月下美人

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

7月19日の誕生花は月下美人

以前から一度見たいと思っていた月下美人
の花を、7月11日(土)の夜に見ることが
できました。

 

月下美人とは、サボテン科クジャクサボテン
属の常緑多肉植物で、夜にしか咲かないので
月下美人といい、直径は20cmもあろうかと
いう大輪の花です。

 

月下美人に似ているクジャクサボテン属
(Epiphyllum属)は、日本に多く流通して
いますが交配種が多いそうです。

 

一方、月下美人は原産地からそのまま
導入された原種です。
原産地は、メキシコの熱帯雨林地帯。

 

 

木に着生する「カトレア」
(写真/「南米コロンビア・雲と星が近い町から」)

 

 

月下美人はサボテン科ではありますが
いわゆるトゲトゲサボテンを、
「砂漠生サボテン(ディザートカクタス)」
というのに対して、

 

月下美人は、
「森林生サボテン(ジャングルサボテン)」
になります。

 

うっそうと生い茂ったジャングルの中で
古木の幹や腐葉土の苔層に根をおろす着生
植物、ということは少し前に御紹介した
カトレアや胡蝶蘭と同じですね。

 

 

木に着生する「胡蝶蘭」
(写真/「Hitohana 」)

 

 

 

「月下美人」の名の由来

1923年に昭和天皇が台湾を訪れた際、名前を
問われた田(でん)台湾総督が「月下の美人
です」と答えたことから、この名前が日本で
定着したといわれています。

 

学名は「Epiphyllum oxypetalum」で
英名は「Dutchmans pipe cactus」。

 

英名が似ている「dutchman’s pipe」と
いう名の植物もありますが、こちらの
和名は「ウマノスズクサ(馬の鈴草)」。

 

 

dutchman’s pipe(ウマノスズクサ・馬の鈴草)
(写真 /「みんなの花図鑑 goo」)

 

 

和名の由来は、葉の形が馬面で、
実が馬の首につける鈴に似ている
ことからつけられということです。

 

和名とは全然関係のない英名の
「dutchman’s pipe」は、オランダ人
のパイプみたいということでしょうか?

 

 

 

「オランダ人のパイプのようなサボテン」?

それでは、月下美人の「Dutchmans
pipe  cactus」の方は、「オランダ人の
パイプのようなサボテン」??

 

「Dutchmans pipe cactus(月下美人)」と
名前が結構似ていた「dutchman’s pipe」、
お花はあまり似ていませんが、つぼみだと
形が似ているといえるかもしれません。

 

 

「月下美人」のつぼみ
(写真/「HORTI」)

 

 

ぐにゅ〜とした形がパイプに
似ているということで。

 

月下美人には「Dutchmans pipe cactus」
以外にも「A Queen of the Night」という
英名もあり、こちらの方が美しいですね。

 

これ以外にも「Moonlight Cinderella」など
がありますが、しかし何といっても田台湾
総督の「月下の美人です」の言葉よりふさ
わしいものはないような気もします。

 

 

花のない時期の「月下美人」

 

 

この写真は、花のない時期の月下美人
ですが、長い葉っぱのように見える
ものは「茎節(けいせつ)」です。

 

本来は茎だったものが平たくなって
葉っぱのようになったものだそう。

 

葉っぱから葉っぱが出て
いるようにも見えます。

 

 

 

流布されているいくつかの間違い

1 一年に一度しか咲かない ✖︎

月下美人は夜に花開き、朝にはしぼんで
しまう1日限りの花ですが、1年に一度しか
咲かないというのは間違いだそうです。

 

状態が良ければ年に数回、6月〜9月
に開花することもあります。

 

 

 

 

2 満月の夜にしか咲かない ✖︎

「新月の夜にしか咲かない」
「満月の時だけ咲く」というのも誤り。

 

 

3 「美人薄命」の言葉の由来説 ?

こちらは正直なところ、あっている
のか間違いなのか、わかりません。

 

「月下美人」という花の名前が日本
に流布したのは1923年以降です。
美人薄命はそれ以前からあった言葉
のような気もするのですが……。

 

美しすぎる故に、いろいろな物語
というか物語性をまとわせてしまう
ものなのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

夜に存在を示すための芳香

月下美人といえば、その芳香でも有名です
が、それは花粉の媒介をフルーツコウモリ
に託しているために夜、芳香を放つのです。

 

月下美人の花の形も、フルーツコウモリ
にミツを吸いやすいように配慮した形に
なっています。

 

 

「月下美人」のつぼみ

 

 

確かに、多くの花のように上に向いて開花
をしていたら、コウモリにはミツを吸いず
らいかもしれませんね、あと下向きでも。

 

そう考えますと、オランダ人のパイプ型
の花は、飛んでいる鳥や昆虫にとっては
便利な形といえそうです。

 

フルーツコウモリは、ホバリングしながら
月下美人の花に顔を埋めてミツを吸い、
花粉を顔につけたまま他の花に向かいます。

 

 

「月下美人」(写真/「fyouの日記」)

 

 

 

あたり一帯を覆う芳しい香り

香り自体は、甘く濃厚な強い香りを放出し
10m一帯に広がるほどといわれています。

 

香りについて「月下美人愛好会」の方が
面白いことを書いていらっしゃいました。

 

あくまで個人主観としながら
「甘い湿布の匂い」と説明しています。
そういえば「薬箱の中の包帯」という
表現をしている方もいました。

 

初めての人は「何?  この匂いは?」と
幻滅すると聞き、「月下美人愛好会」さん
も初めはそうだったようです。

 

 

 

 

ところが慣れてくると「クセになり恋しく
なる香り」となってゆき、多くの方が
禁断症状になっていると説明しています。

 

実は私、この香りがわからなかったのです!
その事実に驚き、またショックを受けて
今日のブログを書きました。

 

とはいえ少々長くなっていまいましたの
で続きは次回ということにしましょう。

 

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください