鍋島焼の種類「染付鍋島」「色鍋島」「鍋島青磁」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

 

ピンチをチャンスに変えた佐賀鍋島藩

海外で人気のあった中国磁器が、内乱後の1644年に
海外輸出が禁止されたことから、それの代わりに有田の
伊万里焼がヨーロッパに輸出されるようになりました。
1670〜1680年代がその最盛期だといわれています。

 

その中で、佐賀藩鍋島家が藩窯で焼いたものが鍋島焼です。
これは販売を目的とする商品ではなく、将軍家への献上品
や、幕府要人、大名への贈答のために特別に焼かれたもの。

 

中国磁器の輸出が禁止された1644年後に
佐賀藩鍋島家はすぐにその対策に取り組んだと思われ
承応年間(1652〜1654年)には御用窯を完成しています。

 

1650(慶安3)年頃に将軍家献上用の鍋島焼の開発が始まり、
完成品が将軍・家光の内覧を受けたのは1651(慶安4)年6月。
その年の11月、あるいは翌1652年から献上が始まりました。

 

 

地図の中ほどに「佐賀藩窯公園」とあります

 

 

この地図の中ほどに「佐賀藩窯公園」(こんな感じの色の)
とありますが、ここは佐賀藩の御用窯があった場所・大川
内山で、現在は焼物の里(?)公園のようになっています。

 

佐賀鍋島の御用窯では、寛文年間(1661〜1672年)から
1871(明治4)年の廃藩置県により藩がなくなるまでの
およそ200年間以上の間、鍋島焼が作られ続けました。

 

中国磁器が輸入ができなくなったことから佐賀鍋島藩が
独自の藩窯を構え、財源を惜しみなく投入して作った結果、
最高級品と呼ばれる鍋島焼を生み出すことに成功したのです。

 

 

 染付大川内山藩窯絵図大皿(部分)

 

 

 

鍋島焼の種類

大きく分けますと鍋島焼は、「鍋島染付」と「色鍋島」、
「鍋島青磁」の3つに分けることができます。

 

1 「染付鍋島」

青い色を発色する呉須(ごす)と呼ばれる顔料を使って
絵柄を描いたもので、藍色以外には色を使っていない
ことから「藍鍋島」とも呼ばれています。

 

輪郭をしっかりと描いた後に、その内側を塗るため
染付の中でもきりっとしまった印象を持つのが特徴。

 

 

「染付大根」(写真/「徴古館」)

 

 

最盛期の鍋島焼には輪郭線の筆跡がわからないよう
線と線の間の面を塗りつぶす「濃(だみ)」が
むらなく施されているのがわかる作品もあるそう。

 

「濃(だみ)」とは、線と線の間の面を塗りつぶす技法の
一つで、濃を行う人は「濃手(だみて)」と呼ばれます。

 

また「墨弾き(すみはじき)」(白抜き線の模様を先に
墨で描いて上から呉須を塗り、それを焼くと墨は消えて
呉須が残る技法)など、充実した技法が見てとれます。

 

 

宇和島藩伊達家の上屋敷跡で出土された「鍋島焼」
東京都教育委員会蔵
(写真/「愛媛県歴史文化博物館 学芸員ブログ『研究室から』)

 

 

以前、このブログに書いた六本木の佐賀藩鍋島家の江戸・
麻布屋敷のお隣にあった宇和島藩伊達家跡で発掘された
鍋島焼の中にも「染付鍋島」があったことがわかります。
(「宇和島藩麻布上屋敷で発掘調査で出土した鍋島焼」

 

後ろの方にあるお皿の破片は、呉須で若松が優しく描かれて
いるのがわかりますが、一つの大名家の屋敷跡からこれほど
多くの鍋島焼が発掘されたのは稀なことだそう。

 

これは佐賀藩鍋島家の麻布屋敷と宇和島藩伊達家が
お隣同志であった上、鍋島家と伊達家が3代にわたって
婚姻関係を結んでいたことによると推測されています。

 

 

 

「色絵葵文皿 」東京国立博物館

 

 

 

2 「色鍋島」

藍色の呉須や赤絵で下絵を描いて本焼(ほんやき)を
した後に、色を使って上絵をつけたものです。
赤色、黄色(きび)、緑色(よもぎ)の3色。

 

次の写真の「色絵宝尽文皿 」などは一見、多彩な色を
使用しているように思えるのですが、実は3色のみで
描かれたものです。

 

 

 

「色絵宝尽文皿 」
ロサンジェルス・カウンティ美術館

 

 

 

鍋島焼ではない古伊万里・有田焼では
五彩、七彩というものもあります。
鍋島焼は、基本的に金色や銀色も使用しません。

 

限られた色数という制約の中で、これほど
多用なデザインが施されているのは驚くばかり。

 

江戸の絵師に当時流行の江戸小紋や歌舞伎の衣装、
能装束などの図柄を描かせたものを、大河内山の
職人に学ばせたからだといわれています。

 

 

中国・元の時代(14世紀)の青磁瓶
芸州浅野家旧蔵

 

 

 

3 「鍋島青磁」

大河内山で産出する高い質の青磁原石を用い。
青磁釉を何度もかけて作られているのが鍋島青磁です。
青磁釉を全体、あるいは一部にかけ、
染付や色絵を施すこともあります。

 

青磁釉とは、青磁磁器に使われるうわぐすりのことで
白磁に比べると鉄成分が多い(1〜2%)のが特徴。
還元焰焼成(かんげんえんしょうせい)と呼ばれる
作用により、美しい青磁の色が生まれます。

 

中国の砧青磁をお手本として緑色がかったものと、
交壇官窯青磁をお手本として緑がかった貫入(ひびが
入ったように見える仕上げ)のものがあります。

 

 

「青磁染付桃文皿(せいじそめつけもももんさら)」
口径14.7cm 高3.7cm 高台径7.4cm
18世紀前半 元禄(1688-1704年)
(写真/ 「九州陶磁文化館名品図録」)

 

 

このお皿は全体が青磁ではなく、背景を青磁にしたもので
左の大きい桃は、染付の線書きだけで表現し、右の小さい方
の桃は墨弾き(すみはじき)で地紋で表現されています。

 

鍋島焼には吉祥文様として桃を描いた作品が多い
ようですが、中でもこのデザインは秀逸ですね。

 

また桃の花の描き方も花びらの先端を丸くするなど
個性的な表現方法がとられていますが、桃の実の先端や
葉っぱの先のとがりと重ならないためなのでしょうか?

 




スポンサードリンク



コメントを残す