「ハチミツ」と「ロイヤルゼリー」

「あぷりのお茶会 赤坂店麻布店六本木」へようこそ!

 

 

 

 

 

「花蜜」と「ハチミツ」の成分は異なる

ハチミツはミツバチが花の蜜から作ったものですが、成分は異なります。
自然界の中で、最も甘いものといわれるハチミツ。
その原料である花の蜜自体には、ハチミツほどの甘さはありません。

 

ハチミツに含まれる糖分の大半は、ミツバチが花蜜を体内に
入れることによって作られたものであり、ミツバチがいなければ
人間はハチミツを作り出すことはできないのです。

 

最初、私はたくさん花からほんの少しずつのミツを集めるという
膨大な手間のかかる仕事をミツバチにしもらい、集めたミツを
人間がいただいていると思っていたのですが、違うようです。

 

 

 

 

 

ハチミツを作ることができるのはミツバチだけ

花の蜜をミツバチが集めて加工することによって
初めてハチミツが出来上がるというわけです。

 

またハチならば、どの種のハチもハチミツを作れるのかというと
そうではなく、ハチミツを作ることができるのはミツバチだけだそう。

 

ミツバチの主なエネルギー源であるハチミツは、
1 花が咲かなくなる季節の食料や、
2 幼虫を育てる時の餌に、
3 ハチの巣を作る蜜蝋(ミツロウ)の原材料にもなります。

 

これらに使う以外のハチミツは、巣の中で濃縮され、貯蔵されます。
ハチミツが不足をすると、群れが増えなくなり、蓄えていた
ハチミツがなくなってしまうと、ミツバチは餓死してしまいます。

 

 

中央に見えるちょっと大きめのものが
女王蜂専用の飼育部屋「王台」

 

 

 

ハチミツ→ミツロウ(蜜蝋)

蜜蝋は、働きバチの「蝋線」と呼ばれる器官で作られるものです。
分泌した瞬間は液状ですが、空気に触れると固まる性質があり、お腹
から分泌した蜂ロウを、足ですくい取って口まで運んで巣作りをします。

 

巣板の下に、女王蜂専用の飼育部屋・王台が作られ
ますが、幼虫の成長に従って、王台は増築されて
最後にはピーナッツの殻ほどの大きさにまでなります。

 

ミツロウは、これもまたハチミツ同様、ミツバチたち
から人間がいただいているものでもあり、古くから
ロウソクの原料として重宝してきたものでもあります。

 

 

 

 

 

花蜜+ミツバチの消化酵素=ハチミツ

ミツバチたちは花から花蜜を吸いとると、ミツバチの胃袋である
「蜜胃」という容れ物の中にためて、巣まで持ち帰ります。

 

この時にミツバチの体内の消化酵素や唾液酵素が
ミツに加わることにより、科学変化が起こります。

 

花の蜜はお砂糖と同じように、主成分はショ糖ですが、
ミツバチの体内酵素等によりショ糖が、ブドウ糖果糖に分解、熟成
されて、巣に戻るまでの間に、花蜜はハチミツへと変化しています。

 

 

 

 

巣に戻った働きバチは、ハチミツを仲間に口移しで渡します。
受け取った側の働きバチは、35度前後の巣温の中で羽根を羽ばたかせ
ハチミツの水分を蒸発させ、糖度が80パーセントになるまで濃縮します。

 

こうして濃縮されたハチミツは、サラサラとした
花蜜から、トロリとしたハチミツに変わっています。
この状態になったハチミツを、働きバチは貯蔵部屋に移して蓋をします。

 

 

           花の蜜    →    ハチミツ

*  ____________________________

   水分量    70パーセント  →   20パーセント

     成分       ショ糖    →    果糖+ブドウ糖

 

 

 

「天然ハチミツ」

人間がハチミツを利用する場合、水分が80パーセントになった
時点で採取し出荷されるものを「天然ハチミツ」と呼んでいますが
正確な定義はなく、少々曖昧に使われているというのが現状のよう。

 

ミツバチにより、自然に水分が80パーセントになるまで寝かせて
おくのは、時間がかかって効率が悪いために、機械を使って
早く水分を飛ばすハチミツも、かなり流通しているようです。

 

公正取引規約では「ハチミツの水分量は21パーセント以下」と
定められていますが、その数値にするためにミツバチに任せるか、
あるいは人間が機械で処理するかについての規定はないからです。
ただし、味の差は歴然だとか。

 

 

       「ビーポーレン(beepollen)」花粉団子

 

 

 

花粉→花粉団子(ビーポーレン)

働きバチが花の中で蜜を吸うと、花粉が体の毛についてしまいます。
ミツを吸い終わった働きバチは、足に生えているブラシ状の毛に
ミツを少しだけつけて湿り気を与え、体についた花粉を湿らします。

 

そして器用なことに、飛んでいる間にそれらをまとめるのです。
前足と中足で花粉をまとめ終わると、後ろ足の体毛でカゴのようになって
いる花粉カゴに入れ、1本の長い毛に花粉を団子のように串刺しにします。

 

この花粉団子は、ミツバチ(bee)の花粉( pollen)で
「ビーポーレン(beepollen)」と呼ばれるものです。
「ミツバチのパン」とか「蜂パン」ともいいます。

 

 

       花粉カゴに花粉団子を入れて運ぶミツバチ

 

 

串刺しにして持ち帰った花粉団子は、巣の中の
働きバチに渡され、噛み砕かれて巣房に蓄えられます。
その後、ハチミツを塗られて「蜂パン」と呼ばれる保存食になります。

 

 

 

花粉は大切な食糧

働きバチの幼虫は孵化後、3日までは女王バチと同じように
ロイヤルゼリーを与えられますが、それ以降は
花粉にハチミツを混ぜたものが食料になります。

 

アミノ酸、脂質、ビタミン、ミネラル等を豊富に含んでいる花粉は
ミツバチの体の基になる重要な食糧ですので、巣の大きさにもより
ますが、年間に集める花粉量は、10〜30キログラムにもなるそう。

 

一匹の幼虫が成虫になるまでには、0.1グラムほどの花粉が必要ですが
これは働きバチ一匹の重さと同じくらいの量であり、それが1日に
1000匹、2000匹と孵るのですから、大量の花粉が必要というわけです。

 

 

 

 

 

貯花粉量をどのように認識しているのかは不明

巣に花粉が足りなくなると、働きバチの免疫力が低下したり、寿命が短く
なったりして、働きバチが卵や幼虫を食べてしまうこともありますので
蓄えている花粉が少なくなると、花粉を集めに行く働きバチが増えます。

 

幼虫がフェロモンを出して、働きバチたちに花粉集めを促進させる
といわれていますが、群れが必要とする花粉量をどのように
認識しているのかは、まだ解明されていないようです。

 

ミツバチは幼虫の時が、最も花粉を必要とするようで、羽化した
働きバチは羽化後、10日ほどで育児係になった時までが
花粉消費量が最大となり、その後は急激に少なくなります。

 

羽化後20日以降、門番係や外回りになるとあまり花粉を必要としません。
一方、ハチミツを作る花蜜は、巣に蓄えているハチミツの
量に関わりなく、いつでも集めてくるのだそうです。

 

働きバチの仕事の変化
 生後3日〜    掃除、世話 巣の掃除、幼虫の給餌、女王蜂の世話
 生後7日〜    巣作り、ロイヤルゼリー作り
 生後10日〜  貯蔵 採集してきた働きバチから受け取ったミツを貯蔵
 生後14日〜  門番 出入口で敵の侵入を防ぐ
 生後20日〜 外回り 花蜜、花粉の収集

 

 

 

 

 

花粉→ロイヤルゼリー

花粉はミツバチたちの食料であるとともに
女王バチの食料のロイヤルゼリーの材料でもあります。

 

巣房に蓄えられている「蜂パン」を働きバチが食べると
腸に送られた花粉は、アミノ酸となって顎にある唾液腺に
送られ、そこで生合成が行われます。

 

他のハナバチ類では、花粉と花蜜をただ混ぜ合わせるだけですが
ミツバチは、一度体内に取り込み、生合成を経ることにより
栄養価の高いロイヤルゼリーが出来上がるのです。

 

ロイヤルゼリーは、ハチミツのような甘さはなく
酸味が強く、舌を刺激するような収斂性があるのが特徴です。

 

 

 

 

 

栄養成分の違い

ハチミツは、80パーセントが果糖で、残りはほぼ水分。
そのうち数パーセントにビタミンやミネラルが含まれます。

 

ロイヤルゼリーは、糖分は10パーセントに過ぎず、水分が60パーセント、
後の30パーセントは、40種類以上もの豊富な栄養素で構成されています。
中にはロイヤルゼリーにしか含まれていない「デセン酸」
成分などを含んでいるのも特徴の一つです。

 

文献に初めてローヤルゼリーが現れたのは、古代ローマ時代。
アリストテレス(B.C.384~B.C.322)の著書の『動物誌』の中に
「濃厚な蜂蜜に似た淡黄色の柔らかいもの」と記されています。

 

また「ロイヤルゼリー」という名前は、約200年前から使われていて
フランソワ・ユベールの『ミツバチの新観察』には
「ゼレー・ロワイヤル」という言葉が見えるそうです。

 




スポンサードリンク



コメントを残す