本来、ニンジンは白が基本

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

ニンジンは白かった!

ニンジンはオレンジ色のものだけではな、黄色、紫、金時人参の
赤い色というように様々な色があり、そのうちいくつかは
ブログでも紹介してきました。

 

私はまだ買ったことはありませんが白いニンジンもありますね。
と思っていたら、なんとニンジンは白が本来のもので
カラフルなニンジンはあとからできてきたものだそうです。

 

ニンジンの原産地は、中央アジアのアフガニスタン。
ヒンドゥークシュ(ヒンズークシ)山脈のふもとで栽培されていた
ニンジンが、東西に分かれて世界各地に伝わったといわれています。

 

アフガニスタンから西に伝わって行った「西洋系ニンジン」と
中国から東へと伝来していった「東洋系のニンジン」。
西洋系は短く太く、東洋系は細長いのが特徴です。

 

 

          短くて太めの西洋系ニンジン

 

 

 

西洋系と東洋系

現在、多く普及しているのは西洋系のニンジンで、おおよその長さで
ある、三寸ニンジンや五寸ニンジンという名前がつけられています。
(五寸は15.2cm。五寸ニンジンは15〜20cmの大きさのものが多い)

 

一方、東洋系といわれるニンジンは、西洋系の
コロッとした形とは異なって細長いのが特徴です。
京都の「金時人参(京人参)」や沖縄の「島ニンジン」が有名。

 

鮮やかな赤い色が好まれ、お正月のお料理などに
よく使われる「金時人参」ですが、栽培が難しさから
生産量が少なく、あまり出回っていません。

 

 

        細くて長い東洋系ニンジン「金時人参」

 

 

 

オランダでオレンジ色のニンジンが誕生

古代ギリシャではニンジンは薬用として栽培されていました。
現在、もっとも多く見られる円錐形のニンジンは、
10世紀頃に、現在のトルコ西部あたりで誕生したと考えられています。

 

12〜15世紀頃、ニンジンはヨーロッパに広がってゆきました。
その時のニンジンの色は、白や黄色、紫色とはいうものの、当時の
ニンジンは現在のような鮮やかな色ではなく、くすんだ色合いでした。

 

17〜18世紀になると、鮮やかなオレンジ色の
ニンジンが、オランダで作り出されたのです。

 

 

      オランダで誕生した「オレンジ色」のニンジン

 

 

 

江戸時代後期からは西洋ニンジンが主流

東洋系のニンジンの方は、12〜13世紀頃に中国に
伝わって改良されたものが、日本に伝わってきました。

 

伝来した時期については、はっきりとはわかっていないようですが
「新刊多識編」(1631年)に「胡蘿蔔(セリニンジン)」の記載が
あることから、それ以前には伝わっていたものと考えられています。

 

ニンジンはセリ科の野菜ですので「胡蘿蔔(こらふ・セリニンジン)」
と呼ばれていたと思われますが、この名前からもわかるように
当時は、葉っぱと根菜部の両方を食用としていたようです。

 

江戸時代に栽培されていた品種は、主に東洋系ニンジンでしたが
栽培が難しいという事情から、江戸後期になると
西洋系のものに取って代わられるようになりました。

 

現在と同じような西洋系のニンジンを栽培するようになった
明治時代以降は、葉は食べずに根の部分のみを食べるようになります。

 

 

 

 

 

「胡蘿蔔」の「蘿蔔」=「すずしろ(大根)」

ニンジンを英語でいうと「Carrot」、フランス語では「Carotte」。
ドイツ語は「Karotte」と「 C」が「K」になっているだけで
こちらもほぼ同じで、ラテン語の「carota」からきている言葉です。

 

中国では当然のことながらガラッと変わって「胡羅蔔(コロボウ)」。
「胡」は「異国の」を意味し、「羅蔔」は「大根」ですので
「異国の大根」という意味になります。

 

日本では先ほども記した通り、ニンジンは「胡蘿蔔(セリニンジン)」
と呼ばれていましたが、振り仮名がなければ読むことはおろか
書くことも到底できないと思われる難しい字、「蘿蔔」とは何でしょう?

 

 

 

 

「蘿蔔」と書いて、「すずしろ」と読むそうです。
「すずしろ」とは「春の七草」にもうたわれている大根の昔の呼び名。
「すずしろ」は、「蘿蔔」以外に「清白」とも書くそうです。

 

「せり なずな おぎょう はこべら ほとけのざ
             すずな すずしろ これぞななくさ」

 

「胡」は「胡瓜」や「胡弓」というように中国を指し、そこからからきた
「蘿蔔(すずしろ)」ですので「胡からきた大根」。
でも振り仮名が「セリニンジン」ですので、かなりの意訳ですね。

 

胡蘿蔔セリニンジン)」の
見かけは__「胡蘿蔔」(「」の「蘿蔔(大根)」)
実際は___「セリニンジン」(「セリ」の「ニンジン」)
ということを表しているなのでしょうか?

 

 

 

 

 

「ニンジン」といえば「朝鮮人参」

日本に入ってきた当時のニンジンの呼び名は、何とも
ややこしいものでしたが、実はニンジンの名前については
もう一つややこしいことがあります。

 

「ニンジン」という名前自体、本当は「胡蘿蔔(セリニンジン)」
のものではなく、本来は別の植物の名前だったのです。

 

「チョウセンニンジン(朝鮮人参)」「コウライニンジン(高麗人参)」
という言葉を聞いたことがあると思いますが、中国や朝鮮半島で古くから
薬草として知られていたものが日本でいう本来の「ニンジン」でした。

 

 

       日本で最初にニンジンと呼ばれていた「朝鮮人参」

 

 

「朝鮮人参」の「人参」という名前の由来は、根の部分が
人の形のように見えることからつけられたといいます。

 

後から日本に入ってきた「胡蘿蔔(セリニンジン)」が
この朝鮮人参の根の部分と似ていたことから、セリ科のニンジン
「胡蘿蔔(セリニンジン)」と呼ぶようになりました。

 

なお、生薬の「朝鮮人参」はウコギ科であるのに対して
「胡蘿蔔(セリニンジン)」の方はセリ科です。

 

 

 

庇を借りて……

江戸後期から栽培されるようになった野菜の「ニンジン」は、最初は
「胡蘿蔔(セリニンジン)」と呼ばれていたものの、「セリ」が取れて
いつの間にか「ニンジン」とのみ呼ばれるようになったのです。

 

 _____________________________

 

 

 

 

 

 

 


「ニンジン」
と呼称していた生薬

    ↓              後から入ってきた野菜
                  ニンジンに似ていたので
    ↓           「セリニンジン(胡蘿蔔)」と呼ぶ
                         ↓

 「朝鮮」をつけ             「セリ」が取れ

    ↓                   ↓

  「朝鮮人参」             「ニンジン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 ____________________________

 

という感じで、庇を借りて母屋を乗っ取るではありませんが
(例え方、間違っている?)、現在では「ニンジン」といえば薬草の方
ではなく、野菜として食べる「ニンジン」を指すようになりました。

 

 

 

時々生えてくる白いニンジン

現在、白以外のニンジンの種を撒くと、1袋に1本ほどは
白いニンジンができることがあるそうです。
その理由についてタネの販売元「タキイ種苗」では

 

「販売しているニンジンの種は南米のチリで採取しているが、
野生の白いニンジンの花粉が飛んできて受粉してしまい、
結果的に我が社が販売する種の中に交じってしまうことがある。
色は違いますが、普通に食べられます」と説明しています。

 

また中には、先祖返りの突然変異で白いニンジンができるのではないか
という方もいらっしゃいますが、どちらの理由にしろ、ニンジンの
原種は白だった、ということが感じられる興味深いお話ですね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す