ミツバチダンス ミツバチの言葉(The Language of Bee)

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

曇りの日でも太陽の位置がわかる

ミツバチは、花からミツを採取して巣へ運ぶという作業を
一日に何度も繰り返していますが、花を見つけるために
むやみやたらに飛んでいるわけではありません。

 

ミツバチ同士で、花のある場所を教えあっているようです。
伝達にはダンスを使っていますが、これは花の位置を伝えるのみ
ならず、新しく巣を作る候補地を知らせる時にも使われている方法。

 

巣に新たに女王バチが誕生すると、今までの女王バチは半数ほどの
ミツバチを連れて巣を出ますが、これを「分峰」といいます。

 

「分峰」をしたミツバチの群れが、一時的に木の枝などに
丸く固まって「蜂球」といわれる状態になっている時に
新しい巣を作る場所を偵察に行っているミツバチがいます。

 

目星をつけて戻って来た偵察バチが、候補地の場所を
仲間に伝える時も、やはりこのダンスを使うということです。

 

 

    「分峰」をし、一時的に木の枝にいる蜂の群れ「蜂球」

 

 

 

太陽が目印 それでは曇りの日は?

ダンスをすることで「場所」を伝えるといっても、グーグルマップなど
持っていないミツバチに教えるには、基本になる目印が必要です。
日中に世界のどこでも必ず存在するもの、それは太陽。

 

となりますと、太陽の出ていない曇りの日は目標が見えず、ミツバチは
迷ってしまうのかといえばさにあらず、曇りの日でも紫外線は出ています
ので、紫外線をキャッチできるミツバチには全く問題はありません。

 

空の一角を見るだけで、ミツバチには太陽の位置がちゃんとわかります。
これは「偏光解析能力」と呼ばれるものですが、昆虫や甲殻類などが
もつ、小さな個眼が多く集まって出来ている複眼の効果でもあります。

 

 

蝶々も複眼をもっています
これはガラスの羽を持つ蝶々といわれる「ツマジロスカシマダラ」

 

 

 

赤い色は見えない?

紫外線を見ることのできるミツバチには
黄、青緑、青、紫外が区別されることが証明されています。

 

ということは赤い色は見えないということですね、
赤い色の花は多いように思うので、ちょっと意外な感じもします。
ミツバチは白や青、紫色の花を見つけるのが得意だそうです。

 

ミツバチは匂いを、触覚に広く分布する感覚子(かんかくし)
と呼ばれる、体の表面などにある小さな器官で識別しています。
匂いによって、花の種類さえ他のミツバチに伝えることも可能だとか。

 

また味覚に関しては、口と足の跗節(ふせつ)という
先端の節や、その他の触覚にも味覚の受容体があります。

 

 

    これはショウガの花ですが、ミツバチには見えるかな?

 

 

 

ミツバチのダンス「言葉」

ミツバチには何色が見えているか?、という研究をしたのは
カール・フォン・フリッシュ(Karl von Frisch、1886〜1982)
という、オーストリアの動物行動学者です。

 

彼は40余年にもわたる長い間、冒頭のミツバチの「言葉」と
いわれる、ミツバチダンスの解明に取り組んだ学者でもあります。
その研究により、1973年にはノーベル賞を受賞。

 

置いてある濃厚な砂糖溶液にミツバチが来た後に、同じ巣の多くの
ミツバチが訪れるのを見たカール・フォン・フリッシュは、ミツバチ
たちがその情報を伝える手段を持っているに違いないと確信します。

 

そこで彼は、特殊な細工をして、ガラス板越しに
巣の中が見えるミツバチの巣箱を作って設置。

 

すると彼の予想に違わず、豊富な花蜜がある場所から巣に戻った
ミツバチは、巣板の上で興奮気味にダンスをしていたのです。
観察するうちにミツバチのダンスには、2種類あることがわかりました。

 

 

             「円形ダンス」

 

 

 

1 「円形ダンス(円舞)」(Rundtanz)

一つ目のダンスはミツバチが、ただグルグルと回るだけ
の「円形ダンス(円舞)」といわれるものです。
「巣の近くに蜜がいっぱいの花があるので、集めに行こう」という意味。
これは100メートル以内という、近い距離のみを伝えるダンスです。

 

 

 

2 「8の字ダンス」(Schwanzeltanz)

こちらは、目的の花が100メートル以上、離れている場所にある場合。
「8の字ダンス」の「8」は、「蜂」ではなく数字の「8」の字
を描くように、ミツバチがダンスをすることによる命名です。

 

 

 

             「8の字」ダンス

 

 

「尻振りダンス」ともいわれ、規則正しく「8」の字を描きますが
その中央の直線部分に来ると、特に腹部を激しく振動させます。

 

ミツバチは15秒間に、何回「8」の字を描くかという実験を
カール・フォン・フリッシュはしていますが、その結果は以下の通り。

 

 

   巣から花までの距離    ミツバチが15秒間に踊る回数
  ____________________________
     100メートル          9〜10回
      1000メートル          4〜5回
      6000メートル            2回

 

 

というように、巣からの距離が近いとダンスの速度は速く、
離れれば離れるほど、速度はゆっくりになることがわかりました。

 

次の表は「8の字ダンス」の速度と、花までの距離を表したもの。
ミツバチほど賢くない私には正直なところ、もうついていけないという
感じもしますが、15秒の間に何回踊るかをグラフにしているそうです。

 

 

            グラフ(「B*topia」

 

 

15秒間に5回踊ったとすると
「巣から750メートル離れた所に花がある」という意味だとか。

 

「8の字ダンス」を動画で見ると、ミツバチが実際に
どのようにダンスをしているかがわかり、とても面白いです。
「あぷりのお茶会」史上(!)初めての動画をつけてみました。

 

54秒ほどの、短い「8の字ダンスの動画」で、ドイツ語ですが
映像を見るだけでわかっちゃいますので、解説は必要ないかと。
動画を見ますと、「8の字ダンス」の中央の直線部分は、

 

「__  」という感じではなく、「〜〜〜」と
ジグザクとかなり激しく動いているのがわかります。
だから「運動」ではなく、「ダンス」なのですね。

 

 

 

 

 

「8の字ダンス」は方向も示す

ダンスの速度が、巣から花までの距離を表している
ということも驚きますが、次はもっと驚いちゃいますよ。
「8の字ダンス」は距離だけではなく、方向も示しているのです。

 

「8の字ダンス」の中央の直線は、花がある方向を示しています。
ミツバチが巣板の上で横向きになって(下のように)ダンスをしていた
場合、ダンスの中央の直線は左を差していますので、そちらが花の方向。

 

 

                太陽

 *                  ↑
              90度     |
                     |
 花  ←_____

 

 

その時に、垂直の上の方が太陽のある方向で、
花(左)と太陽(上)の作る角度(この場合は90度)を示しています。

 

「巣から出て太陽のある方向から、左に90度の所に花がある」
と教えているのです。

 

いくら何でも、これは凄すぎませんか?
私は言葉を失うほどの驚きを覚えました。
ホント、ミツバチってすごい。

 

このダンスの規則を覚えれば、人間が見てもその意図するところを
理解することができ、花のありかがわかるといいます。

 

この実験に付随して、カール・フォン・フリッシュの弟子である
リンダウエル(Lindauer)は「オオミツバチ」「コミツバチ」
「トウヨウミツバチ」のダンスを研究し、ミツバチの
種によってダンスが少しずつ異なっていることを発見しました。

 

また、「トウヨウミツバチ」や「セイヨウミツバチ」の場合は
ダンスを暗い巣の中で行なっていることから、現在では、仲間への
情報の伝達に際して、音も関与していることがわかっているそうです。
         (参照/「SCIENTIFIC AMERICAN」、酒井哲夫)

 

 

 

 

 

決定方法や、合図の出し方は?

このミツバチのダンスは、花の蜜のある場所を教えるだけではなく
「分峰」をした後、新しい巣を作る候補地を教える方法でもありました。

 

偵察をしてきた複数のミツバチが、それぞれにダンスをして伝えます。
新しい巣の場所を決定するのに、数時間から数日かかることもある
といいますが、それはどのように決められるのでしょうか?

 

また「分峰」の合図は働きバチが出すそうですが(女王バチは巣別れ
フェロモンを放出するそう)、「コロニーの中でどのような位置にある
働きバチ」が「いつ」「どんな方法」でこの合図を出すのか等々。

 

これらの研究をしている方がいらっしゃるのかどうか
わかりませんけれど、ミツバチってもうホント面白すぎて
次々と興味が湧いてきてしまいますね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す