「フェデックス( FedEx)」からと騙る詐欺メール

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

今度は「フェデックス( Fed Ex)」から

久しぶりに詐欺メールが来ました。
今までの詐欺メールは一目で詐欺とわかるものでしたので
余裕でしたが、正直に告白しますと今回はちょっと迷ったりして。

 

以前のものといえば、聞いたことのない宅配業者が夜の9時過ぎに
「これから荷物を届けにいきます」という不自然な内容だったり、

 

銀行から「口座に関して云々」というメールがきたものの
その銀行に私の口座がないばかりか、お店に足を踏み入れたこと
すらなかったので、即詐欺メール認定だったのですが。

 

 

 

 

 

ファイルを開いて確認

ところが今回の差出人と称するのは「フェデックス( FedEx)」。
国際宅急便のサービスをしている会社です。

 

フェデックスは、ローゼンタール〈魔笛〉専門店の「アプリ」で
海外から食器を取り寄せる時に使用することが多い会社なので、すぐに
詐欺メールとは断定できずに、ちょっと考え込んでしまったのです。

 

メールには、ファイルが1つ添付されていて
次のような文章が書かれていていました。

 

 

 

 

1通目の詐欺メール

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  Hello,

  Your immediate attention required: our delivery agent wasn’t
  able to locate  your delivery address.
  Please, find delivery confirmation in the attachment enclosed.
  Thank you for using FedEx.
  Lasonya Tanenbaum – FedEx International Manager

 

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

思わず添付されているファイルを開けたくなったのですが
ファイルを開くだけでウイルスに感染するという
情報もありますので、ここはがまん、がまん。

 

この時期、ローゼンタールの〈魔笛〉が届く予定ではなかった
ことが幸いでしたが、時には予定より遅れて着くことも
ありますので、もしや、と思ったりもして。

 

またフェデックスといっても、必ずしもローゼンタール〈魔笛〉
の食器と限ったものではなく、お友達からかもしれないのですが
実は、開いた瞬間からちょっと変だなぁと感じてはしていました。

 

 

 

 

 

怪しいと思った根拠

1 荷物の差出人が、どこの国の誰なのかが記されていないことです。
 それはファイルに書いてあるということで
 ファイルを開かせようとする作戦なのでしょう。

 

2 と同時に、メール自体の差出人の連絡先が記載されていないこと。
 「フェデックス」ということはわかりますが、普通は
 ファイルの方ではなく、メール自体に電話番号などの
 連絡先が書いてあるのではないかという気がします。

 

3 そして何より、このメールが「CC」扱いで送られてきたことです。
 私以外に3つのアドレスが記されていました。
 荷物の受け取り先の住所が正確でなかったりして、
 荷物が届かないことはよくあるのかもしれません。

 

 東京都、あるいは港区全体であれば、たくさんの荷物を扱っている
 フェデックスのこと、確かに4つぐらい住所が正確でなかったり
 転居して届かないこともあり得ます。

 

 でも、例えそうであっても「CC」は使わないでしょう。
 送り手は一斉に出すことができても、受け取った側(私)が
 他の人のメールアドレスを知ることができない
 「BCC」を使うのが普通ではないかと思います。

 

 

 

 

 

「CC」と「BCC」

「  CC」とは
 複数の人に同時に送信することができる機能で
 受け取った側は、自分以外に誰に送られたかは
 「 CC」にメールアドレスが記載されているのでわかる
 返信時は、普通はこのまま全員に送信する
      〜〜〜メールアドレスを知っている人同士に送る

 

「 B CC」とは
 複数の人に同時送信することができるが
 受けた側は、自分以外に誰に送られたかはわからない
 「 CC」がついていた場合に、そのまま返信してしまうと自分の
 メールアトレスが、送られた人全員にわかってしまう
      〜〜〜面識のない人たちに送信する時は
         個人情報の保護のために「BCC」を使う

 

 

 

 

 

数日後に再び

以上の理由から、ファイルを開くことはしませんでしたが
ちょっと危なかったというのが正直なところです。
数日後に、駄目押しのようにもう一通、来ていましたよ。

 

2通目の詐欺メール

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 Hello,

 We’ve tried to deliver your package today,
 but the 1st try wasn’t  successful.
 Kindly ask you to review more details in the file enclosed.
 Many thank for choosing our service.
 Soila Hegstad – FedEx Logistics Control

 

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

なんと3通目も

2通目から1週間ほどして、3通目も来ました。
2通目の時は「また詐欺メールが……」と呆れていたのですが
3通目が来た時は、実はちょっとグラっとしてしまいました。

 

詐欺メールだと思っていたけど、「もしかしたら本当なのかも」
な〜んて思ったりしちゃったのですよ、ぐふふふ、恥ずかしいことに。

 

 

3通目の詐欺メール

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Hello,

 FedEx courier wasn’t able to contact you regarding
 your parcel delivery.
 In the document you can find the important details about
 your FedEx  package.
 Thank you.
 Camala Tredwell  FedEx International Manager

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

このような詐欺メールは、全然縁のないものではなく
かといってかなり頻繁に使用しているものでもなく、時々使って
いる程度のものが一番危ない、と今回改めて気づいた次第です。

 

フェデックスのサイトには「オンライン詐欺にご注意ください」
というページもあるのですが、「被害にあわないために」という
部分は英語なので、できない人には悲しい。

 

今回の詐欺メールは、少々稚拙でしたから大丈夫だったものの
詐欺メールもだんだん進化して巧妙になったら困るなぁと。
いくらだって上手に作れますからね。

 

そういえば、前に銀行から来た詐欺メールには「お客様」と書く
べきところが「貴様」になっていたので、すぐに気づきましたが
詐欺メールも笑いを提供してくれる程度にとどまってほしいものです。
くれぐれも、気をおつけになってくださいね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す