「白いニンジン」に見えるけど違う野菜 「パースニップ」と「ルートパセリ」

「あぷりお茶会」へようこそ!

 

 

 

別名がややこしい「パースニップ」

(今日は前回の「パースニップ」のおまけ(?)の記事です。
今日の分を前回にプラスすると、あまりにも長くなってしまうので……)

 

「パースニップ」はアメリカ国立がん研究所が発表したがん予防効果の
ある植物性食品のトップクラスに位置しているということでしたが、

 

「パースニップ」という名前以外にも「オランダボウフウ」、
「清正ニンジン」、「白ニンジン」、「アメリカボウフウ」、
「砂糖ニンジン」等いろいろな別名があるそうです。

 

私はまだ日本で、「パースニップ」に出会ったことはないのですが
もし、日本のスーパーマーケットでパースニップを
「白ニンジン」と称して売っていたら迷ってしまうかもしれません。

 

本当の「白ニンジン」なのか、
あるいはパースニップを、別名の「白ニンジン」と
呼んでいるのか、どちらかわかりませんものね。

 

 

              こちらは本当の「白ニンジン」

 

 

ちなみにこちらが本当の「白ニンジン」です。
ちょっと見ると大根のようにも見えますが、葉っぱは確かにニンジン。

 

以前、ブログでも取り上げましたがニンジンはいろいろな色があります。
普通のオレンジ色以外に、黄色、紫色、そして白。

 

「京人参」ともいわれる「金時人参」はオレンジ色
というよりは、もう少し赤に近い色ですね。

 

 

            いろいろな色のニンジン

 

 

 

「白ニンジン」に似てる「ルートパセリ」

そういえば以前、ハンガリアングラーシュなどに入れる野菜として
「パセリの根(ルートパセリ Petersilienwurzel  ←  読み方がわからず)」
という、やはり白いニンジンに似ているお野菜をご覧いただきました。

 

それが次の写真ですが、これはパセリの根
(ルートパセリ)なのだそうです。

土の上に出ている葉っぱ部分も、もちろん食べられますが
地下のこの根菜部を煮込み料理などに使用します。

 

 

  「ルートパセリ(パセリの根 Petersilienwurzel)」(上下とも)

 

 

他の国にもあるのでしょうが、私はこの「Petersilienwurzel」という
パセリの根はドイツに暮らしている方のブログで知りました。

 

見かけは「パースニップ」にそっくりですが
それもそもはず「パースニップ」の仲間だそう。

 

ただしこちらは、セロリ風の香りと甘みがある「パースニップ」
とは違って。苦味があって匂いもきつい野菜だとのことです。

 

 

           「パースニップ( Parsnip)」

 

 

 

「パースニップ」と「ルートパセリ」の違い

味や香りは異なっていても、外見はこんなにそっくりな
「パースニップ」と「ルートパセリ」ですが
両者の一番の違いといえばサイズだそう。

 

「ルートパセリ」の根菜部分の直径は
約3〜5センチで長さは20センチほどであるのに対して
「パースニップ」はその2倍ほどの長さがあるということです。

 

上の写真の一番上にある「パースニップ」は確かに結構、長さがありそう
ですが、小さい方の「パースニップ」は「ルートパセリ」とさほど
違わないような気もしますので、やはり見慣れていないと難しいかも。

 

 


 

 

 

二つを使って作るスープは美味しい

日本のスーパーマーケットで両方のお野菜が、普通に
手に入れられるようになって、どちらがどちらか
わからなかったら、思い切って二つとも買ってしまいましょう。

 

「パースニップ」はベビーフードなどによく使われる野菜ですし、
「パースニップ」と「ルートパセリ」は一緒にスープを作っても
とても美味しいそうですから。

 

しかも「ルートパセリ」は、洗わない状態のままで数ヶ月も
保存することができるということですので、あまっても安心。

 

とまあ、今日は現代の日本ではあまりというか、ほとんど
役に立たないかもしれない情報ではありましたが、どうかお許しを。

 




スポンサードリンク



コメントを残す