おからの入り豆乳の作り方

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「まるごと大豆飲料」 

前回は、私のうちの近所で手に入る5つの豆乳を
集めてみました。(「『成分無調整豆乳』
『調製豆乳』『豆乳飲料』の違いと成分」

 

内訳は調製豆乳が1つで、無調整豆乳が4つ。
大きさはよくある1リットルの紙パックに入っている
ものでスガ、「スゴイダイズ  」だけはなぜか950ml。

 

(「スゴイダイズ」 大塚チルド食品株式会社
101-8535 東京都千代田区神田司町 2-9
          Tel.03-3219-8877)

 

 

「スゴイダイズ」大塚チルド食品株式会社

 

 

 

大豆固形分10パーセント以上

私が購入したものは、この写真のように
白いパッケージの「無調整タイプ」でしたが、
黄緑色の「調整タイプ」もあるようです。

 

「スゴイダイズ」の特徴は「おから入り」であること。
普通の豆乳は、大豆を煮たものからおからを濾しとって
いますが、「スゴイダイズ」はそれをしていません。

 

今、気づきましたがそれで「スゴイダイズ」は
「豆乳」ではなく「豆乳飲料」と呼ぶようですね。

 

JAS(日本農林規格)では、無調整豆乳は8パーセント
以上の大豆固形分を含むものと定めています。
大塚チルド食品の「スゴイダイズ」は
10パーセント以上含んでいるそう。

 

 

 

 

 

「うす皮なし」の「おから入り」

「スゴイダイズ」は「まるごと大豆飲料」と書いて
あるだけあって、他の無調整豆乳に比べますと
かなりコクもあり、いかにも大豆といった感じの
味がしますが、意外にも喉ごしはさらっとしています。

 

いかにも「おからおからしている」(?)という
こともありませんし、 いわれなければ
おからが入っているとはわからないほど。

 

このなめらかさは「新製法」によるものだそう
ですが、ただ「まるごと大豆」とはいっても
うす皮は取り除いてあるようです。

 

 

ダイズの芽

 

 

 

作っちゃおう!

1リットルパックの重い豆乳を持ち帰るたびに
うちで作れないかな?、と内心思っていた私は
大塚チルド食品の「スゴイダイズ」を知った時、
この手があったのだと目から鱗状態になりました。

 

そうか、別におからは取り除かなくてもいいんだね、
おから自体売っているものなのですから。

 

私はおからは嫌いではありませんが、自宅で豆乳を作る
たびに出るおからを全て食べるほどの自信もありません。

 

 


ダイズの花と実です 花、ちっちゃいよね

 

 

体にいいといわれるおからを、捨ててしまう
というのもナンですしね。

 

しかも、おからを濾す作業はけっこう熱い
ので火傷をしないように注意が必要。

 

そして何よりかなり面倒というのがホンネ
となれば、この一石二鳥か三鳥の
「おから入り豆乳」はもう作るしかありません!

 

 


こちらはダイズではなくエンドウ豆の芽

 

 

 

豆乳作りは結構かんたん?

以前「大豆から作る『豆乳』『おから』
『お豆腐』『湯葉』」
を書いた時に、実はいつかは
豆乳作りをしようと密かに思っていました。
豆乳の作り方が、思ったより難しそうではなかったので。

 

1 大豆を水でふやかす
2 それをミキサー等で摺りつぶす
3 これを煮たあとで、おからを取り除く

 

これだけで豆乳ができますがその上、おから入り豆乳
ですと、一番面倒なおからを濾す作業がなくなる
わけですから、いきおい簡単になるでしょう?

 

 

エンドウもマメ科ですのでダイズの花と似ていますね

 

 

 

大豆の四変化

豆乳の作り方は上記の通りですが、大豆を原料
として作られる製品との関係「大豆の四変化」
はこのようになっています。

 

石臼等で挽いた大豆を煮た汁を
    _________________
    ↓               ↓
    ↓               ↓
   布で漉して絞ったもの      搾りかす
         豆乳          おから
        |
        |
    ____|____
    ↓         ↓
    ↓         ↓

  にがりを加えて   そのまま加熱して
  凝固させたもの   上に張った膜
    ↓         ↓
   お豆腐       湯葉

 

 

 

 

 

おから入り豆乳の材料

大豆と水の分量は色々あるようですが
私はまず「大豆  100グラム」で試してみました。

 

これですとおからを濾して作る豆乳の場合は
豆乳が400〜500グラム、おからは150グラム
ほどできる分量です。

 

今回のようにおからを濾さない場合は
当然のことながら豆乳の量は増えます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おから入り豆乳の材料

大豆 100グラム


A(大豆をひたす分) 250cc(大豆の約2,5倍)
B(大豆と一緒にミキサーに入れる分)
C(つぶした大豆に火を入れる時に入れる分)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

ローゼンタール魔笛のお皿の左上に小さく見えるピンク色の花は大豆の花

 

 

 

作り方
1 大豆を水でふやかす

大豆を水でふやかす時間は
夏では10時間、冬でしたら15〜16時間ほど。

 

私は夜に大豆を水に浸しておいて
翌朝(午前中)に作ります。

 

直径14センチのボールに100グラムの大豆を
入れたところの写真がこちらです。

 

 

 

 

大豆を水で充分ふやかした後は
次の写真のような感じになります。

 

水の量は、大豆の2倍以上は必要ですので
2,5倍ほど入れてください。(この写真は、水を
切ったものですが容器がちょっと小さすぎました!)

 

 

 

 

 

2 水でふやかした大豆をすりつぶす

ふやかした後は、吸わなかった水はきっておき
(上の写真のように)、ミキサーにかける時は
新たな水( B)をひたひたになる位入れます。

 

大豆をすり潰すには、「石臼」や「すり鉢」が
よいようですが、「石臼」は普通のおうちには
ないでしょうからミキサーですね。

 

ふやかした大豆の量は、2,5カップほどの
分量になっていて、それに水(B)を加えてミキサーに
かけ潰したものに、水(C)を加えて火にかけます。

 

 

ダイズの芽

 

 

水の量は(B)+(C)で、最初のダイズ
の量のだいたい3倍ほどを使用します。
乾燥ダイズ1カップだった場合は水3カップで。

 

ミキサーをかける時間は、だいたい
潰れたと思ったところで大丈夫です。

 

私は2度に分けましたが作る分量に
あわせて1度でも、3度以上でもOK。

 

 

ダイズの芽

 

 

 

3 すりつぶした大豆の汁を煮る

ミキサーにかけたものをお鍋で煮ると
大豆が泡だちますので、かなり大きめの
お鍋を使用した方がいいと思います。

 

中火より弱い位の火で10分間弱、煮ます。
この時も吹きこぼれそうになりますので注意が必要。
(私は一度、ふきこぼしてしまいました)。

 

モコモコと出てくるアクは
丹念に引き(取り)ましょう。
ちょっとクリームみたいで美味しそうに
見えてしまうのですが、アクですからね。

 

 

豆乳だけでなく、大豆も作っちゃったんだゾイ

 

 

大きめのお鍋で、鍋底が焦げつかないように
ゆっくりと木べらをかき回し、ふきこぼれる
直前に火を止めれば、もう出来上がり。

 

(実は、この簡単な豆乳作りで、私が面倒だと感じる
のは、お鍋の底にこびりついた豆乳を洗う時です。
これを少なくするためにも、よくかき回しましょう)

 

本来の豆乳の作り方ですと、この後に
晒し等で濾して絞り、おからを取り除きますが
今回はそれはなしですのでこれで終わりです。

 

 

市販の豆乳に負けないかも?

 

 

 

分量、時間(ミキサー、煮る)等は適当で大丈夫

私は最初の一度だけ、この分量で作ってみましたが
2回目からは全て目分量で作っています。

 

大豆を水でふやかす時に使った水は捨て
ますが、その後ミキサーにかける時や
煮る時に使う水の量も全て適当です。

 

水が多めでしたら薄い豆乳が、少なければ
濃い豆乳ができるということだけですので
あまり神経質にならなくてもいいですよ。

 

 

 

 

自家製おから入り豆乳の感想としては
大塚チルド食品の「スゴイダイズ」に比べると
おからの存在が気になるというのが正直なところ
ではありますが、まあ合格点といったレベル。

 

もっとも、このおからが気になるということに関しては
もしかしたらうちのミキサーの問題かもしれませんし。
数年前に送料込みで2222円という超リーズナブルな製品
でしたので、サラリ感を期待する方が無理かもですね。

 

性能のよい、というより普通のミキサーでしたら
もっとサラサラ豆乳ができるのかもしれません。
(いつか試してみたいです)

 

 

 

 

作り方は簡単、保存料等の心配はいらない、
重い1リットルの紙パックを持ち歩かなくて済む
といいことづくめで、私には大満足の豆乳作りでした。

 

なお今日のタイトル「おから入り豆乳の作り方」
にしましたが、実際は普通の豆乳の作り方と
同じでおからを取り除かないだけですので
特別な作り方をしているわけではありません。

 

ですが「豆乳の作り方から、おからを取り除く
という工程をなくすと『おから入り豆乳』ができます」、
というタイトルも冗長ですし、おから入り豆乳の存在
をアピールするためにもこのようにしてみました。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください