「日本を愛し、日本人より日本人らしく生きた青い目の版画家」クリフトン・カーフ

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

「赤坂  金龍」とクリフトン・カーフ

諸事情から一度は閉店した赤坂の「料亭金龍」が、日本の伝統文化発信の
「赤坂  金龍」として再出発をするきっかけの一つとなったのは
今日、御紹介するクリフトン・カーフさんの影響だったということです。

 

彼の作品はどのようなものだろうと、検索をしてみて驚きました。
かなり前のことですが、彼の作品をカード(だったか正確には忘れ
ましたが)にした何点かを、友人から頂いたことがあったからです。

 

建物や路地、お茶室の中など、日本の美しい風景を版画にした
作者を、私は当然のように日本人だと思い込んでいました。
その作者が「赤坂  金龍」と御縁のあった版画家だったとは……。

 

 

 

料亭金龍」は2009年、「赤坂  金龍」として再出発

 

 

 

1955年に再来日

フィンランドに生まれ、後にアメリカに移住した祖父母を持つ
クリフトン・カーフ( Clifton  Karhu)は、1927年に
アメリカのミネソタ州ダールズで誕生しました。

 

彼が初めて日本を訪れたのは1946年、18歳の時のこと。
最初は、なんと軍人として長崎県の佐世保にいらしたそうです。
軍人といっても任務は、軍隊付きの画家として。

 

家族の全てが絵を描くという環境で育ったクリフトン・
カーフはその時すでに、日本の文化や町並みに興味をもち
帰国後の1950年〜1952年には、ミネアポリス美術学校に通います。

 

 

 

「桂離宮と月」クリフトン・カーフ

 

 

 

京都から金沢に

卒業後、23歳だった1955年に再来日し
最初は滋賀県に、そののち京都に移ります。
初めての個展が大成功を収めたのは1961年、34歳の時でした。

 

それからは国内はもとより、香港、オーストラリア、
ヨーロッパ、アメリカで個展を次々に開催し、
版画集(「カーフ画集」「京都再見」「京都発見」)を刊行。

 

59歳になった1986年からは、生まれ故郷のアメリカ、ミネソタ州で、
2年後には当時拠点であった京都で、またその2年後には、彼のルーツ
ともいうべきフィンランドで、それぞれ回顧展を開催しています。

 

 

クリフトン・カーフさんと、愛猫・マイト君

 

 

京都のアトリエ兼住居を1995年、68歳の時に金沢に移します。
九谷焼きの仕事で訪れた際に金沢に魅かれ、何度か通ったのちに購入
した家は、内外装とも金沢の茶屋文化の伝統的な様式に整えました。

 

金沢に移ってからも版画集を刊行し、フィンランド、スウェーデン、
アメリカでの個展を開催していたクリフトン・カーフは
今から10年前の2007年3月24日、80歳で永眠。

 

このようにみていきますと、「赤坂  金龍」との
繋がりはどのあたりに位置するのでしょうか?
できることならば、秋葉佳宣さんに伺ってみたいところです。

 

 

秋葉佳宣さん「赤坂  金龍」
(写真/「『WELCOM港区』vol.630」)

 

 

 

うさぎがお出迎え「カーフこれくしょん」

金沢の浅野川沿いの主計町(かづえまち)にあった、彼の自宅兼
アトリエだった茶屋を改装した建物は、現在クリフトン・カーフ
作品の展示、販売をするギャラリーになっています。

 

Yanis   Art  japan   ltd.(株式会社 ヤニスアート・ジャパン)
(代表取締役 香川寿幸
 〒920-0908 石川県金沢市主計町3-19
 Tel.076-255-3928(代)   Fax.076-255-3926
 メールアドレス       info@cw-karhu.jp)

 

金沢に移ってからもカーフは、国内はもとより、香港、
オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカで個展を次々に開催し、
版画集(「カーフ画集」「京都再見」「京都発見」)を刊行。

 

会社名についている「ヤニス(Yanis)」とは
フィンランド語で「うさぎ」という意味だそうです。
カーフさんも社長さんも、卯年生まれだからとのこと。

 

 

(写真/「金沢主計町茶屋街『かーふコレクション』 」)

 

 

というわけで、ギャラリーの格子戸には、うさぎさんがいっぱい。
写真はギャラリーの内側から見たものですが外は
ボタン雪が降っていて、カーフさんの版画のようですね。

 

 

 

水に映る風景を版画に

クリフトン・カーフは、雨上がりの茶屋街を好んだといいます。
雨に濡れた道路に映った電線を見ていると
一瞬、版画であるのを忘れてしまうほど。

 

 

クリフトン・カーフが雨上がりの友人宅を書いた版画
(写真/「カーフこれくしょん」

 

 

奥の蛇の目傘が、道に溜まった雨におぼろげに映り
ちょっと強めの風に煽られた暖簾が翻っている雨上がり。
がっしりとした黒の直線に添えられた、嫋やかな曲線が美しい。

 

数十年前にクリフトン・カーフの作品をプレゼント
してくれた友人に、見せてあげたい版画です。
ちなみにこちらはクリフトン・カーフの金沢の友人宅だそう。

 

次の写真は、3年前の赤坂サカスの「ホワイトサカス」の様子ですが
間に水が入ることにより、風景は不思議な美しさに彩られます。

 

 

並べてごめんなさい、こちらは雨の赤坂サカスの写真

 

 

 

洒脱な筆使いの墨絵

クリフトン・カーフといえば、このような京都や金沢の町並みや、
「桂離宮と月」のような版画が最も有名だと思われますが
実は私は、カーフさんの墨絵が大々好きです。

 

 

クリフトン・カーフの版画「桂離宮と月」

 

 

大胆で生き生きとした自由な筆づかいが
生み出す線を見ていると、楽しくて、嬉しくて。
何もこわいものはないぞ!、という気になっちゃいます。

 

こちらは「二兎を追う者は一兎をも得ず」の「二兎無兎」のうさぎさん。
(逃げられてよかったね)

 

 

 

クリフトン・カーフの「二兎無兎」
(写真/「カーフこれくしょん」)

 

 

左に書かれているのは
「RUN  AFTER  TWO  RABBITS  AND  YOU’LL CATCH  NONE」
というアルファベットの英文ですが、なんとも絵になっている字(!)。

 

その左には「佳風」とサインがありますが、この「かーふ」のサインは
初期には「夏風」という文字で書かれていたようです。
夏の風、も「佳風」に劣らず素敵です。

 

小説家のヘンリー・ミラーも、クリフトン・カーフ
のユーモラス墨絵を愛したようですよ。

 

 

 

 

 

鮎を売って生計を立てた頃を思い

クリフトン・カーフさんが、最後の12年間の住まいを
金沢主計町に決めたのは、再来日して岐阜にいらした頃
の郷愁に駆られたことも、理由の一つだったとか。

 

再来日して滋賀に住んでいた頃は、プロ級の腕前をいかして趣味の
釣りで得た鮎を売って、生計を立てていたこともあったのだそう。
金沢主計町にたゆたう浅野川を見て、その頃を思い出されたといいます。

 

常に着物を着て仕事をし、愛した金沢の街を散策する
クリフトン・カーフは、金沢の人々からも愛されていました。

 

「かーふコレクション」の香川寿幸さんは、こんな言葉を記しています。
「日本を愛し、日本人より日本人らしく生きた青い目の版画家」。

 

 

「マイト」はフィンランド語で「ミルク」の意味

 

 

カーフさん御自身も、自画像を描くときは
目の色を青く描かれたそうですが、実際は
ブルーグリーンの目をおもちだったそうです。

 

上の写真でカーフさんと一緒に写っている、彼によく似た
もはもはのネコちゃんの名前は、「マイト」君といいます。
これはフィンランド語で「ミルク」を意味する言葉。

 

今から10年前の2007年3月24日にカーフさんがお亡くなりになってから
3年ほどの月日を経た2010年4月に、マイト君は11歳で死んでいます。
マイト君の目の色は、何色だったのでしょう?

 




スポンサードリンク



コメントを残す