「Appleサポート」といいつつ「no-reply@accounts.google.com」からくる詐欺メール 「本物」「ニセモノ」21

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

手強い「詐欺メール」

今までいくつかの詐欺メールを御紹介してきましたが
今回のものは一番、わかりづらいものでした。

 

といいますのは、作りが本物とそっくりということ
の他に、差し出しのアドレスの問題があったからです。

 

まず、「Apple  サポート」からきたと
称するメールをご覧頂きましょう。

 

 

 

「詐欺メール」

こちらが「詐欺メール」ですが、件名は
「【警報】 ご利用の Apple ID のパスワードが
リセットされました。」です。

 

 

 

 

 

こちらはAppleからきた本物

それに対して、こちらが本物で、件名は、
「ご利用の Apple ID のパスワードが
リセットされました」です。

 

 

 

 

 

アドレスは違う

ねっ?、そっくりでしょ?
って、まあそっくりになるよう真似ているので
あたりまえといえば、あたりまえですが。

 

実はこのタイプのメールは初めてではなく
ここ1、2年の間、かなりきていたのですが少し調べて
詐欺メールと認定し、それ以降は削除していたのです。

 

本当のアップルからきたメールのアドレスは、
「appleid@id.apple.com」で、

 

詐欺メールと思われる方のアドレスは、
「no-reply@accounts.google.com」です。

 

 

 

 

 

「no-reply@accounts.google.com」を検索
第1位

そこで、今回はこのアドレスを検索してみたのですが
最初に出てきたのは「Yahoo!知恵袋」で、不安に
思う質問者への回答はこのようなものでした。

 

「『accounts.google.com』は正式なGoogleの
ドメインです。(略)
アカウントになにか変更があった場合そのアドレス
から自動的に送信されます。(略)
なにかGoogleのアカウントを変更した記憶は
ございませんか?

もしないのであれば、不正にアクセスされた
可能性がございます。
早急にGoogleアカウントにログインし、
パスワードを変更したほうがいいでしょう。」

 

というもので、これはApple IDについてではなく、
グーグルアカウントに関してグーグルから
きたものでした。

 

 

 

 

 

検索結果 第2位

2番目は、「最新!ネットのお得情報まとめ」
というもので長いのですが、結論を言えば、

 

「(no-reply@accounts.google.com)は、
間違いなくGoogleからのメールです。
スパム業者などのメールではありませんので、
ご安心ください。」との内容でした。

 

こちらも、あくまで一般的な
メールドメインとしての話です。

 

 

 

 

 

Appleサポートより
「詐欺メール」の見分け方

4番目になり、やっとApple サポートの記事が登場。
そこで詐欺メールの見分け方が詳しく説明
されていました。

 

(質問「詐欺で間違いないでしょうか?」に対して)

 

間違いありません。
Apple からのメールは、必ずメールドメイン
(@の右側)の最後に「apple.com」が入りますので、
明らかに Apple ID やパスワード等の個人情報を入力
させて搾取するのが目的のフィッシングメールです。
(「迷惑メール」に移動してから削除して下さい)

 

メール本文の内容が Apple ID に関する物である場合、
以下のポイントの内1つでも違っていれば偽メールです。

 

● Apple からの Apple ID に関するメールで、
「請求先住所」を日本の住所で登録している Apple ID
に関するメールが、外国語で届く事は有りません。

 

● Apple からの Apple ID に関するメールの本文が、
「お客様各位」や「親愛なる」で始まる事は有りません。

 

● Apple からの Apple ID に関するメールのアドレスは、
「appleid@id.apple.com」になります。

 

● Apple からの Apple ID に関するメールは、必ず
Apple ID に登録しているメールアドレスに届きます。

 

● Apple からの Apple ID に関するメールで、
確認内容を添付ファイルで添付する事は有りません。

 

● Apple ID アカウントページのリンクにカーソルを重ね
ると表示される URL は「https://appleid.apple.com/」
になります。

 

           ↓ 本物は「登録名」が記載されています

 

● Apple ID に関するメールの場合、必ずメール本文に
Apple ID 及び「請求先住所」として登録している、
banirakat さんの「本名(フルネーム)」が記載されます。

 

 

              ↓ニセは「お客様各位」となっています

 

(Apple ID はメールアドレスなので、偽メールに
記載されていても不思議ではありませんが、
「本名(フルネーム)」が記載されていない場合は、
偽メール確定です)

 

 

 

 

 

やっぱり、詐欺メールだよね

ということなので「no-reply@accounts.google.com」
からきたメールは詐欺と認定してよいと思われます。

 

そう考えてみますと、件名の「ご利用の Apple ID の
パスワードがリセットされました。」に、偽物の方は
【警報】 がついていたのも、ヘンといえばヘン。

 

本当に私がパスワードのリセットをすることも
あり得るのに、敢えて【警報】などとつけるのは、
リセットしていないことを知っているからこそで
あり、不安を煽っているとも考えられますしね。

 

本物のApple  サポートからのメールには
リセットされました、というお知らせのみです。

 

 

 

 

 

「グーグル」が「Appleサポート」を名乗る?

ただ、私があえてこれを記事にしたのは、
「no-reply@accounts.google.com」検索結果の
上位1位、2位が、

 

「これは間違いなくgoogleからのもの」と断言して
いるので、詐欺メールではないと勘違いしてしまう人
もいるのではないかという老婆心からです。

 

もし今回のメールが、正式にグーグルからのもので
グーグルがApple IDに関する不正な変更等を察知し
ユーザーに教えてくれたのだとしたら、

 

なぜ、グーグルからのお知らせとしてではなく
「Apple  サポート」を名乗るのかが大いに疑問。

 

 

 

 

 

「Apple」でも「Google」からでもない

ですから「Apple  サポート」としては正しくないけど、
「no-reply@accounts.google.com  は正式なもの
なので、グーグルからきたものには間違いない」
というのも間違っているのではないかと思うのです。

 

そうでないと、グーグルが詐欺メールを送った、
ということになってしまいますよね?

 

現時点では、私は今回の詐欺メールは
「Apple」からでも「Google」から
きたものでもないと思っています

 

 

 

 

 

詐欺メールにはくれぐれも御注意を!

そのあたりのちょっとややこしいことを整理して
「やっぱり、これは詐欺メールだよ!」
とお伝えしたく思い、この記事を書きました。

 

ちょっと不審に思って検索して、1つ2つ見て
「これってグーグルの正式のものだから、詐欺じゃ
ないんだ」なんて思う人もいるかもしれないと。

 

そんなおっちょこちょいは、私以外には
あまりいないかもしれないけど……。
まあ、お互い注意しましょうね。

 

 

 

この絵は、徳川家光の描いた「兎図」の一部
ウソ見たいでしょ?、でも「ホンモノ」です!

 

 

 

 

2019年2月3日(日):追記
新たな詐欺メール

今日は、やはりアップルサポートからを
名乗るこんな偽メールもきました。

 

こちらは「お客様各位」もないですね。
見た感じも、上の詐欺メールより作りが
イマイチでしたので、スクリーンショット
にもせず単に、コピペにしました。

 

ロック解除として記されているURLを、クリック
せずに検索してみましたら、こんなものが出ました。

 

 

 

 

これは私が使っている  Google Chrome  に
備わる不正サイト検出する仕組みによるもの。

 

 

    ニセメール ↓

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

セキュリティ上の理由により、ご利用の
Apple IDがロックされています。

この度、お客様のAPPLE ID登録が第三者に
よって不正にログインされたことがある為、
セキュリティ保護の観点から緊急の措置として
ご利用の AppleIDがロックされています。

AppleIDのロック解除は下記ページにでご利用下さい

http://www.apple-detect.com/

不明な点がある場合は、Apple サポート へ
ご連絡ください。

http://www.apple-detect.com/

今后ともよろしくお愿いいたします。
Apple サポート

Apple ID | サポート | プライバシーポリシー
Copyright@2019 iTunes
〒106-6140东京都港区六本木6丁目10番1号
六本木ヒルズ All Rights Reserved.

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

最後の方の「Appleサポート」の上の行の文字が
「今後とも」ではなく「今后とも」
になっていますし、

 

一番下の住所が、「東京都」ではなく
「东京都」ですね。

 

件名は、
「【重要】ご利用の Apple IDがロックされています」
と、これもお約束の【 】つきの件名でした。

 

 

 

 

また差出人のメールアドレスは
「info@jp-support3.info」。

 

メールアドレスに、「Apple」が入って
いたりという紛らわしいものではなく、
スパッと偽メールと断定できる「初級の上」
位?、という詐欺メールでした。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください