦の9月13日を「豆名月」と呼んで
エダマメを供える習慣もありましたしね。

 

 

           「黒豆」も大豆の仲間

 

 

 

「大いなる豆」

大豆には粒の大きさ以外に色の違うたくさんの種類があります。
黄色、白色、緑色などで、おせち料理に黒豆も大豆の仲間「黒大豆」。

 

大粒種は、煮豆などのようにそのまま調理するものに使われ、
中粒種は、豆腐、味噌、醤油などの加工品に多く使われ、
小粒種は、主に納豆になるようです。

 

また「大豆(だいず)」という名前の由来は
「大いなる」豆、立派な豆というところからきているそうです。

 

 

 

 

 

下がり続ける食料自給率

こんなにも古くから日本人の生活に深く浸透して、なくてはならない
存在の大豆ですが、自給率はかなり低いのが現状です。

 

農林水産省によりますと2013(平成25)年の大豆自給率は6パーセント。
サラダ油などの原理ょとなる油糧用を除いて、食用品に限ると
21パーセントということですが、これでもかなり低いですよね。

 

また大豆に限ったことではなく、日本の食料自給率を
見てみますと、こちらも絶望的ともいいたい低さです。

 

ちょっと古いのですが、農林水産省の1997(平成9)年の白書から。
1960年以降の穀物自給率は、1961年が76パーセントでしたが
1992年では、29パーセントと急激に下落しています。

 

 

           グラフ(「エダマメの豆知識」

 

 

1996年に発表した「fao(国連食糧農業機関)」
の資料で、1988〜1990年の穀物自給率は、

 

先進国平均で108パーセント、
開発途上国平均が92パーセントであるのに対して
日本は26パーセントとなっています。

 

fao加盟国、126カ国の中で113番目という低さ。
日本より低い国は、砂漠、赤道直下の熱帯雨林や北極圏などの国々。

 

 

 

 

ヨーロッパは特に、近年国内生産力の向上に国内生産力の向上に
努めて実績を上げているそうですが、それと対照的なのが日本です。
ちょっと想像を絶する低さに驚きました。

 

2013年の大豆生産量は国内では
1位 北海道、2位 佐賀県、3位 滋賀県、

 

世界では
1位 アメリカ、2位 ブラジル、3位 アルゼンチン
ということです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す