喘息の原因はアレルギーではなかった!?

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

喘息の原因はアレルギーではない!?

「喘息の原因はアレルギーではなく、
特定の遺伝子だった」との驚くべき情報
が「TABI LABO」(2016年8月10日)に
掲載されていました。

 

サウサンプトン大学の最新の研究調査で
喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が
発見されました。

 

アレルギーではなく特定の遺伝子が原因
ということで、この遺伝子を無効化する
ことができれば、症状を根本から治すこと
も可能、と研究者は主張しています。

 

 

 

 

 

定説は間違いだった?

喘息の症状は、気管支が慢性的なアレルギ
ー性の炎症を引き起こすことにより、気道
が狭くなる病気とされてきましたが、

 

「喘息の症状は、アレルギー反応からくる
炎症によって起こるものだと何十年も考え
られていましたが、実はそうではなかった。
今回の研究で喘息に対する定義が完全に
覆されました」

 

と語るのは、研究を指揮したサウサンプトン
大学呼吸器内科、Hans Michel Haitchi教授。

 

 

 

 

彼らの研究によりますと今までの、ホコリ
や花粉、ダニなどのアレルギーが発作の
引き金になるという定説が間違いだった
ことがわかったということです。

 

 

 

「ADAM33」気道筋内の細胞に付着する酵素を作る

喘息の発達と関係があるとされる遺伝子
「ADAM33」のもつ影響を、ヒトとマウス
を使った実験で行い、喘息の特徴的な症状
を軽減させることを突き止めました。

 

この「ADAM33」遺伝子は、気道筋内
の細胞に付着する酵素を作るものです。

 

 

 

 

人間の体は傷ついた部分に細胞が増殖し、修復
を試みようとしますが、喘息持ちの人の場合は
その修復が気道付近で起きてしまうために、
気道内の粘膜がむくんで狭くなってしまいます。

 

すると発作時に筋肉が収縮し、さらに息苦しく
なってしまう、という悪循環に陥いるのです。

 

 

 

「ADAM33」遺伝子の無効化、暴走阻止

今回の実験では、 「ADAM33」遺伝子を
無効化したり、暴走させないようにすること
で、気道のむくみ(気道リモデリング)、
ひきつけ、炎症という喘息の特徴的な症状
を軽減させることを突き止めました。

 

 

 

暴走した「ADAM33」をマウスに与える実験
では、気道リモデリングのスイッチはオンと
なったままでしたが、無効化した遺伝子では
気道のむくみは完全に治っていたといいます。

 

このマウスの実験を人間へ応用することも
可能とみるHans教授は、

 

「暴走した『ADAM33』が気道リモデリングを
引き起こし、アレルギー源のある場所での炎症
や、気道のひきつけを誘発するという結果を導
き出しました。
つまり、この遺伝子の凶暴さを阻止、または
暴動したとしてもそれを無効化できさえすれば
私たちは喘息を予防することができるのです」

 

と確信しているとのことです。

 

 

 

 

 

研究結果に期待し、新薬への資金提供も

NPO法人「英国喘息協会」のSamantha Walker
医師らは「Daily Mail」の取材に対し、今回の
研究結果を受け、すでに資金提供の準備がある
ことを明かしています。

 

イギリスでは約11人に1人が喘息の症状
を抱えているということですので、
この薬への期待はかなり大きいようです。

 

この、イギリスの11人に1人と
いう割合に私は驚きました。
この記事は3年前のものですので、この
進展がどうなったか知りたいものですね。

 

 

 

 

 

現在、日本人は世界一アレルギーになりやすい民族

東京医科歯科大学名誉教授・藤田紘一郎さんに
よりますと、日本でのスギ花粉症の第1例は
1963年に日光市で見つかったということです。

 

それ以前から日光市ではスギ花粉が飛んで
いましたが、当時日本人はアレルギーに
ならない国民だと言われていました。

 

アメリカではブタクサ花粉症がありましたが
日本人は誰もかかっていなかったのです。

 

ですが残念なことに現在は、世界で一番アレル
ギーになりやすい民族になってしまいました。

 

 

 

 

 

アレルギーは肥満細胞が破れた状態

アレルギーは、肥満細胞の中にあるヒスタミン
やセロトニンが出ると、アレルギー反応が起こ
りますが、肥満細胞はどこにでもあります。

 

鼻の粘膜の肥満細胞が破れて
ヒスタミン、セロトニンが出ると
→ くしゃみ、鼻水、鼻づまり、花粉症

 

皮下の肥満細胞が破れて
ヒスタミン、セロトニンが出ると
→  皮膚が赤くなって痒くなりアトピー

 

気管支の肥満細胞が破れて
ヒスタミン、セロトニンが出ると
→  気管支が収縮して喘息になる

 

 

 

 

というように、アレルギー反応という
のは肥満細胞が破れた状態で起こります。

 

一旦、アトピーになると皮下の肥満細胞が
破れ続けますので、それを治す薬は、出て
きたヒスタミンを中和する抗ヒスタミン剤
で、アトピーになるとなかなか治りません。

 

 

 

ここからは私の拙い想像ですので

(良い子は鵜呑みにしないでね!)

 

ということは、破れた肥満細胞を修復する際
に邪魔をするのが、サウサンプトン大学の
研究での「ADAM33」遺伝子ということで、

 

「ADAM33」遺伝子の暴走を止めて無効化する
ことにより、破れた肥満細胞の修復が可能に
なるということなのでしょうか?

 

 

 

 

正確なことはわかりませんが、喘息で苦しむ
人が、1人でも少なくなるといいですね。

 

一番仲のよかった友達を20歳の時に
喘息で亡くし、また現在は自らも患う
ものとしては切に思います。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください